summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/po
diff options
context:
space:
mode:
authorAkira TAGOH <tagoh@gnome.gr.jp>2002-08-08 14:47:27 +0000
committerAkira Tagoh <tagoh@src.gnome.org>2002-08-08 14:47:27 +0000
commit311052d55541089d384890a645e8aa7b3eaa8cf2 (patch)
treed60719a086cd4ac86efe60bfe7bd94c63eb8da37 /po
parentd299fbd8da42687bcfa0d8577db5ed0d690123a7 (diff)
downloadmetacity-311052d55541089d384890a645e8aa7b3eaa8cf2.tar.gz
metacity-311052d55541089d384890a645e8aa7b3eaa8cf2.tar.bz2
Updated Japanese translation.
2002-08-08 Akira TAGOH <tagoh@gnome.gr.jp> * ja.po: Updated Japanese translation.
Diffstat (limited to 'po')
-rw-r--r--po/ChangeLog4
-rw-r--r--po/ja.po494
2 files changed, 250 insertions, 248 deletions
diff --git a/po/ChangeLog b/po/ChangeLog
index eee43cd..09527b2 100644
--- a/po/ChangeLog
+++ b/po/ChangeLog
@@ -1,3 +1,7 @@
+2002-08-08 Akira TAGOH <tagoh@gnome.gr.jp>
+
+ * ja.po: Updated Japanese translation.
+
2002-08-07 Pablo Gonzalo del Campo <pablodc@bigfoot.com>
* es.po: Updated Spanish translation.
diff --git a/po/ja.po b/po/ja.po
index 22817f9..9aeec21 100644
--- a/po/ja.po
+++ b/po/ja.po
@@ -4,9 +4,9 @@
#
msgid ""
msgstr ""
-"Project-Id-Version: metacity CVS-20020615\n"
-"POT-Creation-Date: 2002-08-06 14:49-0400\n"
-"PO-Revision-Date: 2002-06-15 19:40+0900\n"
+"Project-Id-Version: metacity CVS-20020808\n"
+"POT-Creation-Date: 2002-08-08 18:47+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2002-08-08 23:46+0900\n"
"Last-Translator: Akira TAGOH <tagoh@gnome.gr.jp>\n"
"Language-Team: Japanese <translation@gnome.gr.jp>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
@@ -23,7 +23,7 @@ msgstr "\"%s\"を整数としてパースできませんでした"
#: src/theme-parser.c:476 src/theme-parser.c:530
#, c-format
msgid "Did not understand trailing characters \"%s\" in string \"%s\""
-msgstr "文字列 \"%s\" 内の文字 \"%s\" に引きずられて理解できませんでした"
+msgstr "文字列 \"%2$s\" 内の文字 \"%1$s\" に引きずられて理解できませんでした"
#: src/delete.c:127
#, c-format
@@ -40,8 +40,8 @@ msgstr "ダイアログ表示プロセスから読み込み中にエラーが発
msgid ""
"Error launching metacity-dialog to ask about killing an application: %s\n"
msgstr ""
-"アプリケーションの終了について尋ねるためのmetacityダイアログの起動中にエラー"
-"が発生しました: %s\n"
+"アプリケーションの終了を尋ねる metacity-dialog の起動中にエラーが発生しまし"
+"た: %s\n"
#: src/delete.c:431
#, c-format
@@ -67,7 +67,7 @@ msgstr ""
#: src/errors.c:161
#, c-format
msgid "Fatal IO error %d (%s) on display '%s'.\n"
-msgstr "致命的なIOエラー %d (%s) がディスプレイ '%s' で発生しました\n"
+msgstr "ディスプレイ '%3$s' 上で致命的なIOエラー %1$d (%2$s) が発生しました\n"
#: src/frames.c:862
msgid "Close Window"
@@ -87,7 +87,7 @@ msgstr "ウィンドウを最大化"
#: src/frames.c:874
msgid "Unmaximize Window"
-msgstr "ウィンドウを元の大きさに戻す"
+msgstr "ウィンドウを元のサイズに戻す"
#: src/keybindings.c:809
#, c-format
@@ -95,28 +95,31 @@ msgid ""
"Some other program is already using the key %s with modifiers %x as a "
"binding\n"
msgstr ""
-"別のプログラムですでにバインディングにキー %s と修飾キー %x を使っています\n"
+"別のプログラムですでにバインディングとしてモディファイアキー %2$x で キー %1"
+"$s を使っています\n"
#: src/keybindings.c:2078
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "Error launching metacity-dialog to print an error about a command: %s\n"
msgstr ""
-"アプリケーションの終了について尋ねるためのmetacityダイアログの起動中にエラー"
-"が発生しました: %s\n"
+"コマンドについてのエラーを表示するためのmetacity-dialogが起動中にエラーが発生"
+"しました: %s\n"
#: src/keybindings.c:2108
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "No command %d has been defined.\n"
-msgstr "\"%s\"を呼ぶ<draw_ops>は定義されていません"
+msgstr "コマンド %dは定義されていません\n"
#: src/main.c:63
msgid ""
"metacity [--disable-sm] [--sm-save-file=FILENAME] [--display=DISPLAY] [--"
"replace]\n"
msgstr ""
+"metacity [--disable-sm] [--sm-save-file=ファイル名] [--display=ディスプレイ] "
+"[--replace]\n"
#: src/main.c:299
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid ""
"Could not find a theme! Be sure %s exists and contains the usual themes."
msgstr ""
@@ -142,15 +145,15 @@ msgstr "最大化(_x)"
#: src/menu.c:54
msgid "Unma_ximize"
-msgstr "最大化を戻す(_x)"
+msgstr "元のサイズに戻す(_x)"
#: src/menu.c:55
msgid "_Shade"
-msgstr "隠す(_S)"
+msgstr "シェード(_S)"
#: src/menu.c:56
msgid "Un_shade"
-msgstr "表示する(_s)"
+msgstr "シェード解除(_s)"
#: src/menu.c:57
msgid "Mo_ve"
@@ -158,7 +161,7 @@ msgstr "移動(_v)"
#: src/menu.c:58
msgid "_Resize"
-msgstr "リサイズ(_R)"
+msgstr "サイズ変更(_R)"
#. separator
#: src/menu.c:60
@@ -177,26 +180,26 @@ msgstr "このワークスペースにだけ含める(_T)"
#: src/menu.c:180
#, c-format
msgid "Workspace %u"
-msgstr ""
+msgstr "ワークスペース %u"
#.
#. * Above name is a pointer into the Workspace struct. Here we make
#. * a copy copy so we can have our wicked way with it.
#.
#: src/menu.c:186
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "Workspace %s%d"
-msgstr "ワークスペース %s%d にだけ含める"
+msgstr "ワークスペース %s%d に移動"
#: src/menu.c:370
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "Only on %s"
-msgstr "ワークスペース %s%d にだけ含める"
+msgstr "ワークスペース %s にだけ含める"
#: src/menu.c:372
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "Move to %s"
-msgstr "ワークスペース %s%d に移動"
+msgstr "ワークスペース %s に移動"
#: src/metacity-dialog.c:86
#, c-format
@@ -226,8 +229,8 @@ msgid ""
"These windows do not support \"save current setup\" and will have to be "
"restarted manually next time you log in."
msgstr ""
-"これらのウィンドウは\"save current setup\"をサポートしません.そして次回ログ"
-"インする時手動で再起動させなければなりません."
+"これらのウィンドウは\"現在の設定を保存\"をサポートしません.そして次回ログイ"
+"ンする時手動で再起動する必要があります"
#: src/metacity-dialog.c:276
#, c-format
@@ -235,6 +238,8 @@ msgid ""
"There was an error running \"%s\":\n"
"%s."
msgstr ""
+"\"%s\"が動作中にエラーがありました:\n"
+"%s"
#: src/metacity.desktop.in.h:1
msgid "Metacity"
@@ -254,10 +259,16 @@ msgid ""
"is unset, causing Metacity to fall back to the desktop font even if "
"titlebar_uses_desktop_font is false."
msgstr ""
+"ウィンドウタイトルバーのフォントを記述するフォント記述文字です.ただし,ここ"
+"に指定されたサイズが使用されるのは,titlebar_font_sizeオプションがtrueに設定"
+"された場合だけです.またtitlebar_uses_desktop_fontオプションがtrueに設定され"
+"た場合,このオプションは無効になります.デフォルトではtitlebar_fontは設定され"
+"ず,titlebar_uses_desktop_fontがfalseの場合でも,Metacityはデスクトップフォン"
+"トを代わりに使います"
#: src/metacity.schemas.in.h:3
msgid "Activate window menu"
-msgstr "アクティベートウィンドウメニュー"
+msgstr "ウィンドウメニューをアクティブにします"
#: src/metacity.schemas.in.h:4
msgid "Automatically raises the focused window"
@@ -269,7 +280,7 @@ msgstr "ウィンドウを閉じます"
#: src/metacity.schemas.in.h:6
msgid "Commands to run in response to keybindings"
-msgstr ""
+msgstr "キーバインドの応答で走らせるコマンドを指定します"
#: src/metacity.schemas.in.h:7
msgid "Current theme"
@@ -277,17 +288,17 @@ msgstr "現在のテーマ"
#: src/metacity.schemas.in.h:8
msgid "Delay in milliseconds for the auto raise option"
-msgstr "自動的に上げるオプションの遅延時間(ms)"
+msgstr "自動表示オプションの遅延時間(ms)"
#: src/metacity.schemas.in.h:9
msgid "Disable misfeatures that are required by old or broken applications"
msgstr ""
-"古いあるいは壊れたアプリケーションによって必要とされる不要な機能を無効にしま"
-"す"
+"古いアプリケーションや仕様に準拠していないアプリケーションが要求する不要な機"
+"能を無効にします"
#: src/metacity.schemas.in.h:10
msgid "Hide all windows and focus desktop"
-msgstr "すべてのウィンドウを隠しデスクトップに焦点を当てます"
+msgstr "すべてのウィンドウを隠しデスクトップにフォーカスを移します"
#: src/metacity.schemas.in.h:11
msgid ""
@@ -295,17 +306,17 @@ msgid ""
"focused window will be automatically raised after a delay (the delay is "
"specified by the auto_raise_delay key)."
msgstr ""
-"もしtrueなら,フォーカスモードは\"sloppy\"あるいは\"mouse\"のどちらかでフォー"
-"カスされたウィンドウは(auto_raise_delayキーによって指定された)遅延時間の後自"
-"動的に上げられます"
+"この値がtrueで,フォーカスモードが\"sloppy\"または\"mouse\"であるときは,"
+"フォーカスされたウィンドウは(auto_raise_delayキーによって指定された)遅延時間"
+"の後自動的に手前に表示されます"
#: src/metacity.schemas.in.h:12
msgid ""
"If true, ignore the titlebar_font option, and use the standard application "
"font for window titles."
msgstr ""
-"もしtrueなら,titlebar_fontオプションを無視してウィンドウタイトルに標準的なア"
-"プリケーションのフォントを使います"
+"この値がtrueの場合,titlebar_fontオプションを無視してウィンドウタイトルに標準"
+"的なアプリケーションフォントを使います"
#: src/metacity.schemas.in.h:13
msgid ""
@@ -319,15 +330,16 @@ msgid ""
"details of application-based vs. window-based, e.g. whether to pass through "
"clicks. Also, application-based mode is largely unimplemented at the moment."
msgstr ""
-"もしtrueならMetacityはウィンドウではなくアプリケーションの条件で動作します."
-"コンセプトはやや抽象的ですが,一般的にはアプリケーションベースのセットアップ"
-"はWindowsよりもMacに近いです.アプリケーションベースのモードでウィンドウが"
-"フォーカスされる時,アプリケーション内のすべてのウィンドウは上げられます.ま"
-"た,アプリケーションベースのモードでは,フォーカスクリックは別のアプリケー"
-"ションのウィンドウを通り抜けません.この設定の存在は若干疑わしいですが,すべ"
-"てのアプリケーションベースとウィンドウベースが対立する固有の記述,例えばク"
-"リックを通り抜けるかどうかなど,これらの設定を持つよりましです.また,アプリ"
-"ケーションベースモードは現在のところ大部分が未実装です."
+"この値がtrueの場合は,Metacityの動作はウィンドウではなくアプリケーションに依"
+"存します.この概念はやや抽象的ですが,一般的にアプリケーションベースの設定は"
+"Macに近く,Windowsにはあまり似ていません.アプリケーションベースのモードで"
+"ウィンドウがフォーカスされる場合,アプリケーション内のすべてのウィンドウは手"
+"前に表示されます.また,アプリケーションベースのモードでは,フォーカスクリッ"
+"クがアプリケーション内の他のウィンドウに渡されることはありません.この設定の"
+"存在は若干問題がありますが,アプリケーションベースとウィンドウベースについて"
+"の固有の記述,例えばクリックによってフォーカスを渡すかどうかなど,すべての設"
+"定を持つよりも望ましいといえます.また,アプリケーションベースモードは現在の"
+"ところ大部分が未実装です."
#: src/metacity.schemas.in.h:14
msgid "Minimize a window"
@@ -347,19 +359,19 @@ msgstr "ウィンドウ間でフォーカスを移動します"
#: src/metacity.schemas.in.h:18
msgid "Move window one workspace down"
-msgstr "下のワークスペースへウィンドウを移動させます"
+msgstr "1つ下のワークスペースへウィンドウを移動させます"
#: src/metacity.schemas.in.h:19
msgid "Move window one workspace to the left"
-msgstr "ワークスペースの左へウィンドウを移動させます"
+msgstr "左側のワークスペースにウィンドウを移動させます"
#: src/metacity.schemas.in.h:20
msgid "Move window one workspace to the right"
-msgstr "ワークスペースの右へウィンドウを移動させます"
+msgstr "右側のワークスペースにウィンドウを移動させます"
#: src/metacity.schemas.in.h:21
msgid "Move window one workspace up"
-msgstr "上のワークスペースへウィンドウを移動させます"
+msgstr "1つ上のワークスペースへウィンドウを移動させます"
#: src/metacity.schemas.in.h:22
msgid "Move window to workspace 1"
@@ -420,21 +432,22 @@ msgid ""
"workspaces)."
msgstr ""
"ワークスペースの数はゼロよりも多くなければなりません.そして(3400万のワークス"
-"ペースを求めるために偶然デスクトップが破棄されるのを予防するために)固定された"
-"最大値を持ちます"
+"ペースを要求してデスクトップを誤って破損するのを予防するために)最大数は固定さ"
+"れます"
#: src/metacity.schemas.in.h:36
msgid "Raise window if obscured, lowers it otherwise"
-msgstr "不透明ならウィンドウを上げます.そうでないならウィンドウを下げます"
+msgstr ""
+"ウィンドウが隠れている場合には手前に表示し,手前に表示されている場合には奥に"
+"表示します"
#: src/metacity.schemas.in.h:37
-#, fuzzy
msgid "Resize a window"
-msgstr "ウィンドウを閉じます"
+msgstr "ウィンドウサイズを変更します"
#: src/metacity.schemas.in.h:38
msgid "Run a defined command"
-msgstr ""
+msgstr "定義されたコマンドを実行します"
#: src/metacity.schemas.in.h:39
msgid ""
@@ -451,6 +464,18 @@ msgid ""
"limitations in the specifications themselves, so sometimes a bug in no-"
"workarounds mode won't be fixable without amending a spec."
msgstr ""
+"アプリケーションの中には,仕様に準拠していないためにウィンドウマネージャの不"
+"正な動作を引き起こすものがあります.例えば,Metacityの正しい動作としては親"
+"ウィンドウを基準にすべてのダイアログを一貫した位置に配置します.このために"
+"は,アプリケーションで指定されたダイアログの位置を無視する必要がありますが,"
+"Java/Swingの一部のバージョンではダイアログとしてポップアップメニューを使うた"
+"め,仕様に準拠していないJavaアプリケーションでメニューを動作させるためにダイ"
+"アログの位置を無効にする必要があります.このような例が他にもいくつかありま"
+"す.このオプションはMetacityを完全な補正モードにし,もし仕様に準拠していない"
+"アプリケーションを実行する必要がない場合は,UIはより適切に動作するかもしれま"
+"せん.ですが,次善策はデフォルトで有効にする必要があります; 次善策の中には,"
+"仕様自体の制限に対する次善策もあるため,仕様を修正しない限り非次善策モードに"
+"おけるバグを修正できないこともあります"
#: src/metacity.schemas.in.h:40
msgid "Switch to workspace 1"
@@ -510,21 +535,20 @@ msgstr "現在のスペースの下のワークスペースに切替えます"
#: src/metacity.schemas.in.h:54
msgid "Switch to workspace on the left"
-msgstr "左のワークスペースへ切替えます"
+msgstr "左側のワークスペースへ切替えます"
#: src/metacity.schemas.in.h:55
msgid "Switch to workspace on the right"
-msgstr "右のワークスペースへ切替えます"
+msgstr "右側のワークスペースへ切替えます"
#: src/metacity.schemas.in.h:56
msgid ""
"The /apps/metacity/global_keybindings/run_command_N keys define keybindings "
"that correspond to these commands. Pressing the keybinding for run_command_N "
"will execute command_N."
-msgstr ""
+msgstr "/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_Nキーはこれらのコマンドに対応するキーバインドを定義します.run_command_Nのキーバインドを押すとcommand_Nが実行されます."
#: src/metacity.schemas.in.h:57
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding that runs the correspondingly-numbered command in /apps/"
"metacity/keybinding_commands The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or "
@@ -532,12 +556,7 @@ msgid ""
"or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
"Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", then "
"there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"最大化の切替えに使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;"
-"a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大"
-"文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略"
-"もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作"
-"のキーバインドはなくなります."
+msgstr "/apps/metacity/keybinding_commandsに対応する数字のコマンドを実行するキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:58
msgid ""
@@ -578,9 +597,9 @@ msgid ""
"the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
msgstr ""
-"現在のワークスペースの左にあるワークスペースへ切替えるキーバインドを指定しま"
-"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
-"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
+"現在のワークスペースの左側にあるワークスペースへ切替えるキーバインドを指定し"
+"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
+"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
@@ -593,9 +612,9 @@ msgid ""
"the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
msgstr ""
-"現在のワークスペースの右にあるワークスペースへ切替えるキーバインドを指定しま"
-"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
-"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
+"現在のワークスペースの右側にあるワークスペースへ切替えるキーバインドを指定し"
+"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
+"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
@@ -775,7 +794,7 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ウィンドウメニューをアクティベートするために使うキーバインドを指定します."
+"ウィンドウメニューをアクティブにするために使うキーバインドを指定します."
"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
@@ -804,8 +823,8 @@ msgid ""
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
msgstr ""
-"\"move mode\"に入りキーボードを使ってウィンドウの移動を開始するために使うキー"
-"バインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;"
+"\"移動モード\"に入りキーボードを使ってウィンドウの移動を開始するために使う"
+"キーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;"
"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
"可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし"
"特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドは"
@@ -820,12 +839,12 @@ msgid ""
"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
"will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"\"resize mode\"に入りキーボードを使ってウィンドウのリサイズを開始するために使"
-"うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
-"可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし"
-"特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドは"
-"なくなります."
+"\"サイズ変更モード\"に入りキーボードを使ってウィンドウのリサイズを開始するた"
+"めに使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは"
+"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
+"字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
+"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
+"インドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:78
msgid ""
@@ -836,12 +855,12 @@ msgid ""
"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
"will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"すべての通常のウィンドウを隠しデスクトップの背景へフォーカスを設定するために"
-"使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは"
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
-"字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
-"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
-"インドはなくなります."
+"通常のウィンドウをすべて隠しデスクトップの背景へフォーカスを設定するために使"
+"うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;"
+"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
+"可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし"
+"特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドは"
+"なくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:79
msgid ""
@@ -866,7 +885,7 @@ msgid ""
"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
"action."
msgstr ""
-"下のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+"1つ下のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
@@ -881,7 +900,7 @@ msgid ""
"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
"action."
msgstr ""
-"ワークスペースの左へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+"左側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
@@ -896,7 +915,7 @@ msgid ""
"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
"action."
msgstr ""
-"ワークスペースの右へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+"右側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
@@ -910,7 +929,7 @@ msgid ""
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"上のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+"1つ上のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
@@ -1085,7 +1104,6 @@ msgstr ""
"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:96
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus between panels and the desktop, using a "
"popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
@@ -1093,15 +1111,9 @@ msgid ""
"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"パネルとデスクトップの間へフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定し"
-"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:97
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus between panels and the desktop, without a "
"popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
@@ -1109,15 +1121,9 @@ msgid ""
"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"パネルとデスクトップの間へフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定し"
-"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:98
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus between windows without a popup window. "
"(Traditionally &lt;Alt&gt;Escape) The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" "
@@ -1125,16 +1131,9 @@ msgid ""
"lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and "
"\"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
"then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します(伝統的に"
-"は&lt;Alt&gt;Tab).フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します."
-"そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字"
-"\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す."
+msgstr "ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します(伝統的には&lt;Alt&gt;Escape).フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:99
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus between windows, using a popup window. "
"(Traditionally &lt;Alt&gt;Tab) The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or "
@@ -1142,13 +1141,7 @@ msgid ""
"or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
"Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", then "
"there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します(伝統的に"
-"は&lt;Alt&gt;Tab).フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します."
-"そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字"
-"\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す."
+msgstr "ポップアップメニューを使ってウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します(伝統的には&lt;Alt&gt;Tab).フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:100
msgid ""
@@ -1186,11 +1179,11 @@ msgid ""
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"表示/非表示の状態を切替えるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは"
-"\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パー"
-"サは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;"
-"Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設"
-"定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"シェード/非シェードの状態を切替えるために使うキーバインドを指定します.フォー"
+"マットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにしま"
+"す.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や"
+"\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプショ"
+"ンに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:103
msgid ""
@@ -1212,13 +1205,15 @@ msgstr ""
msgid ""
"The theme determines the appearance of window borders, titlebar, and so "
"forth."
-msgstr ""
+msgstr "テーマはウィンドウの境界やタイトルバーなどの外観を決定します"
#: src/metacity.schemas.in.h:105
msgid ""
"The time delay before raising a window if auto_raise is set to true. The "
"delay is given in thousandths of a second."
msgstr ""
+"auto_raiseがtrueに設定されている場合に,ウィンドウを手前に表示するまでの遅延"
+"時間を指定します.この遅延は1000分の1秒単位で指定します"
#: src/metacity.schemas.in.h:106
msgid ""
@@ -1228,6 +1223,12 @@ msgid ""
"and \"mouse\" means windows are focused when the mouse enters the window and "
"unfocused when the mouse leaves the window."
msgstr ""
+"ウィンドウフォーカスモードはウィンドウがどのようにアクティブにされるかを示し"
+"ます.設定可能な値は3つあり,\"click\"はフォーカスするためにクリックする必要"
+"があることを意味します.\"sloppy\"はマウスがウィンドウ内に入る時ウィンドウが"
+"フォーカスされることを意味し,\"mouse\"はマウスがウィンドウ内に入る時にウィン"
+"ドウがフォーカスされ,マウスがウィンドウから出る時にフォーカスが解除されるこ"
+"とを意味します"
#: src/metacity.schemas.in.h:107
msgid ""
@@ -1240,6 +1241,14 @@ msgid ""
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
msgstr ""
+"このキーバインドはウィンドウを他のウィンドウの上あるいは下に置くかを変更しま"
+"す.もしウィンドウが別のウィンドウによって隠れている場合は,ウィンドウを別の"
+"他のウィンドウの上に表示します.もしウィンドウが完全に表示されている場合に"
+"は,他のウィンドウの下に配置します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるい"
+"は\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小"
+"文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
+"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
+"インドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:108
msgid "Toggle fullscreen mode"
@@ -1251,7 +1260,7 @@ msgstr "最大化の状態を切替えます"
#: src/metacity.schemas.in.h:110
msgid "Toggle shaded state"
-msgstr "表示の状態を切替えます"
+msgstr "シェードの状態を切替えます"
#: src/metacity.schemas.in.h:111
msgid "Toggle whether the window is on all workspaces"
@@ -1284,7 +1293,7 @@ msgstr "GConfキー '%s' は無効な値が設定されています"
#: src/prefs.c:633
#, c-format
msgid "Could not parse font description \"%s\" from GConf key %s\n"
-msgstr "フォントの記述 \"%s\" をGConfキー %s からパースできませんでした\n"
+msgstr "GConfキー %2$s からフォントの記述 \"%1$s\" をパースできませんでした\n"
#: src/prefs.c:672
#, c-format
@@ -1292,19 +1301,21 @@ msgid ""
"%d stored in GConf key %s is not a reasonable number of workspaces, current "
"maximum is %d\n"
msgstr ""
-"%d(GConfキー %s に保存されています)は妥当なワークスペース数ではありません,現"
-"在の最大値は %d です\n"
+"GConfキー %2$s に保存されている %1$d は妥当なワークスペース数ではありません,"
+"現在の最大値は %3$d です\n"
#: src/prefs.c:721
msgid ""
"Workarounds for broken applications disabled. Some applications may not "
"behave properly.\n"
msgstr ""
+"仕様に準拠していないアプリケーションに対する次善策は無効になっています.一部"
+"のアプリケーションは正常に動作しない可能性があります\n"
#: src/prefs.c:753
#, c-format
msgid "%d stored in GConf key %s is out of range 0 to %d\n"
-msgstr ""
+msgstr "GConfキー %2$s に保存されている %1$d は0から%3$dの範囲内にありません\n"
#: src/prefs.c:827
#, c-format
@@ -1317,8 +1328,7 @@ msgid ""
"\"%s\" found in configuration database is not a valid value for keybinding "
"\"%s\""
msgstr ""
-"設定データベースで発見した\"%s\"はキーバインド\"%s\"のためには有効な値ではあ"
-"りません"
+"設定データベースで発見した\"%s\"はキーバインド\"%s\"に有効な値ではありません"
#: src/resizepopup.c:168
#, c-format
@@ -1328,7 +1338,7 @@ msgstr "%d x %d"
#: src/screen.c:205
#, c-format
msgid "Screen %d on display '%s' is invalid\n"
-msgstr "スクリーン %d(ディスプレイ '%s')は無効です\n"
+msgstr "ディスプレイ '%2$s' 上のスクリーン %1$d は無効です\n"
#: src/screen.c:221
#, c-format
@@ -1336,29 +1346,29 @@ msgid ""
"Screen %d on display \"%s\" already has a window manager; try using the --"
"replace option to override the current window manager.\n"
msgstr ""
-"スクリーン %d(ディスプレイ \"%s\")はすでにウィンドウマネージャを持っていま"
-"す; 現在のウィンドウマネージャを上書きするために--replaceオプションの使用を試"
-"してください\n"
+"ディスプレイ \"%2$s\" 上のスクリーン %1$d はすでにウィンドウマネージャを持っ"
+"ています; 現在のウィンドウマネージャを上書きするために--replaceオプションの使"
+"用を試してください\n"
#: src/screen.c:262
#, c-format
msgid ""
"Could not acquire window manager selection on screen %d display \"%s\"\n"
msgstr ""
-"スクリーン %d(ディスプレイ \"%s\")でウィンドウマネージャの選択を取得できませ"
-"んでした\n"
+"ディスプレイ \"%2$s\" 上のスクリーン %1$d でウィンドウマネージャの選択を取得"
+"できませんでした\n"
#: src/screen.c:317
#, c-format
msgid "Screen %d on display \"%s\" already has a window manager\n"
msgstr ""
-"スクリーン %d(ディスプレイ \"%s\")はすでにウィンドウマネージャを持っていま"
-"す\n"
+"ディスプレイ \"%2$s\" 上のスクリーン %1$d はすでにウィンドウマネージャを持っ"
+"ています\n"
#: src/screen.c:526
#, c-format
msgid "Could not release screen %d on display \"%s\"\n"
-msgstr "スクリーン %d(ディスプレイ \"%s\")を解放できませんでした\n"
+msgstr "ディスプレイ \"%2$s\" 上のスクリーン %1$d を解放できませんでした\n"
#: src/session.c:274
#, c-format
@@ -1366,8 +1376,8 @@ msgid ""
"Failed to a open connection to a session manager, so window positions will "
"not be saved: %s\n"
msgstr ""
-"セッションマネージャへ接続に失敗しました.従ってウィンドウの位置は保存されま"
-"せん: %s\n"
+"セッションマネージャへ接続に失敗したため,ウィンドウの位置は保存されません: %"
+"s\n"
#: src/session.c:881 src/session.c:888
#, c-format
@@ -1445,12 +1455,12 @@ msgstr "%d行目 %d文字目: %s"
#: src/theme-parser.c:396
#, c-format
msgid "Attribute \"%s\" repeated twice on the same <%s> element"
-msgstr "属性 \"%s\" は同じ<%s>エレメント上で二重に繰り返されています"
+msgstr "同じ<%2$s>エレメント上で属性 \"%1$s\" が2度繰り返されました"
#: src/theme-parser.c:414 src/theme-parser.c:439
#, c-format
msgid "Attribute \"%s\" is invalid on <%s> element in this context"
-msgstr "属性 \"%s\" はこのコンテキスト内の<%s>エレメント上では無効です"
+msgstr "このコンテキスト内では<%2$s>エレメント上の属性 \"%1$s\" は無効です"
#: src/theme-parser.c:485
#, c-format
@@ -1465,23 +1475,25 @@ msgstr "整数 %ld は大きすぎます,現在の最大は %d です"
#: src/theme-parser.c:521 src/theme-parser.c:602 src/theme-parser.c:626
#, c-format
msgid "Could not parse \"%s\" as a floating point number"
-msgstr "浮動小数点のような \"%s\" をパースできませんでした"
+msgstr "浮動小数点として \"%s\" を解析できませんでした"
#: src/theme-parser.c:552
#, c-format
msgid "Boolean values must be \"true\" or \"false\" not \"%s\""
msgstr ""
-"ブーリアン値は \"true\" か \"false\" でなければならず \"%s\" ではありません"
+"ブール値は \"true\" か \"false\" でなければならず \"%s\" ではありません"
#: src/theme-parser.c:572
#, c-format
msgid "Angle must be between 0.0 and 360.0, was %g\n"
-msgstr "角度は0.0から360.0の間でなければなりません.それは %g でした\n"
+msgstr "角度は0.0から360.0の間でなければなりませんが,%g でした\n"
#: src/theme-parser.c:638
#, c-format
msgid "Alpha must be between 0.0 (invisible) and 1.0 (fully opaque), was %g\n"
msgstr ""
+"アルファは0.0 (不可視)と1.0 (完全に不透明) の間でなければなりませんが,%gでし"
+"た\n"
#: src/theme-parser.c:684
#, c-format
@@ -1496,47 +1508,47 @@ msgstr ""
#: src/theme-parser.c:2961 src/theme-parser.c:2968 src/theme-parser.c:2975
#, c-format
msgid "No \"%s\" attribute on element <%s>"
-msgstr "\"%s\" 属性がエレメント <%s> にありません"
+msgstr "エレメント <%2$s> 上に \"%1$s\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:807 src/theme-parser.c:897 src/theme-parser.c:935
#: src/theme-parser.c:1012 src/theme-parser.c:1062 src/theme-parser.c:1070
#: src/theme-parser.c:1126 src/theme-parser.c:1134
#, c-format
msgid "No \"%s\" attribute on <%s> element"
-msgstr "\"%s\" 属性がエレメント <%s> にありません"
+msgstr "<%2$s> エレメント上に \"%1$s\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:837 src/theme-parser.c:905 src/theme-parser.c:943
#: src/theme-parser.c:1020
#, c-format
msgid "<%s> name \"%s\" used a second time"
-msgstr "<%s> 名前 \"%s\"が2回使われています"
+msgstr "<%s> の名前 \"%s\"が2回使われています"
#: src/theme-parser.c:849 src/theme-parser.c:955 src/theme-parser.c:1032
#, c-format
msgid "<%s> parent \"%s\" has not been defined"
-msgstr "<%s> 親 \"%s\" は定義されていません"
+msgstr "<%s> の親 \"%s\" は定義されていません"
#: src/theme-parser.c:968
#, c-format
msgid "<%s> geometry \"%s\" has not been defined"
-msgstr "<%s> ジオメトリ \"%s\" は定義されていません"
+msgstr "<%s> のジオメトリ \"%s\" は定義されていません"
#: src/theme-parser.c:981
#, c-format
msgid "<%s> must specify either a geometry or a parent that has a geometry"
msgstr ""
-"<%s> はジオメトリあるいはジオメトリを持つ親のどちらかを指定しなければなりませ"
+"<%s> はジオメトリ,またはジオメトリを持つ親のどちらかを指定しなければなりませ"
"ん"
#: src/theme-parser.c:1080
#, c-format
msgid "Unknown type \"%s\" on <%s> element"
-msgstr "不明なタイプ \"%s\" がエレメント <%s> にあります"
+msgstr "<%2$s>エレメント上に不明なタイプ \"%1$s\" があります"
#: src/theme-parser.c:1091
#, c-format
msgid "Unknown style_set \"%s\" on <%s> element"
-msgstr "不明な style_set \"%s\" がエレメント <%s> にあります"
+msgstr "<%2$s>エレメント上に不明な style_set \"%1$s\" があります"
#: src/theme-parser.c:1099
#, c-format
@@ -1584,8 +1596,7 @@ msgstr "エレメント <%s> に \"value\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:1320 src/theme-parser.c:1334 src/theme-parser.c:1393
msgid ""
"Cannot specify both button_width/button_height and aspect ratio for buttons"
-msgstr ""
-"button_width/button_heightとボタンのためのアスペクト比の両方を指定できません"
+msgstr "ボタンにbutton_width/button_heightとアスペクト比の両方を指定できません"
#: src/theme-parser.c:1343
#, c-format
@@ -1701,7 +1712,7 @@ msgstr "エレメント <%s> に \"type\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:2209
#, c-format
msgid "Did not understand value \"%s\" for type of gradient"
-msgstr "階調度のタイプの値 \"%s\" を理解できません"
+msgstr "階調度のタイプの値 \"%s\" は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2291
#, c-format
@@ -1711,7 +1722,7 @@ msgstr "エレメント <%s> に \"filename\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:2316 src/theme-parser.c:2763
#, c-format
msgid "Did not understand fill type \"%s\" for <%s> element"
-msgstr "フィルタイプ \"%s\"(エレメント <%s>用)は理解しません"
+msgstr "<%2$s>エレメント用のフィルタイプ \"%1$s\"は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2398 src/theme-parser.c:2531 src/theme-parser.c:2636
#, c-format
@@ -1731,17 +1742,17 @@ msgstr "エレメント <%s> に \"arrow\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:2465 src/theme-parser.c:2587 src/theme-parser.c:2675
#, c-format
msgid "Did not understand state \"%s\" for <%s> element"
-msgstr "状態 \"%s\"(<%s> エレメント用)は理解しません"
+msgstr "<%2$s>エレメント用の状態 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2475 src/theme-parser.c:2597
#, c-format
msgid "Did not understand shadow \"%s\" for <%s> element"
-msgstr "影 \"%s\"(<%s> エレメント用)は理解しません"
+msgstr "<%2$s>エレメント用の影 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2485
#, c-format
msgid "Did not understand arrow \"%s\" for <%s> element"
-msgstr "矢印 \"%s\"(<%s> エレメント用)は理解しません"
+msgstr "<%2$s>エレメント用の矢印 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2898 src/theme-parser.c:3014
#, c-format
@@ -1751,37 +1762,37 @@ msgstr "\"%s\"を呼ぶ<draw_ops>は定義されていません"
#: src/theme-parser.c:2910 src/theme-parser.c:3026
#, c-format
msgid "Including draw_ops \"%s\" here would create a circular reference"
-msgstr ""
+msgstr "ここに draw_ops \"%s\" を含めると循環参照が生成されます"
#: src/theme-parser.c:3089
#, c-format
msgid "No \"value\" attribute on <%s> element"
-msgstr "エレメント <%s> に \"value\" 属性がありません"
+msgstr "<%s>エレメントに \"value\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3146
#, c-format
msgid "No \"position\" attribute on <%s> element"
-msgstr "エレメント <%s> に \"position\" 属性がありません"
+msgstr "<%s>エレメントに \"position\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3155
#, c-format
msgid "Unknown position \"%s\" for frame piece"
-msgstr ""
+msgstr "フレーム要素の場所 \"%s\" は不明です"
#: src/theme-parser.c:3163
#, c-format
msgid "Frame style already has a piece at position %s"
-msgstr ""
+msgstr "フレームスタイルはすでに場所 %s に要素を持っています"
#: src/theme-parser.c:3208
#, c-format
msgid "No \"function\" attribute on <%s> element"
-msgstr "エレメント <%s> に \"function\" 属性がありません"
+msgstr "<%s>エレメントに \"function\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3216 src/theme-parser.c:3320
#, c-format
msgid "No \"state\" attribute on <%s> element"
-msgstr "エレメント <%s> に \"state\" 属性がありません"
+msgstr "<%s>エレメントに \"state\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3225
#, c-format
@@ -1796,17 +1807,17 @@ msgstr "ボタンのための状態 \"%s\" は不明です"
#: src/theme-parser.c:3242
#, c-format
msgid "Frame style already has a button for function %s state %s"
-msgstr ""
+msgstr "フレームスタイルはすでに機能 %s 状態 %s のボタンを持っています"
#: src/theme-parser.c:3312
#, c-format
msgid "No \"focus\" attribute on <%s> element"
-msgstr "エレメント <%s> に \"focus\" 属性がありません"
+msgstr "<%s>エレメントに \"focus\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3328
#, c-format
msgid "No \"style\" attribute on <%s> element"
-msgstr "エレメント <%s> に \"style\" 属性がありません"
+msgstr "<%s>エレメントに \"style\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3337
#, c-format
@@ -1826,7 +1837,7 @@ msgstr "\"%s\" に呼ばれるスタイルは定義されていません"
#: src/theme-parser.c:3366
#, c-format
msgid "No \"resize\" attribute on <%s> element"
-msgstr "エレメント <%s> に \"resize\" 属性がありません"
+msgstr "<%s>エレメントに \"resize\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3376
#, c-format
@@ -1839,8 +1850,8 @@ msgid ""
"Should not have \"resize\" attribute on <%s> element for maximized/shaded "
"states"
msgstr ""
-"最大化/表示 状態のための <%s> エレメント上で\"resize\" 属性は持つべきではあり"
-"ません"
+"最大化/シェード 状態のための <%s> エレメント上で\"resize\" 属性は持つべきでは"
+"ありません"
#: src/theme-parser.c:3400
#, c-format
@@ -1858,18 +1869,27 @@ msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <piece> element (theme specified a draw_ops "
"attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
msgstr ""
+"<piece>エレメントは2つの draw_ops を持つことができません (テーマで draw_ops属"
+"性と<draw_ops>エレメントが指定されたか,あるいは2つのエレメントが指定されまし"
+"た)"
#: src/theme-parser.c:3510
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <button> element (theme specified a draw_ops "
"attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
msgstr ""
+"<button>エレメントは2つのdraw_opsを持つことができません (テーマで draw_ops属"
+"性と<draw_ops>エレメントが指定されたか,あるいは2つのエレメントが指定されまし"
+"た)"
#: src/theme-parser.c:3548
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <menu_icon> element (theme specified a "
"draw_ops attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
msgstr ""
+"<menu_icon>エレメントは2つのdraw_opsを持つことができません (テーマで draw_ops"
+"属性と<draw_ops>エレメントが指定されたか,あるいは2つのエレメントが指定されま"
+"した)"
#: src/theme-parser.c:3595
#, c-format
@@ -1976,12 +1996,12 @@ msgstr "右"
#: src/theme.c:222
#, c-format
msgid "frame geometry does not specify \"%s\" dimension"
-msgstr "フレームジオメトリは \"%s\" の大きさを指定しません"
+msgstr "フレームジオメトリは \"%s\" のサイズを指定しません"
#: src/theme.c:241
#, c-format
msgid "frame geometry does not specify dimension \"%s\" for border \"%s\""
-msgstr "フレームジオメトリは大きさ\"%s\"(ボーダー\"%s\"用)を指定しません"
+msgstr "境界 \"%2$s\" 用のフレームジオメトリは大きさ \"%1$s\" を指定しません"
#: src/theme.c:278
#, c-format
@@ -2001,157 +2021,155 @@ msgstr "階調度は少なくとも2つの色をもつべきです"
msgid ""
"GTK color specification must have the state in brackets, e.g. gtk:fg[NORMAL] "
"where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
-msgstr ""
+msgstr "\"%s\" を解析できませんでした; GTKの色指定では gtk:fg[NORMAL]のように状態を大括弧で囲み指定する必要があります (NORMALは状態を示す)"
#: src/theme.c:796
#, c-format
msgid ""
"GTK color specification must have a close bracket after the state, e.g. gtk:"
"fg[NORMAL] where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
-msgstr ""
+msgstr "\"%s\" を解析できませんでした; GTKの色指定では gtk:fg[NORMAL]のように状態の後に右大括弧をつける必要があります (NORMALは状態を示す)"
#: src/theme.c:807
#, c-format
msgid "Did not understand state \"%s\" in color specification"
-msgstr ""
+msgstr "色指定で状態 \"%s\" は理解しませんでした"
#: src/theme.c:820
#, c-format
msgid "Did not understand color component \"%s\" in color specification"
-msgstr ""
+msgstr "色指定でカラーコンポーネント \"%s\" は理解しませんでした"
#: src/theme.c:850
#, c-format
msgid ""
"Blend format is \"blend/bg_color/fg_color/alpha\", \"%s\" does not fit the "
"format"
-msgstr ""
+msgstr "混合色のフォーマットは\"blend/bg_color/fg_color/alpha\"で,\"%s\" はこのフォーマットに適合していません"
#: src/theme.c:861
#, c-format
msgid "Could not parse alpha value \"%s\" in blended color"
-msgstr ""
+msgstr "混合色のアルファ値 \"%s\" を解析できませんでした"
#: src/theme.c:871
#, c-format
msgid "Alpha value \"%s\" in blended color is not between 0.0 and 1.0"
-msgstr ""
+msgstr "混合色のアルファ値 \"%s\" は 0.0 から 1.0 の間ではありません"
#: src/theme.c:918
#, c-format
msgid ""
"Shade format is \"shade/base_color/factor\", \"%s\" does not fit the format"
-msgstr ""
+msgstr "シェードのフォーマットは \"shade/base_color/factor\" で,\"%s\" はこのフォーマットに適合していません"
#: src/theme.c:929
#, c-format
msgid "Could not parse shade factor \"%s\" in shaded color"
-msgstr "シェードされた色でシェードファクタ\"%s\"をパスできませんでした"
+msgstr "シェードカラーのシェード係数\"%s\"をパスできませんでした"
#: src/theme.c:939
#, c-format
msgid "Shade factor \"%s\" in shaded color is negative"
-msgstr ""
+msgstr "シェードカラーのシェード係数 \"%s\" が負の値です"
#: src/theme.c:968
#, c-format
msgid "Could not parse color \"%s\""
-msgstr "色 \"%s\" をパースできませんでした"
+msgstr "色 \"%s\" を解析できませんでした"
#: src/theme.c:1230
#, c-format
msgid "Coordinate expression contains character '%s' which is not allowed"
-msgstr ""
+msgstr "許可されていない文字 '%s' が座標式に含まれています"
#: src/theme.c:1257
#, c-format
msgid ""
"Coordinate expression contains floating point number '%s' which could not be "
"parsed"
-msgstr ""
+msgstr "解析できない浮動小数点数 '%s' が座標式に含まれています"
#: src/theme.c:1271
#, c-format
msgid "Coordinate expression contains integer '%s' which could not be parsed"
-msgstr ""
+msgstr "解析できない整数 '%s' が座標式に含まれています"
#: src/theme.c:1338
#, c-format
msgid ""
"Coordinate expression contained unknown operator at the start of this text: "
"\"%s\""
-msgstr ""
+msgstr "座標式は次のテキストの先頭に無効な演算子を含んでいました: \"%s\""
#: src/theme.c:1395
msgid "Coordinate expression was empty or not understood"
-msgstr ""
+msgstr "座標式が空か解析不能です"
#: src/theme.c:1534 src/theme.c:1544 src/theme.c:1578
msgid "Coordinate expression results in division by zero"
-msgstr ""
+msgstr "座標式はゼロで除算しました"
#: src/theme.c:1586
msgid ""
"Coordinate expression tries to use mod operator on a floating-point number"
-msgstr ""
+msgstr "座標式は浮動小数点で mod 演算子を使用しようとしています"
#: src/theme.c:1643
#, c-format
msgid ""
"Coordinate expression has an operator \"%s\" where an operand was expected"
-msgstr ""
+msgstr "座標式はオペランドが必要な場所に演算子 \"%s\" を使用しています"
#: src/theme.c:1652
msgid "Coordinate expression had an operand where an operator was expected"
-msgstr ""
+msgstr "座標式は演算子が必要な場所でオペランドを使用しています"
#: src/theme.c:1660
msgid "Coordinate expression ended with an operator instead of an operand"
-msgstr ""
+msgstr "座標式はオペランドの代わりに演算子で終わっています"
#: src/theme.c:1670
#, c-format
msgid ""
"Coordinate expression has operator \"%c\" following operator \"%c\" with no "
"operand in between"
-msgstr ""
+msgstr "座標式は演算子 \"%2$c\" の後に演算子 \"%1$c\" が続いており,これらの間にオペランドがありません"
#: src/theme.c:1789
msgid ""
"Coordinate expression parser overflowed its buffer, this is really a "
"Metacity bug, but are you sure you need a huge expression like that?"
-msgstr ""
+msgstr "座標式の解析においてバッファがオーバーフローしました.これはMetacityのバグですが,そのような巨大な式が本当に必要ですか?"
#: src/theme.c:1818
msgid "Coordinate expression had a close parenthesis with no open parenthesis"
-msgstr ""
+msgstr "座標式は左括弧がなしに右括弧が指定されています"
#: src/theme.c:1881
#, c-format
msgid "Coordinate expression had unknown variable or constant \"%s\""
-msgstr ""
+msgstr "座標式は無効な値または定数 \"%s\" が使用されていました"
#: src/theme.c:1938
msgid "Coordinate expression had an open parenthesis with no close parenthesis"
-msgstr ""
+msgstr "座標式は左括弧が指定されていますが,右括弧がありません"
#: src/theme.c:1949
msgid "Coordinate expression doesn't seem to have any operators or operands"
-msgstr ""
+msgstr "座標式は演算子もオペランドも使用していないようです"
#: src/theme.c:2193 src/theme.c:2215 src/theme.c:2236
#, c-format
msgid "Theme contained an expression \"%s\" that resulted in an error: %s\n"
-msgstr ""
+msgstr "テーマはエラーになる式 \"%s\" を含んでいました: %s\n"
#: src/theme.c:3569
#, c-format
msgid ""
"<button function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> must be "
"specified for this frame style"
-msgstr ""
-"<button function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/>はこのフレームス"
-"タイルのために指定されなければなりません"
+msgstr "このフレームスタイルは <button function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> を指定する必要があります"
#: src/theme.c:3992 src/theme.c:4024
#, c-format
@@ -2196,22 +2214,20 @@ msgstr "テーマ \"%s\" の<copyright>が設定されていません"
msgid ""
"No frame style set for window type \"%s\" in theme \"%s\", add a <window "
"type=\"%s\" style_set=\"whatever\"/> element"
-msgstr ""
+msgstr "テーマ \"%2$s\" にウィンドウタイプ \"%1$s\" のフレームスタイルが設定されていません.<window type=\"%3$s\" style_set=\"whatever\"/>エレメントを追加してください"
#: src/theme.c:4281
#, c-format
msgid ""
"<menu_icon function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> must be "
"specified for this theme"
-msgstr ""
-"<menu_icon function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/>はこのテーマの"
-"ために指定されなければなりません"
+msgstr "このテーマは <menu_icon function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> を指定する必要があります"
#: src/theme.c:4664 src/theme.c:4726
#, c-format
msgid ""
"User-defined constants must begin with a capital letter; \"%s\" does not"
-msgstr ""
+msgstr "ユーザ定義の定数は大文字で始まらなければなりません; \"%s\" は違います"
#: src/theme.c:4672 src/theme.c:4734
#, c-format
@@ -2220,9 +2236,7 @@ msgstr "定数 \"%s\" はすでに定義されています"
#: src/tools/metacity-properties.desktop.in.h:1
msgid "Change how focus is moved from one window to another"
-msgstr ""
-"ひとつのウィンドウから別のものへどのようにフォーカスを移動させるかを変更しま"
-"す"
+msgstr "フォーカスがウィンドウ間でどのように移動するかを変更します"
#: src/tools/metacity-properties.desktop.in.h:2
msgid "Window Focus"
@@ -2234,11 +2248,11 @@ msgstr "フォーカスを与えるためにクリックする(_k)"
#: src/tools/metacity-properties.glade.h:2
msgid "Focus behavior:"
-msgstr "フォーカスの挙動:"
+msgstr "フォーカスの動作:"
#: src/tools/metacity-properties.glade.h:3
msgid "Window Focus Preferences"
-msgstr "ウィンドウフォーカス設定"
+msgstr "ウィンドウフォーカスの設定"
#: src/tools/metacity-properties.glade.h:4
msgid "_Point to give focus"
@@ -2246,7 +2260,7 @@ msgstr "フォーカスを与えるために差す(_P)"
#: src/tools/metacity-properties.glade.h:5
msgid "_Raise window on focus"
-msgstr "フォーカスでウィンドウを上げる(_R)"
+msgstr "フォーカスでウィンドウを手前に表示する(_R)"
#: src/util.c:91
#, c-format
@@ -2269,42 +2283,26 @@ msgid "Application set a bogus _NET_WM_PID %ld\n"
msgstr "アプリケーションは偽物の_NET_WM_PID %ld を設定しました\n"
#: src/workspace.c:51
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "Workspace %d"
-msgstr "ワークスペース %s%d にだけ含める"
+msgstr "ワークスペース %d"
#: src/xprops.c:54
#, c-format
msgid ""
"Window 0x%lx has property %s that was expected to have type %s format %d and "
"actually has type %s format %d n_items %d\n"
-msgstr ""
+msgstr "ウィンドウ 0x%1$lx には type %5$s format %6$d n_items %7$d のプロパティ %2$s が指定されていますが,本来これは type %3$s format %4$d でなければなりません\n"
#: src/xprops.c:282
#, c-format
msgid "Property %s on window 0x%lx contained invalid UTF-8\n"
-msgstr "プロパティ %s(ウィンドウ 0x%lx) は無効なUTF-8を含んでいました\n"
+msgstr "ウィンドウ 0x%2$lx 上のプロパティ %1$s は無効なUTF-8を含んでいました\n"
#: src/xprops.c:367
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid ""
"Property %s on window 0x%lx contained invalid UTF-8 for item %d in the list\n"
-msgstr "プロパティ %s(ウィンドウ 0x%lx) は無効なUTF-8を含んでいました\n"
-
-#~ msgid "Move focus to the previously-focused window"
-#~ msgstr "ひとつ前にフォーカスされたウィンドウへフォーカスを移動します"
-
-#~ msgid ""
-#~ "The keybinding used to move focus back to the window which last had the "
-#~ "focus. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-#~ "Alt&gt;F1. The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-#~ "and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If "
-#~ "you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
-#~ "no keybinding for this action."
-#~ msgstr ""
-#~ "最後にフォーカスを持ったウィンドウへフォーカスを戻すために使うキーバインド"
-#~ "を指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;"
-#~ "&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
-#~ "す.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特"
-#~ "別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドは"
-#~ "なくなります."
+msgstr ""
+"ウィンドウ 0x%2$lx 上のプロパティ %1$s はリスト内のアイテム %3$d で無効なUTF-"
+"8を含んでいました\n"