summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/po/ja.po
diff options
context:
space:
mode:
authorKAMAGASAKO Masatoshi <emerald@gnome.gr.jp>2003-05-10 05:54:02 +0000
committerKamagasako Masatoshi <emerald@src.gnome.org>2003-05-10 05:54:02 +0000
commit6f458fc9d6610bbda3af09a3f595813394514b6f (patch)
tree27a8fcd971e142aa82974ee9572e2c020b08ccba /po/ja.po
parenta0d8c3c703f09733efe4201280a55f3f44d8321f (diff)
downloadmetacity-6f458fc9d6610bbda3af09a3f595813394514b6f.tar.gz
metacity-6f458fc9d6610bbda3af09a3f595813394514b6f.tar.bz2
Updated Japanese translation.
2003-05-10 KAMAGASAKO Masatoshi <emerald@gnome.gr.jp> * ja.po: Updated Japanese translation.
Diffstat (limited to 'po/ja.po')
-rw-r--r--po/ja.po1027
1 files changed, 427 insertions, 600 deletions
diff --git a/po/ja.po b/po/ja.po
index 13301af..858f9e8 100644
--- a/po/ja.po
+++ b/po/ja.po
@@ -1,13 +1,14 @@
# metacity ja.po
-# Copyright (C) 2002 Free Software Foundation, Inc.
+# Copyright (C) 2002-2003 Free Software Foundation, Inc.
# Akira TAGOH <tagoh@gnome.gr.jp>, 2002.
+# KAMAGASAKO Masatoshi <emerald@gnome.gr.jp>, 2003.
#
msgid ""
msgstr ""
-"Project-Id-Version: metacity CVS-20020905\n"
-"POT-Creation-Date: 2003-05-03 12:54-0400\n"
-"PO-Revision-Date: 2002-09-05 17:24+0900\n"
-"Last-Translator: Akira TAGOH <tagoh@gnome.gr.jp>\n"
+"Project-Id-Version: metacity HEAD\n"
+"POT-Creation-Date: 2003-05-10 13:36+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2003-05-10 14:53+0900\n"
+"Last-Translator: KAMAGASAKO Masatoshi <emerald@gnome.gr.jp>\n"
"Language-Team: Japanese <translation@gnome.gr.jp>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
@@ -16,11 +17,11 @@ msgstr ""
#: src/tools/metacity-message.c:150
#, c-format
msgid "Usage: %s\n"
-msgstr ""
+msgstr "使い方: %s\n"
#: src/tools/metacity-message.c:174 src/util.c:128
msgid "Metacity was compiled without support for verbose mode\n"
-msgstr ""
+msgstr "metacity は verbose モードのサポートなしでコンパイルされています\n"
#: src/delete.c:60 src/delete.c:87 src/metacity-dialog.c:46
#: src/theme-parser.c:467
@@ -60,7 +61,7 @@ msgstr "ホスト名の取得に失敗しました: %s\n"
#: src/display.c:286
#, c-format
msgid "Failed to open X Window System display '%s'\n"
-msgstr "Xウィンドウシステムのディスプレイ '%s' のオープンに失敗しました\n"
+msgstr "X ウィンドウシステムのディスプレイ '%s' のオープンに失敗しました\n"
#: src/errors.c:231
#, c-format
@@ -70,8 +71,8 @@ msgid ""
"the window manager.\n"
msgstr ""
"ディスプレイ '%s' への接続が切れました;\n"
-"たぶんXサーバがシャットダウンされたか,ウィンドウマネージャを\n"
-"kill/終了させたのでしょう\n"
+"たぶん X サーバがシャットダウンされたか,ウィンドウマネージャを\n"
+"kill /終了させたのでしょう\n"
#: src/errors.c:238
#, c-format
@@ -103,30 +104,27 @@ msgstr "ウィンドウを元のサイズに戻す"
msgid ""
"Some other program is already using the key %s with modifiers %x as a "
"binding\n"
-msgstr ""
-"別のプログラムですでにバインディングとしてモディファイアキー %2$x で キー %1"
-"$s を使っています\n"
+msgstr "別のプログラムですでにバインディングとしてモディファイアキー %2$x で キー %1$s を使っています\n"
#: src/keybindings.c:2402
#, c-format
msgid "Error launching metacity-dialog to print an error about a command: %s\n"
msgstr ""
-"コマンドについてのエラーを表示するためのmetacity-dialogが起動中にエラーが発生"
-"しました: %s\n"
+"コマンドについてのエラーを表示するための metacity-dialog が起動中にエラーが発"
+"生しました: %s\n"
#: src/keybindings.c:2433
#, c-format
msgid "No command %d has been defined.\n"
-msgstr "コマンド %dは定義されていません\n"
+msgstr "コマンド %d は定義されていません\n"
#: src/main.c:64
-#, fuzzy
msgid ""
"metacity [--sm-disable] [--sm-client-id=ID] [--sm-save-file=FILENAME] [--"
"display=DISPLAY] [--replace] [--version]\n"
msgstr ""
-"metacity [--disable-sm] [--sm-save-file=ファイル名] [--display=ディスプレイ] "
-"[--replace]\n"
+"metacity [--sm-disable] [--sm-client-id=ID] [--sm-save-file=ファイル名] [--"
+"display=ディスプレイ] [--replace] [--version]\n"
#: src/main.c:71
#, c-format
@@ -137,6 +135,12 @@ msgid ""
"There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A "
"PARTICULAR PURPOSE.\n"
msgstr ""
+"metacity %s\n"
+"Copyright (C) 2001-2002 Havoc Pennington, Red Hat, Inc., and others\n"
+"これはフリーソフトウェアです; 複製の条件はソースファイルを参照してくださ"
+"い.\n"
+"このソフトウェアは無保証です; 商品性や特定目的への適用性についても保証しませ"
+"ん.\n"
#: src/main.c:345
#, c-format
@@ -149,33 +153,31 @@ msgstr ""
#: src/main.c:393
#, c-format
msgid "Failed to restart: %s\n"
-msgstr "リスタートに失敗しました: %s\n"
+msgstr "再起動に失敗しました: %s\n"
#: src/menu.c:52
-#, fuzzy
msgid "Mi_nimize"
-msgstr "最小化(_M)"
+msgstr "最小化(_N)"
#: src/menu.c:53
msgid "Ma_ximize"
-msgstr "最大化(_x)"
+msgstr "最大化(_X)"
#: src/menu.c:54
msgid "Unma_ximize"
-msgstr "元のサイズに戻す(_x)"
+msgstr "元のサイズに戻す(_X)"
#: src/menu.c:55
msgid "Roll _Up"
-msgstr ""
+msgstr "巻き上げ(_U)"
#: src/menu.c:56
msgid "_Unroll"
-msgstr ""
+msgstr "展開する(_U)"
#: src/menu.c:57
-#, fuzzy
msgid "_Move"
-msgstr "移動(_v)"
+msgstr "移動(_M)"
#: src/menu.c:58
msgid "_Resize"
@@ -226,7 +228,7 @@ msgstr "%s に移動"
#.
#: src/metaaccellabel.c:105
msgid "Shift"
-msgstr ""
+msgstr "Shift"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the control key. If the text on this key isn't typically
@@ -235,7 +237,7 @@ msgstr ""
#.
#: src/metaaccellabel.c:111
msgid "Ctrl"
-msgstr ""
+msgstr "Ctrl"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the alt key. If the text on this key isn't typically
@@ -244,7 +246,7 @@ msgstr ""
#.
#: src/metaaccellabel.c:117
msgid "Alt"
-msgstr ""
+msgstr "Alt"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the meta key. If the text on this key isn't typically
@@ -252,9 +254,8 @@ msgstr ""
#. * this.
#.
#: src/metaaccellabel.c:123
-#, fuzzy
msgid "Meta"
-msgstr "Metacity"
+msgstr "Meta"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the super key. If the text on this key isn't typically
@@ -263,7 +264,7 @@ msgstr "Metacity"
#.
#: src/metaaccellabel.c:129
msgid "Super"
-msgstr ""
+msgstr "Super"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the hyper key. If the text on this key isn't typically
@@ -272,7 +273,7 @@ msgstr ""
#.
#: src/metaaccellabel.c:135
msgid "Hyper"
-msgstr ""
+msgstr "Hyper"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the mod2 key. If the text on this key isn't typically
@@ -281,7 +282,7 @@ msgstr ""
#.
#: src/metaaccellabel.c:141
msgid "Mod2"
-msgstr ""
+msgstr "Mod2"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the mod3 key. If the text on this key isn't typically
@@ -290,7 +291,7 @@ msgstr ""
#.
#: src/metaaccellabel.c:147
msgid "Mod3"
-msgstr ""
+msgstr "Mod3"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the mod4 key. If the text on this key isn't typically
@@ -299,7 +300,7 @@ msgstr ""
#.
#: src/metaaccellabel.c:153
msgid "Mod4"
-msgstr ""
+msgstr "Mod4"
#. This is the text that should appear next to menu accelerators
#. * that use the mod5 key. If the text on this key isn't typically
@@ -308,7 +309,7 @@ msgstr ""
#.
#: src/metaaccellabel.c:159
msgid "Mod5"
-msgstr ""
+msgstr "Mod5"
#: src/metacity-dialog.c:86
#, c-format
@@ -338,8 +339,8 @@ msgid ""
"These windows do not support \"save current setup\" and will have to be "
"restarted manually next time you log in."
msgstr ""
-"これらのウィンドウは\"現在の設定を保存\"をサポートしません.そして次回ログイ"
-"ンする時手動で再起動する必要があります"
+"これらのウィンドウは \"現在の設定を保存\" をサポートしません.次回ログインす"
+"る時に手動で再起動する必要があります."
#: src/metacity-dialog.c:276
#, c-format
@@ -369,15 +370,15 @@ msgid ""
"titlebar_uses_desktop_font is false."
msgstr ""
"ウィンドウタイトルバーのフォントを記述するフォント記述文字です.ただし,ここ"
-"に指定されたサイズが使用されるのは,titlebar_font_sizeオプションがtrueに設定"
-"された場合だけです.またtitlebar_uses_desktop_fontオプションがtrueに設定され"
-"た場合,このオプションは無効になります.デフォルトではtitlebar_fontは設定され"
-"ず,titlebar_uses_desktop_fontがfalseの場合でも,Metacityはデスクトップフォン"
-"トを代わりに使います"
+"に指定されたサイズが使用されるのは,titlebar_font_size オプションが true に設"
+"定された場合だけです.また titlebar_uses_desktop_font オプションが true に設"
+"定された場合,このオプションは無効になります.デフォルトでは titlebar_font は"
+"設定されず,titlebar_uses_desktop_font が falseの場合でも,metacity はデスク"
+"トップフォントを代わりに使います."
#: src/metacity.schemas.in.h:3
msgid "Action on title bar double-click"
-msgstr ""
+msgstr "タイトルバーをダブルクリックした時のアクション"
#: src/metacity.schemas.in.h:4
msgid "Activate window menu"
@@ -385,7 +386,7 @@ msgstr "ウィンドウメニューをアクティブにする"
#: src/metacity.schemas.in.h:5
msgid "Arrangement of buttons on the titlebar"
-msgstr ""
+msgstr "タイトルバーのボタンの配置"
#: src/metacity.schemas.in.h:6
msgid ""
@@ -396,6 +397,11 @@ msgid ""
"so that buttons can be added in future metacity versions without breaking "
"older versions."
msgstr ""
+"タイトルバーのボタンの配置を設定します.指定する値は,\"menu:minimize,"
+"maximize,close\" のような文字列でなければなりません; コロンでウィンドウの左上"
+"の角と右上の角とを分け,ボタン名はコンマで区切ります.ボタンを重複させること"
+"はできません.不明なボタン名は単に無視されるだけですので,古いバージョンを壊"
+"すことなく,将来の metacity にボタンを追加することができます."
#: src/metacity.schemas.in.h:7
msgid "Automatically raises the focused window"
@@ -408,6 +414,10 @@ msgid ""
"(right click). Modifier is expressed as \"&lt;Alt&gt;\" or \"&lt;Super&gt;\" "
"for example."
msgstr ""
+"このモディファイアキーを押したままの状態でウィンドウをクリックすると,ウィン"
+"ドウを移動させたり(左クリック)ウィンドウサイズを変更したり(中クリック),ウィ"
+"ンドウメニューを表示させたり(右クリック)することができます.モディファイア"
+"は,例えば,\"&lt;Alt&gt;\" や \"&lt;Super&gt;\" のように表わされます."
#: src/metacity.schemas.in.h:9
msgid "Close a window"
@@ -430,6 +440,8 @@ msgid ""
"Determines whether applications or the system can generate audible 'beeps'; "
"may be used in conjunction with 'visual bell' to allow silent 'beeps'."
msgstr ""
+"アプリケーションもしくはシステムが聴覚的な 'ビープ' 音を生成できるか決定しま"
+"す; これは,無音の 'ビープ' を許可する '視覚的なベル' と共に用いられます."
#: src/metacity.schemas.in.h:14
msgid "Disable misfeatures that are required by old or broken applications"
@@ -439,7 +451,7 @@ msgstr ""
#: src/metacity.schemas.in.h:15
msgid "Enable Visual Bell"
-msgstr ""
+msgstr "視覚的なベルを有効にする"
#: src/metacity.schemas.in.h:16
msgid "Hide all windows and focus desktop"
@@ -451,17 +463,15 @@ msgid ""
"focused window will be automatically raised after a delay (the delay is "
"specified by the auto_raise_delay key)."
msgstr ""
-"この値がtrueで,フォーカスモードが\"sloppy\"または\"mouse\"であるときは,"
-"フォーカスされたウィンドウは(auto_raise_delayキーによって指定された)遅延時間"
-"の後自動的に手前に表示されます"
+"この値がtrueで,フォーカスモードが \"sloppy\" または \"mouse\" であるときは,"
+"フォーカスされたウィンドウは(auto_raise_delay キーによって指定された)遅延時間"
+"の後,自動的に手前に表示されます"
#: src/metacity.schemas.in.h:18
msgid ""
"If true, ignore the titlebar_font option, and use the standard application "
"font for window titles."
-msgstr ""
-"この値がtrueの場合,titlebar_fontオプションを無視してウィンドウタイトルに標準"
-"的なアプリケーションフォントを使います"
+msgstr "この値が true の場合,titlebar_font オプションを無視してウィンドウタイトルに標準的なアプリケーションフォントを使います"
#: src/metacity.schemas.in.h:19
msgid ""
@@ -474,17 +484,7 @@ msgid ""
"questionable. But it's better than having settings for all the specific "
"details of application-based vs. window-based, e.g. whether to pass through "
"clicks. Also, application-based mode is largely unimplemented at the moment."
-msgstr ""
-"この値がtrueの場合は,Metacityの動作はウィンドウではなくアプリケーションに依"
-"存します.この概念はやや抽象的ですが,一般的にアプリケーションベースの設定は"
-"Macに近く,Windowsにはあまり似ていません.アプリケーションベースのモードで"
-"ウィンドウがフォーカスされる場合,アプリケーション内のすべてのウィンドウは手"
-"前に表示されます.また,アプリケーションベースのモードでは,フォーカスクリッ"
-"クがアプリケーション内の他のウィンドウに渡されることはありません.この設定の"
-"存在は若干問題がありますが,アプリケーションベースとウィンドウベースについて"
-"の固有の記述,例えばクリックによってフォーカスを渡すかどうかなど,すべての設"
-"定を持つよりも望ましいといえます.また,アプリケーションベースモードは現在の"
-"ところ大部分が未実装です."
+msgstr "この値が true の場合は,metacity の動作はウィンドウではなくアプリケーションに依存します.この概念はやや抽象的ですが,一般的にアプリケーションベースの設定は Mac に近く,Windows にはあまり似ていません.アプリケーションベースのモードでウィンドウがフォーカスされる場合,アプリケーション内のすべてのウィンドウは手前に表示されます.また,アプリケーションベースのモードでは,フォーカスクリックがアプリケーション内の他のウィンドウに渡されることはありません.この設定の存在は若干問題がありますが,アプリケーションベースとウィンドウベースについての固有の記述,例えばクリックによってフォーカスを渡すかどうかなど,すべての設定を持つよりも望ましいといえます.また,アプリケーションベースモードは現在のところ大部分が未実装です."
#: src/metacity.schemas.in.h:20
msgid "Lower window below other windows"
@@ -495,14 +495,12 @@ msgid "Maximize a window"
msgstr "ウィンドウを最大化"
#: src/metacity.schemas.in.h:22
-#, fuzzy
msgid "Maximize window horizontally"
-msgstr "ウィンドウを最大化"
+msgstr "ウィンドウを水平方向に最大化"
#: src/metacity.schemas.in.h:23
-#, fuzzy
msgid "Maximize window vertically"
-msgstr "ウィンドウを最大化"
+msgstr "ウィンドウを垂直方向に最大化"
#: src/metacity.schemas.in.h:24
msgid "Minimize a window"
@@ -510,51 +508,43 @@ msgstr "ウィンドウを最小化"
#: src/metacity.schemas.in.h:25
msgid "Modifier to use for modified window click actions"
-msgstr ""
+msgstr "変更されたウィンドウクリックアクションのためのモディファイア"
#: src/metacity.schemas.in.h:26
msgid "Move a window"
msgstr "ウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:27
-#, fuzzy
msgid "Move backward between panels and the desktop immediately"
-msgstr "パネルとデスクトップのフォーカスを切替える"
+msgstr "パネルとデスクトップの間を後方へ直接移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:28
-#, fuzzy
msgid "Move backwards between panels and the desktop with popup"
-msgstr "パネルとデスクトップのフォーカスを切替える"
+msgstr "パネルとデスクトップの間をポップアップで後方へ移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:29
-#, fuzzy
msgid "Move backwards between windows immediately"
-msgstr "ウィンドウ間でフォーカスを移動"
+msgstr "ウィンドウ間を直接後方へ移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:30
-#, fuzzy
msgid "Move between panels and the desktop immediately"
-msgstr "パネルとデスクトップのフォーカスを切替える"
+msgstr "パネルとデスクトップの間を直接移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:31
-#, fuzzy
msgid "Move between panels and the desktop with popup"
-msgstr "パネルとデスクトップのフォーカスを切替える"
+msgstr "パネルとデスクトップの間をポップアップで移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:32
-#, fuzzy
msgid "Move between windows immediately"
-msgstr "ウィンドウ間でフォーカスを移動"
+msgstr "ウィンドウの間を直接移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:33
-#, fuzzy
msgid "Move between windows with popup"
-msgstr "ウィンドウ間でフォーカスを移動"
+msgstr "ウィンドウの間をポップアップを表示して移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:34
-#, fuzzy
msgid "Move focus backwards between windows using popup display"
-msgstr "ウィンドウ間でフォーカスを移動"
+msgstr "ウィンドウ間のフォーカスを,ポップアップを表示して後方へ移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:35
msgid "Move window one workspace down"
@@ -574,56 +564,55 @@ msgstr "1つ上のワークスペースへウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:39
msgid "Move window to workspace 1"
-msgstr "ワークスペース1へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 1 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:40
msgid "Move window to workspace 10"
-msgstr "ワークスペース10へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 10 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:41
msgid "Move window to workspace 11"
-msgstr "ワークスペース11へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 11 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:42
msgid "Move window to workspace 12"
-msgstr "ワークスペース12へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 12 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:43
msgid "Move window to workspace 2"
-msgstr "ワークスペース2へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 2 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:44
msgid "Move window to workspace 3"
-msgstr "ワークスペース3へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 3 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:45
msgid "Move window to workspace 4"
-msgstr "ワークスペース4へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 4 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:46
msgid "Move window to workspace 5"
-msgstr "ワークスペース5へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 5 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:47
msgid "Move window to workspace 6"
-msgstr "ワークスペース6へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 6 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:48
msgid "Move window to workspace 7"
-msgstr "ワークスペース7へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 7 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:49
msgid "Move window to workspace 8"
-msgstr "ワークスペース8へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 8 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:50
msgid "Move window to workspace 9"
-msgstr "ワークスペース9へウィンドウを移動"
+msgstr "ワークスペース 9 へウィンドウを移動"
#: src/metacity.schemas.in.h:51
-#, fuzzy
msgid "Name of workspace"
-msgstr "ワークスペースの数"
+msgstr "ワークスペースの名前"
#: src/metacity.schemas.in.h:52
msgid "Number of workspaces"
@@ -635,12 +624,11 @@ msgid ""
"prevent accidentally destroying your desktop by asking for 34 million "
"workspaces)."
msgstr ""
-"ワークスペースの数はゼロよりも多くなければなりません.そして(3400万のワークス"
-"ペースを要求してデスクトップを誤って破損するのを予防するために)最大数は固定さ"
-"れます"
+"ワークスペースの数はゼロよりも多くなければなりません.そして(3400 万のワーク"
+"スペースを要求してデスクトップを誤って破損するのを予防するために)最大数は固定"
+"されます"
#: src/metacity.schemas.in.h:54
-#, fuzzy
msgid "Raise obscured window, otherwise lower"
msgstr ""
"ウィンドウが隠れている場合には手前に表示し,手前に表示されている場合には奥に"
@@ -660,11 +648,11 @@ msgstr "定義されたコマンドを実行"
#: src/metacity.schemas.in.h:58
msgid "Show the panel menu"
-msgstr ""
+msgstr "パネルメニューを表示する"
#: src/metacity.schemas.in.h:59
msgid "Show the panel run dialog"
-msgstr ""
+msgstr "パネル実行ダイアログを表示する"
#: src/metacity.schemas.in.h:60
msgid ""
@@ -682,75 +670,73 @@ msgid ""
"workarounds mode won't be fixable without amending a spec."
msgstr ""
"アプリケーションの中には,仕様に準拠していないためにウィンドウマネージャの不"
-"正な動作を引き起こすものがあります.例えば,Metacityの正しい動作としては親"
+"正な動作を引き起こすものがあります.例えば,metacity の正しい動作としては親"
"ウィンドウを基準にすべてのダイアログを一貫した位置に配置します.このために"
"は,アプリケーションで指定されたダイアログの位置を無視する必要がありますが,"
-"Java/Swingの一部のバージョンではダイアログとしてポップアップメニューを使うた"
-"め,仕様に準拠していないJavaアプリケーションでメニューを動作させるためにダイ"
+"Java/Swing の一部のバージョンではダイアログとしてポップアップメニューを使うた"
+"め,仕様に準拠していないJava アプリケーションでメニューを動作させるためにダイ"
"アログの位置を無効にする必要があります.このような例が他にもいくつかありま"
"す.このオプションはMetacityを完全な補正モードにし,もし仕様に準拠していない"
-"アプリケーションを実行する必要がない場合は,UIはより適切に動作するかもしれま"
+"アプリケーションを実行する必要がない場合は,UI はより適切に動作するかもしれま"
"せん.ですが,次善策はデフォルトで有効にする必要があります; 次善策の中には,"
"仕様自体の制限に対する次善策もあるため,仕様を修正しない限り非次善策モードに"
"おけるバグを修正できないこともあります"
#: src/metacity.schemas.in.h:61
msgid "Switch to workspace 1"
-msgstr "ワークスペース1へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 1 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:62
msgid "Switch to workspace 10"
-msgstr "ワークスペース10へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 10 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:63
msgid "Switch to workspace 11"
-msgstr "ワークスペース11へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 11 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:64
msgid "Switch to workspace 12"
-msgstr "ワークスペース12へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 12 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:65
msgid "Switch to workspace 2"
-msgstr "ワークスペース2へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 2 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:66
msgid "Switch to workspace 3"
-msgstr "ワークスペース3へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 3 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:67
msgid "Switch to workspace 4"
-msgstr "ワークスペース4へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 4 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:68
msgid "Switch to workspace 5"
-msgstr "ワークスペース5へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 5 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:69
msgid "Switch to workspace 6"
-msgstr "ワークスペース6へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 6 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:70
msgid "Switch to workspace 7"
-msgstr "ワークスペース7へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 7 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:71
msgid "Switch to workspace 8"
-msgstr "ワークスペース8へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 8 へ切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:72
msgid "Switch to workspace 9"
-msgstr "ワークスペース9へ切替える"
+msgstr "ワークスペース 9 へ切替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:73
-#, fuzzy
msgid "Switch to workspace above this one"
-msgstr "現在のスペースの上のワークスペースに切替える"
+msgstr "現在のスペースの上のワークスペースに切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:74
-#, fuzzy
msgid "Switch to workspace below this one"
-msgstr "現在のスペースの下のワークスペースに切替える"
+msgstr "現在のスペースの下のワークスペースに切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:75
msgid "Switch to workspace on the left"
@@ -762,15 +748,15 @@ msgstr "右側のワークスペースへ切替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:77
msgid "System Bell is Audible"
-msgstr ""
+msgstr "システムベルは聴覚的である"
#: src/metacity.schemas.in.h:78
msgid "Take a screenshot"
-msgstr ""
+msgstr "スクリーンショットを撮る"
#: src/metacity.schemas.in.h:79
msgid "Take a screenshot of a window"
-msgstr ""
+msgstr "ウィンドウのスクリーンショットを撮ります"
#: src/metacity.schemas.in.h:80
msgid ""
@@ -782,6 +768,13 @@ msgid ""
"is unknown (as is usually the case for the default \"system beep\"), the "
"currently focused window's titlebar is flashed."
msgstr ""
+"システムベルや他のアプリケーションの 'ベル' 表示が鳴らされたことを視覚的に通"
+"知する実装の方法を metacity に通知します.現在,2つの方法が有効です."
+"\"fullscree\" は全画面を白黒で点滅させます.\"frame_flas\" はベルのシグナルを"
+"通知したアプリケーションのタイトルバーを点滅させます.どのアプリケーションが"
+"ベルのシグナルを鳴らしたのか分からないとき(デフォルトの \"システムビープ\" で"
+"はよくあるケースです)は,その時点でフォーカスされているウィンドウのタイトル"
+"バーを点滅させます."
#: src/metacity.schemas.in.h:81
msgid ""
@@ -789,30 +782,26 @@ msgid ""
"that correspond to these commands. Pressing the keybinding for run_command_N "
"will execute command_N."
msgstr ""
-"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_Nキーはこれらのコマンドに対応"
-"するキーバインドを定義します.run_command_Nのキーバインドを押すとcommand_Nが"
+"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_N キーはこれらのコマンドに対応"
+"するキーバインドを定義します.run_command_N のキーバインドを押すとcommand_Nが"
"実行されます."
#: src/metacity.schemas.in.h:82
-#, fuzzy
msgid ""
"The /apps/metacity/global_keybindings/run_command_screenshot key defines a "
"keybinding which causes the command specified by this setting to be invoked."
msgstr ""
-"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_Nキーはこれらのコマンドに対応"
-"するキーバインドを定義します.run_command_Nのキーバインドを押すとcommand_Nが"
-"実行されます."
+"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_screenshot キーは,この設定で"
+"実行するよう指定されたコマンドに対応するキーバインドを定義します."
#: src/metacity.schemas.in.h:83
-#, fuzzy
msgid ""
"The /apps/metacity/global_keybindings/run_command_window_screenshot key "
"defines a keybinding which causes the command specified by this setting to "
"be invoked."
msgstr ""
-"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_Nキーはこれらのコマンドに対応"
-"するキーバインドを定義します.run_command_Nのキーバインドを押すとcommand_Nが"
-"実行されます."
+"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_window_screenshot キーは,この"
+"設定で実行するよう指定されたコマンドに対応するキーバインドを定義します."
#: src/metacity.schemas.in.h:84
msgid ""
@@ -823,12 +812,12 @@ msgid ""
"Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", then "
"there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"/apps/metacity/keybinding_commandsに対応する数字のコマンドを実行するキーバイ"
-"ンドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します."
-"そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字"
-"\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す."
+"/apps/metacity/keybinding_commands に対応する数字のコマンドを実行するキーバイ"
+"ンドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;"
+"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
+"可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます."
+"もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバイ"
+"ンドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:85
msgid ""
@@ -840,10 +829,11 @@ msgid ""
"for this action."
msgstr ""
"現在のワークスペースの上のワークスペースへ切替えるキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 の"
+"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;"
+"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:86
msgid ""
@@ -855,10 +845,11 @@ msgid ""
"for this action."
msgstr ""
"現在のワークスペースの下のワークスペースへ切替えるキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 の"
+"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;"
+"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:87
msgid ""
@@ -870,10 +861,11 @@ msgid ""
"keybinding for this action."
msgstr ""
"現在のワークスペースの左側にあるワークスペースへ切替えるキーバインドを指定し"
-"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ます.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
+"F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして "
+"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:88
msgid ""
@@ -885,10 +877,11 @@ msgid ""
"keybinding for this action."
msgstr ""
"現在のワークスペースの右側にあるワークスペースへ切替えるキーバインドを指定し"
-"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ます.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
+"F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして "
+"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:89
msgid ""
@@ -898,11 +891,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース1へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 1 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:90
msgid ""
@@ -912,11 +905,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース10へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 10 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:91
msgid ""
@@ -926,11 +919,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース11へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 11 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:92
msgid ""
@@ -940,11 +933,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース12へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 12 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:93
msgid ""
@@ -954,11 +947,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース2へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 2 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:94
msgid ""
@@ -968,11 +961,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース3へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 3 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:95
msgid ""
@@ -982,11 +975,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース4へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 4 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:96
msgid ""
@@ -996,11 +989,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース5へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 5 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:97
msgid ""
@@ -1010,11 +1003,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース6へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 6 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:98
msgid ""
@@ -1024,11 +1017,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース7へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 7 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:99
msgid ""
@@ -1038,11 +1031,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース8へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 8 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:100
msgid ""
@@ -1052,11 +1045,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ワークスペース9へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ワークスペース 9 へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:101
msgid ""
@@ -1065,12 +1058,7 @@ msgid ""
"and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;"
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウメニューをアクティブにするために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ウィンドウメニューをアクティブにするために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:102
msgid ""
@@ -1080,11 +1068,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ウィンドウを閉じるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ウィンドウを閉じるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは"
+"完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:103
msgid ""
@@ -1095,12 +1083,12 @@ msgid ""
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
msgstr ""
-"\"移動モード\"に入りキーボードを使ってウィンドウの移動を開始するために使う"
-"キーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
-"可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし"
-"特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドは"
-"なくなります."
+"\"移動モード\" に入りキーボードを使ってウィンドウの移動を開始するために使う"
+"キーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;"
+"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
+"可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます."
+"もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバイ"
+"ンドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:104
msgid ""
@@ -1111,12 +1099,12 @@ msgid ""
"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
"will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"\"サイズ変更モード\"に入りキーボードを使ってウィンドウのリサイズを開始するた"
-"めに使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは"
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
-"字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
-"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
-"インドはなくなります."
+"\"サイズ変更モード\" に入りキーボードを使ってウィンドウのリサイズを開始するた"
+"めに使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるい"
+"は \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や"
+"小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略も"
+"できます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作"
+"のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:105
msgid ""
@@ -1128,11 +1116,11 @@ msgid ""
"will be no keybinding for this action."
msgstr ""
"通常のウィンドウをすべて隠しデスクトップの背景へフォーカスを設定するために使"
-"うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
-"可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし"
-"特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドは"
-"なくなります."
+"うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは "
+"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
+"字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もでき"
+"ます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作の"
+"キーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:106
msgid ""
@@ -1142,11 +1130,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ウィンドウを最大化するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは"
-"\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パー"
-"サは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;"
-"Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設"
-"定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ウィンドウを最大化するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは "
+"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします."
+"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
+"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:107
msgid ""
@@ -1156,11 +1144,11 @@ msgid ""
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ウィンドウを最小化するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは"
-"\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パー"
-"サは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;"
-"Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設"
-"定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ウィンドウを最小化するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは "
+"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします."
+"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
+"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:108
msgid ""
@@ -1172,10 +1160,11 @@ msgid ""
"action."
msgstr ""
"1つ下のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
-"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"す.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
+"F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして "
+"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:109
msgid ""
@@ -1187,10 +1176,11 @@ msgid ""
"action."
msgstr ""
"左側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
-"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"す.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
+"F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして "
+"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:110
msgid ""
@@ -1200,12 +1190,7 @@ msgid ""
"such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
"action."
-msgstr ""
-"右側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
-"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "右側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled \"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:111
msgid ""
@@ -1214,12 +1199,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"1つ上のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1の"
-"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "1つ上のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:112
msgid ""
@@ -1228,12 +1208,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース1へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 1 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:113
msgid ""
@@ -1242,12 +1217,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース10へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 10 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:114
msgid ""
@@ -1256,12 +1226,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース11へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 11 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:115
msgid ""
@@ -1270,12 +1235,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース12へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 12 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:116
msgid ""
@@ -1284,12 +1244,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース2へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 2 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:117
msgid ""
@@ -1298,12 +1253,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース3へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 3 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:118
msgid ""
@@ -1312,12 +1262,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース4へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 4 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:119
msgid ""
@@ -1326,12 +1271,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース5へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 5 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:120
msgid ""
@@ -1340,12 +1280,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース6へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 6 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:121
msgid ""
@@ -1354,12 +1289,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース7へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 7 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:122
msgid ""
@@ -1368,12 +1298,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース8へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 8 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:123
msgid ""
@@ -1382,15 +1307,9 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース9へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
-"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ワークスペース 9 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:124
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus backwards between panels and the desktop, "
"using a popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
@@ -1399,15 +1318,14 @@ msgid ""
"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
"will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するた"
-"めに使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは"
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
-"字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
-"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
-"インドはなくなります."
+"ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを後方へ移動"
+"するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" "
+"あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大"
+"文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような"
+"省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,こ"
+"の動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:125
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus backwards between panels and the desktop, "
"without a popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
@@ -1416,15 +1334,14 @@ msgid ""
"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
"will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するため"
-"に使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは"
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
-"字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
-"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
-"インドはなくなります."
+"ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを後方へ移動す"
+"るために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あ"
+"るいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文"
+"字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省"
+"略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この"
+"動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:126
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus backwards between windows without a popup "
"window. Holding \"shift\" together with this binding makes the direction go "
@@ -1434,15 +1351,15 @@ msgid ""
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバ"
-"インドを指定します(伝統的には&lt;Alt&gt;Escape).フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを後方へ移動するために使う"
+"キーバインドを指定します.\"shift\" を一緒に押すと,前方へ移動するようになり"
+"ます.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
+"F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして "
+"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:127
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus backwards between windows, using a popup "
"window. Holding \"shift\" together with this binding makes the direction go "
@@ -1453,11 +1370,12 @@ msgid ""
"keybinding for this action."
msgstr ""
"ポップアップメニューを使ってウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキー"
-"バインドを指定します(伝統的には&lt;Alt&gt;Tab).フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"バインドを指定します.\"shift\" を一緒に押すと,前方へ移動するようになりま"
+"す.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
+"F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして "
+"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:128
msgid ""
@@ -1467,13 +1385,7 @@ msgid ""
"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するた"
-"めに使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは"
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
-"字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
-"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
-"インドはなくなります."
+msgstr "ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:129
msgid ""
@@ -1483,16 +1395,9 @@ msgid ""
"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するため"
-"に使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは"
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文"
-"字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
-"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
-"インドはなくなります."
+msgstr "ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:130
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus between windows without a popup window. "
"(Traditionally &lt;Alt&gt;Escape) Holding the \"shift\" key while using this "
@@ -1501,16 +1406,9 @@ msgid ""
"and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;"
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバ"
-"インドを指定します(伝統的には&lt;Alt&gt;Escape).フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバインドを指定します(伝統的には &lt;Alt&gt;Escape).一緒に \"shift\" キーを押すと,移動の順序が逆になります.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:131
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding used to move focus between windows, using a popup window. "
"(Traditionally &lt;Alt&gt;Tab) Holding the \"shift\" key while using this "
@@ -1521,11 +1419,12 @@ msgid ""
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
"ポップアップメニューを使ってウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキー"
-"バインドを指定します(伝統的には&lt;Alt&gt;Tab).フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"バインドを指定します(伝統的には &lt;Alt&gt;Tab).一緒に \"shift\" を押すと,"
+"移動の順序が逆になります.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは\" &lt;"
+"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許"
+"可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます."
+"もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバイ"
+"ンドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:132
msgid ""
@@ -1534,12 +1433,7 @@ msgid ""
"and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;"
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"フルスクリーンモードの切替えに使うキーバインドを指定します.フォーマットは"
-"\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パー"
-"サは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;"
-"Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設"
-"定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "フルスクリーンモードの切り替えに使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:133
msgid ""
@@ -1548,12 +1442,7 @@ msgid ""
"and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;"
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"最大化の切替えに使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;"
-"a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大"
-"文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略"
-"もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作"
-"のキーバインドはなくなります."
+msgstr "最大化の切り替えに使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:134
msgid ""
@@ -1562,12 +1451,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"シェード/非シェードの状態を切替えるために使うキーバインドを指定します.フォー"
-"マットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにしま"
-"す.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や"
-"\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプショ"
-"ンに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "シェード/非シェードの状態を切り替えるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:135
msgid ""
@@ -1577,13 +1461,7 @@ msgid ""
"also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
"the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウをすべてのワークスペースに含めるかどうかを切替えるために使うキーバ"
-"インドを指定します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します."
-"そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字"
-"\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す."
+msgstr "ウィンドウをすべてのワークスペースに含めるかどうかを切り替えるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:136
msgid ""
@@ -1592,15 +1470,9 @@ msgid ""
"and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;"
"\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウの最大化を元に戻すために使うキーバインドを指定します.フォーマット"
-"は\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします."
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;"
-"Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設"
-"定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ウィンドウの最大化を元に戻すために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:137
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding which display's the panel's \"Run Program\" dialog box. The "
"format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1. The "
@@ -1609,14 +1481,14 @@ msgid ""
"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
"for this action."
msgstr ""
-"ウィンドウを閉じるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"パネルの \"コマンドを実行\" ダイアログを表示するキーバインドを指定します."
+"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 の"
+"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;"
+"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:138
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding which invokes the panel's screenshot utility to take a "
"screenshot of a window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
@@ -1625,14 +1497,14 @@ msgid ""
"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
"will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ウィンドウを閉じるために使うキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"パネルのスクリーンショットユーティリティを使ってウィンドウのスクリーンショッ"
+"トを撮るキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるい"
+"は \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や"
+"小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略も"
+"できます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作"
+"のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:139
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding which invokes the panel's screenshot utility. The format "
"looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1. The parser "
@@ -1641,14 +1513,14 @@ msgid ""
"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
"action."
msgstr ""
-"ワークスペース9へ切替えるキーバインドを指定します.フォーマットは\"&lt;"
-"Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完"
-"全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;"
-"\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場"
-"合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"パネルのスクリーンショットユーティリティを実行するキーバインドを指定します."
+"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 の"
+"ようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;"
+"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 "
+"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
+"す."
#: src/metacity.schemas.in.h:140
-#, fuzzy
msgid ""
"The keybinding which shows the panel's main menu. The format looks like "
"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1. The parser is fairly "
@@ -1656,20 +1528,19 @@ msgid ""
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
msgstr ""
-"ウィンドウメニューをアクティブにするために使うキーバインドを指定します."
-"フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のよう"
-"にします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;"
-"\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプ"
+"パネルのメインメニューを表示するキーバインドを指定します.フォーマットは "
+"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします."
+"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
"ションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:141
-#, fuzzy
msgid "The name of a workspace."
-msgstr "ワークスペースの数"
+msgstr "ワークスペースの名前"
#: src/metacity.schemas.in.h:142
msgid "The screenshot command"
-msgstr ""
+msgstr "スクリーンショットを撮影するコマンド"
#: src/metacity.schemas.in.h:143
msgid ""
@@ -1702,7 +1573,7 @@ msgstr ""
#: src/metacity.schemas.in.h:146
msgid "The window screenshot command"
-msgstr ""
+msgstr "ウィンドウのスクリーンショットを撮影するコマンド"
#: src/metacity.schemas.in.h:147
msgid ""
@@ -1714,15 +1585,7 @@ msgid ""
"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"このキーバインドはウィンドウを他のウィンドウの上あるいは下に置くかを変更しま"
-"す.もしウィンドウが別のウィンドウによって隠れている場合は,ウィンドウを別の"
-"他のウィンドウの上に表示します.もしウィンドウが完全に表示されている場合に"
-"は,他のウィンドウの下に配置します.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるい"
-"は\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小"
-"文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできま"
-"す.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバ"
-"インドはなくなります."
+msgstr "このキーバインドはウィンドウを他のウィンドウの上あるいは下に置くかを変更します.もしウィンドウが別のウィンドウによって隠れている場合は,ウィンドウを別の他のウィンドウの上に表示します.もしウィンドウが完全に表示されている場合には,他のウィンドウの下に配置します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:148
msgid ""
@@ -1731,12 +1594,7 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを一番奥に移動するために使うキーバインドを指定します.フォーマット"
-"は\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1のようにします."
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;Ctl&gt;\"や\"&lt;"
-"Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled\"をオプションに設"
-"定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "ウィンドウを一番奥に移動するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:149
msgid ""
@@ -1745,15 +1603,9 @@ msgid ""
"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"他のウィンドウよりも手前にウィンドウを表示するために使うキーバインドを指定し"
-"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+msgstr "他のウィンドウよりも手前にウィンドウを表示するために使うキーバインドを指定します.フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:150
-#, fuzzy
msgid ""
"This keybinding resizes a window to fill available horizontal space. The "
"format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1. The "
@@ -1762,14 +1614,13 @@ msgid ""
"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
"for this action."
msgstr ""
-"他のウィンドウよりも手前にウィンドウを表示するために使うキーバインドを指定し"
-"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ウィンドウを水平に可能な限り最大化するキーバインドを指定します.フォーマット"
+"は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにしま"
+"す.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" "
+"や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+"プションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:151
-#, fuzzy
msgid ""
"This keybinding resizes a window to fill available vertical space. The "
"format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1. The "
@@ -1778,11 +1629,11 @@ msgid ""
"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
"for this action."
msgstr ""
-"他のウィンドウよりも手前にウィンドウを表示するために使うキーバインドを指定し"
-"ます.フォーマットは\"&lt;Control&gt;a\"あるいは\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"のようにします.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして\"&lt;"
-"Ctl&gt;\"や\"&lt;Ctrl&gt;\"のような省略もできます.もし特別な文字\"disabled"
-"\"をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
+"ウィンドウを垂直に可能な限り最大化するキーバインドを指定します.フォーマット"
+"は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1 のようにしま"
+"す.パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します.そして \"&lt;Ctl&gt;\" "
+"や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます.もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+"プションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなります."
#: src/metacity.schemas.in.h:152
msgid ""
@@ -1790,23 +1641,25 @@ msgid ""
"Current valid options are 'toggle_shade', which will shade/unshade the "
"window, and 'toggle_maximize' which will maximize/unmaximize the window."
msgstr ""
+"タイトルバーをダブルクリックしたときの効果を設定します.現時点で有効なオプ"
+"ションは,ウィンドウをシェイド状態を切り替える 'toggle_shade' と,ウィンドウ"
+"を最大化/最小化する 'toggle_maximize' があります"
#: src/metacity.schemas.in.h:153
msgid "Toggle fullscreen mode"
-msgstr "フルスクリーンモードを切替える"
+msgstr "フルスクリーンモードを切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:154
msgid "Toggle maximization state"
-msgstr "最大化の状態を切替える"
+msgstr "最大化の状態を切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:155
msgid "Toggle shaded state"
-msgstr "シェードの状態を切替える"
+msgstr "シェードの状態を切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:156
-#, fuzzy
msgid "Toggle window on all workspaces"
-msgstr "すべてのワークスペース上にウィンドウを含めるかどうかを切替える"
+msgstr "ウィンドウをすべてのワークスペース上に含めるか切り替える"
#: src/metacity.schemas.in.h:157
msgid ""
@@ -1814,6 +1667,9 @@ msgid ""
"'bell' or 'beep'; useful for the hard-of-hearing and for use in noisy "
"environments, or when 'audible bell' is off."
msgstr ""
+"アプリケーションもしくはシステムが 'ベル' や 'ビープ' を鳴らしたときに,視覚"
+"的に通知するようにします; 難聴の方や騒々しい環境で作業する方,'聴覚的なベル' "
+"が無効の場合に便利です."
#: src/metacity.schemas.in.h:158
msgid "Unmaximize a window"
@@ -1825,7 +1681,7 @@ msgstr "ウィンドウタイトルで標準のシステムフォントを使う
#: src/metacity.schemas.in.h:160
msgid "Visual Bell Type"
-msgstr ""
+msgstr "視覚的なベルのタイプ"
#: src/metacity.schemas.in.h:161
msgid "Window focus mode"
@@ -1845,17 +1701,18 @@ msgid "GConf key \"%s\" is set to an invalid type\n"
msgstr "GConfキー \"%s\" は無効なタイプが設定されています\n"
#: src/prefs.c:771
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid ""
"\"%s\" found in configuration database is not a valid value for mouse button "
"modifier\n"
msgstr ""
-"設定データベースで発見した\"%s\"はキーバインド\"%s\"に有効な値ではありません"
+"設定データベースで発見した \"%s\" はマウスボタンモディファイアに有効な値では"
+"ありません\n"
#: src/prefs.c:795 src/prefs.c:1205
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "GConf key '%s' is set to an invalid value\n"
-msgstr "GConfキー '%s' は無効な値が設定されています"
+msgstr "GConf キー '%s' に無効な値が設定されています\n"
#: src/prefs.c:922
#, c-format
@@ -1890,17 +1747,19 @@ msgid "Error setting number of workspaces to %d: %s\n"
msgstr "ワークスペース数を %d に設定中にエラーが発生しました: %s\n"
#: src/prefs.c:1578
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid ""
"\"%s\" found in configuration database is not a valid value for keybinding "
"\"%s\"\n"
msgstr ""
-"設定データベースで発見した\"%s\"はキーバインド\"%s\"に有効な値ではありません"
+"設定データベースで発見した \"%s\" はキーバインド \"%s\" に有効な値ではありま"
+"せん\n"
#: src/prefs.c:1895
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "Error setting name for workspace %d to \"%s\": %s\n"
-msgstr "ワークスペース数を %d に設定中にエラーが発生しました: %s\n"
+msgstr ""
+"ワークスペース %d の名前を \"%s\" に設定するときにエラーが発生しました: %s\n"
#: src/resizepopup.c:126
#, c-format
@@ -1984,31 +1843,31 @@ msgstr "保存されたセッションファイルのパースに失敗しまし
#: src/session.c:1221
msgid "<metacity_session> attribute seen but we already have the session ID"
-msgstr "<metacity_session>属性は見られますが,すでにセッションIDを持っています"
+msgstr "<metacity_session> 属性は見られますが,すでにセッションIDを持っています"
#: src/session.c:1234
#, c-format
msgid "Unknown attribute %s on <metacity_session> element"
-msgstr "<metacity_session>エレメントに不明な属性 %s があります"
+msgstr "<metacity_session> エレメントに不明な属性 %s があります"
#: src/session.c:1251
msgid "nested <window> tag"
-msgstr "<window>タグがネストされています"
+msgstr "<window> タグがネストされています"
#: src/session.c:1309 src/session.c:1341
#, c-format
msgid "Unknown attribute %s on <window> element"
-msgstr "<window>エレメントに不明な属性 %s があります"
+msgstr "<window> エレメントに不明な属性 %s があります"
#: src/session.c:1413
#, c-format
msgid "Unknown attribute %s on <maximized> element"
-msgstr "<maximized>エレメントに不明な属性 %s があります"
+msgstr "<maximized> エレメントに不明な属性 %s があります"
#: src/session.c:1473
#, c-format
msgid "Unknown attribute %s on <geometry> element"
-msgstr "<geometry>エレメントに不明な属性 %s があります"
+msgstr "<geometry> エレメントに不明な属性 %s があります"
#: src/session.c:1493
#, c-format
@@ -2020,24 +1879,22 @@ msgstr "不明なエレメント %s があります"
msgid ""
"Error launching metacity-dialog to warn about apps that don't support "
"session management: %s\n"
-msgstr ""
-"セッション管理をサポートしないアプリケーションについて警告するためにmetacity-"
-"dialogの起動中にエラーが発生しました: %s\n"
+msgstr "セッション管理をサポートしないアプリケーションについて警告するために metacity-dialog の起動中にエラーが発生しました: %s\n"
#: src/theme-parser.c:224 src/theme-parser.c:242
#, c-format
msgid "Line %d character %d: %s"
-msgstr "%d行目 %d文字目: %s"
+msgstr "%d 行目 %d 文字目: %s"
#: src/theme-parser.c:396
#, c-format
msgid "Attribute \"%s\" repeated twice on the same <%s> element"
-msgstr "同じ<%2$s>エレメント上で属性 \"%1$s\" が2度繰り返されました"
+msgstr "同じ <%2$s> エレメント上で属性 \"%1$s\" が 2 度繰り返されました"
#: src/theme-parser.c:414 src/theme-parser.c:439
#, c-format
msgid "Attribute \"%s\" is invalid on <%s> element in this context"
-msgstr "このコンテキスト内では<%2$s>エレメント上の属性 \"%1$s\" は無効です"
+msgstr "このコンテキスト内では <%2$s> エレメント上の属性 \"%1$s\" は無効です"
#: src/theme-parser.c:485
#, c-format
@@ -2063,23 +1920,19 @@ msgstr ""
#: src/theme-parser.c:572
#, c-format
msgid "Angle must be between 0.0 and 360.0, was %g\n"
-msgstr "角度は0.0から360.0の間でなければなりませんが,%g でした\n"
+msgstr "角度は 0.0 から 360.0 の間でなければなりませんが,%g でした\n"
#: src/theme-parser.c:638
#, c-format
msgid "Alpha must be between 0.0 (invisible) and 1.0 (fully opaque), was %g\n"
-msgstr ""
-"アルファは0.0 (不可視)と1.0 (完全に不透明) の間でなければなりませんが,%gでし"
-"た\n"
+msgstr "アルファ値は 0.0 (不可視)と 1.0 (完全に不透明) の間でなければなりませんが,%g でした\n"
#: src/theme-parser.c:684
#, c-format
msgid ""
"Invalid title scale \"%s\" (must be one of xx-small,x-small,small,medium,"
"large,x-large,xx-large)\n"
-msgstr ""
-"無効なタイトルスケール \"%s\" です (xx-small,x-small,small,medium,large,x-"
-"large,xx-largeのひとつでなければなりません)\n"
+msgstr "無効なタイトルスケール \"%s\" です (xx-small,x-small,small,medium,large,x-large,xx-large のひとつでなければなりません)\n"
#: src/theme-parser.c:729 src/theme-parser.c:737 src/theme-parser.c:2936
#: src/theme-parser.c:3025 src/theme-parser.c:3032 src/theme-parser.c:3039
@@ -2120,12 +1973,12 @@ msgstr ""
#: src/theme-parser.c:1080
#, c-format
msgid "Unknown type \"%s\" on <%s> element"
-msgstr "<%2$s>エレメント上に不明なタイプ \"%1$s\" があります"
+msgstr "<%2$s> エレメント上に不明なタイプ \"%1$s\" があります"
#: src/theme-parser.c:1091
#, c-format
msgid "Unknown style_set \"%s\" on <%s> element"
-msgstr "<%2$s>エレメント上に不明な style_set \"%1$s\" があります"
+msgstr "<%2$s> エレメント上に不明な style_set \"%1$s\" があります"
#: src/theme-parser.c:1099
#, c-format
@@ -2319,22 +2172,22 @@ msgstr "エレメント <%s> に \"arrow\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:2529 src/theme-parser.c:2651 src/theme-parser.c:2739
#, c-format
msgid "Did not understand state \"%s\" for <%s> element"
-msgstr "<%2$s>エレメント用の状態 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
+msgstr "<%2$s> エレメント用の状態 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2539 src/theme-parser.c:2661
#, c-format
msgid "Did not understand shadow \"%s\" for <%s> element"
-msgstr "<%2$s>エレメント用の影 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
+msgstr "<%2$s> エレメント用の影 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2549
#, c-format
msgid "Did not understand arrow \"%s\" for <%s> element"
-msgstr "<%2$s>エレメント用の矢印 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
+msgstr "<%2$s> エレメント用の矢印 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
#: src/theme-parser.c:2962 src/theme-parser.c:3078
#, c-format
msgid "No <draw_ops> called \"%s\" has been defined"
-msgstr "\"%s\"を呼ぶ<draw_ops>は定義されていません"
+msgstr "\"%s\"を呼ぶ <draw_ops> は定義されていません"
#: src/theme-parser.c:2974 src/theme-parser.c:3090
#, c-format
@@ -2344,12 +2197,12 @@ msgstr "ここに draw_ops \"%s\" を含めると循環参照が生成されま
#: src/theme-parser.c:3153
#, c-format
msgid "No \"value\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s>エレメントに \"value\" 属性がありません"
+msgstr "<%s> エレメントに \"value\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3210
#, c-format
msgid "No \"position\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s>エレメントに \"position\" 属性がありません"
+msgstr "<%s> エレメントに \"position\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3219
#, c-format
@@ -2364,12 +2217,12 @@ msgstr "フレームスタイルはすでに場所 %s に要素を持ってい
#: src/theme-parser.c:3272
#, c-format
msgid "No \"function\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s>エレメントに \"function\" 属性がありません"
+msgstr "<%s> エレメントに \"function\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3280 src/theme-parser.c:3384
#, c-format
msgid "No \"state\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s>エレメントに \"state\" 属性がありません"
+msgstr "<%s> エレメントに \"state\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3289
#, c-format
@@ -2389,12 +2242,12 @@ msgstr "フレームスタイルはすでに機能 %s 状態 %s のボタンを
#: src/theme-parser.c:3376
#, c-format
msgid "No \"focus\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s>エレメントに \"focus\" 属性がありません"
+msgstr "<%s> エレメントに \"focus\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3392
#, c-format
msgid "No \"style\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s>エレメントに \"style\" 属性がありません"
+msgstr "<%s> エレメントに \"style\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3401
#, c-format
@@ -2414,7 +2267,7 @@ msgstr "\"%s\" に呼ばれるスタイルは定義されていません"
#: src/theme-parser.c:3430
#, c-format
msgid "No \"resize\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s>エレメントに \"resize\" 属性がありません"
+msgstr "<%s> エレメントに \"resize\" 属性がありません"
#: src/theme-parser.c:3440
#, c-format
@@ -2445,35 +2298,24 @@ msgstr "状態 %s フォーカス %s のためのスタイルはすでに指定
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <piece> element (theme specified a draw_ops "
"attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
-msgstr ""
-"<piece>エレメントは2つの draw_ops を持つことができません (テーマで draw_ops属"
-"性と<draw_ops>エレメントが指定されたか,あるいは2つのエレメントが指定されまし"
-"た)"
+msgstr "<piece> エレメントは2つの draw_ops を持つことができません (テーマで draw_ops 属性と <draw_ops> エレメントが指定されたか,あるいは 2 つのエレメントが指定されました)"
#: src/theme-parser.c:3574
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <button> element (theme specified a draw_ops "
"attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
-msgstr ""
-"<button>エレメントは2つのdraw_opsを持つことができません (テーマで draw_ops属"
-"性と<draw_ops>エレメントが指定されたか,あるいは2つのエレメントが指定されまし"
-"た)"
+msgstr "<button> エレメントは 2 つの draw_ops を持つことができません (テーマで draw_ops 属性と <draw_ops> エレメントが指定されたか,あるいは 2 つのエレメントが指定されました)"
#: src/theme-parser.c:3612
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <menu_icon> element (theme specified a "
"draw_ops attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
-msgstr ""
-"<menu_icon>エレメントは2つのdraw_opsを持つことができません (テーマで draw_ops"
-"属性と<draw_ops>エレメントが指定されたか,あるいは2つのエレメントが指定されま"
-"した)"
+msgstr "<menu_icon> エレメントは 2 つの draw_ops を持つことができません (テーマで draw_ops 属性と <draw_ops> エレメントが指定されたか,あるいは 2 つのエレメントが指定されました)"
#: src/theme-parser.c:3659
#, c-format
msgid "Outermost element in theme must be <metacity_theme> not <%s>"
-msgstr ""
-"テーマの最も外側のエレメントは<metacity_theme>でなければならず,<%s>ではあり"
-"ません"
+msgstr "テーマの最も外側のエレメントは <metacity_theme> でなければならず,<%s>ではありません"
#: src/theme-parser.c:3679
#, c-format
@@ -2508,15 +2350,15 @@ msgstr "エレメント <%s> は <%s> エレメントの内側に許可されて
#: src/theme-parser.c:3984
msgid "No draw_ops provided for frame piece"
-msgstr "フレームのためのdraw_opsは提供されていません"
+msgstr "フレームのための draw_ops は提供されていません"
#: src/theme-parser.c:3999
msgid "No draw_ops provided for button"
-msgstr "ボタンのためのdraw_opsは提供されていません"
+msgstr "ボタンのための draw_ops は提供されていません"
#: src/theme-parser.c:4014
msgid "No draw_ops provided for menu icon"
-msgstr "メニューアイコンのためのdraw_opsは提供されていません"
+msgstr "メニューアイコンのための draw_ops は提供されていません"
#: src/theme-parser.c:4054
#, c-format
@@ -2525,19 +2367,19 @@ msgstr "エレメント <%s> の内側にテキストは許可されません"
#: src/theme-parser.c:4109
msgid "<name> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで<name>は二回指定しました"
+msgstr "このテーマで <name> は二回指定しました"
#: src/theme-parser.c:4120
msgid "<author> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで<author>は二回指定しました"
+msgstr "このテーマで <author> は二回指定しました"
#: src/theme-parser.c:4131
msgid "<copyright> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで<copyright>は二回指定しました"
+msgstr "このテーマで <copyright> は二回指定しました"
#: src/theme-parser.c:4142
msgid "<date> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで<date>は二回指定しました"
+msgstr "このテーマで <date> は二回指定しました"
#: src/theme-parser.c:4153
msgid "<description> specified twice for this theme"
@@ -2551,8 +2393,7 @@ msgstr "ファイル %s からテーマの読み込みに失敗しました: %s\
#: src/theme-parser.c:4402
#, c-format
msgid "Theme file %s did not contain a root <metacity_theme> element"
-msgstr ""
-"テーマファイル %s はルートに<metacity_theme>エレメントを含んでいませんでした"
+msgstr "テーマファイル %s はルートに <metacity_theme> エレメントを含んでいませんでした"
#: src/theme.c:202
msgid "top"
@@ -2598,18 +2439,14 @@ msgstr "階調度は少なくとも2つの色をもつべきです"
msgid ""
"GTK color specification must have the state in brackets, e.g. gtk:fg[NORMAL] "
"where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
-msgstr ""
-"\"%s\" を解析できませんでした; GTKの色指定では gtk:fg[NORMAL]のように状態を大"
-"括弧で囲み指定する必要があります (NORMALは状態を示す)"
+msgstr "\"%s\" を解析できませんでした; GTK の色指定では gtk:fg[NORMAL] のように状態を大括弧で囲み指定する必要があります (NORMAL は状態を示す)"
#: src/theme.c:989
#, c-format
msgid ""
"GTK color specification must have a close bracket after the state, e.g. gtk:"
"fg[NORMAL] where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
-msgstr ""
-"\"%s\" を解析できませんでした; GTKの色指定では gtk:fg[NORMAL]のように状態の後"
-"に右大括弧をつける必要があります (NORMALは状態を示す)"
+msgstr "\"%s\" を解析できませんでした; GTK の色指定では gtk:fg[NORMAL] のように状態の後に右大括弧をつける必要があります (NORMAL は状態を示す)"
#: src/theme.c:1000
#, c-format
@@ -2626,9 +2463,7 @@ msgstr "色指定でカラーコンポーネント \"%s\" は理解しません
msgid ""
"Blend format is \"blend/bg_color/fg_color/alpha\", \"%s\" does not fit the "
"format"
-msgstr ""
-"混合色のフォーマットは\"blend/bg_color/fg_color/alpha\"で,\"%s\" はこの"
-"フォーマットに適合していません"
+msgstr "混合色のフォーマットは \"blend/bg_color/fg_color/alpha\" で,\"%s\" はこのフォーマットに適合していません"
#: src/theme.c:1054
#, c-format
@@ -2651,7 +2486,7 @@ msgstr ""
#: src/theme.c:1122
#, c-format
msgid "Could not parse shade factor \"%s\" in shaded color"
-msgstr "シェードカラーのシェード係数\"%s\"をパスできませんでした"
+msgstr "シェードカラーのシェード係数 \"%s\" をパスできませんでした"
#: src/theme.c:1132
#, c-format
@@ -2777,28 +2612,23 @@ msgstr "テーマ \"%s\" の読み込みに失敗しました: %s\n"
#: src/theme.c:4591 src/theme.c:4598 src/theme.c:4605 src/theme.c:4612
#: src/theme.c:4619
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid "No <%s> set for theme \"%s\""
-msgstr "テーマ \"%s\" の<name>が設定されていません"
+msgstr "テーマ \"%1$s\" の <%2$s> が設定されていません"
#: src/theme.c:4629
#, c-format
msgid ""
"No frame style set for window type \"%s\" in theme \"%s\", add a <window "
"type=\"%s\" style_set=\"whatever\"/> element"
-msgstr ""
-"テーマ \"%2$s\" にウィンドウタイプ \"%1$s\" のフレームスタイルが設定されてい"
-"ません.<window type=\"%3$s\" style_set=\"whatever\"/>エレメントを追加してく"
-"ださい"
+msgstr "テーマ \"%2$s\" にウィンドウタイプ \"%1$s\" のフレームスタイルが設定されていません.<window type=\"%3$s\" style_set=\"whatever\"/> エレメントを追加してください"
#: src/theme.c:4651
#, c-format
msgid ""
"<menu_icon function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> must be "
"specified for this theme"
-msgstr ""
-"このテーマは <menu_icon function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> "
-"を指定する必要があります"
+msgstr "このテーマは <menu_icon function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> を指定する必要があります"
#: src/theme.c:5040 src/theme.c:5102
#, c-format
@@ -2812,9 +2642,8 @@ msgid "Constant \"%s\" has already been defined"
msgstr "定数 \"%s\" はすでに定義されています"
#: src/tools/metacity-properties.desktop.in.h:1
-#, fuzzy
msgid "Select how to give focus to windows"
-msgstr "ウィンドウ間でフォーカスを移動"
+msgstr "ウィンドウへのフォーカスの当て方を選択します"
#: src/tools/metacity-properties.desktop.in.h:2
msgid "Window Focus"
@@ -2874,7 +2703,7 @@ msgstr "ウィンドウマネージャのエラー: "
#: src/window-props.c:162
#, c-format
msgid "Application set a bogus _NET_WM_PID %ld\n"
-msgstr "アプリケーションは偽物の_NET_WM_PID %ld を設定しました\n"
+msgstr "アプリケーションは偽物の _NET_WM_PID %ld を設定しました\n"
#. first time through
#: src/window.c:4540
@@ -2898,13 +2727,10 @@ msgstr ""
msgid ""
"Window %s sets an MWM hint indicating it isn't resizable, but sets min size %"
"d x %d and max size %d x %d; this doesn't make much sense.\n"
-msgstr ""
-"ウィンドウ %s はリサイズ可能ではないMWMヒント指示を設定していますが,最小サイ"
-"ズ %d x %d と最大サイズ %d x %dも設定しています.これはあまり意味がありませ"
-"ん\n"
+msgstr "ウィンドウ %s はリサイズ可能ではない MWM ヒント指示を設定していますが,最小サイズ %d x %d と最大サイズ %d x %dも設定しています.これはあまり意味がありません\n"
#: src/xprops.c:153
-#, fuzzy, c-format
+#, c-format
msgid ""
"Window 0x%lx has property %s\n"
"that was expected to have type %s format %d\n"
@@ -2912,8 +2738,11 @@ msgid ""
"This is most likely an application bug, not a window manager bug.\n"
"The window has title=\"%s\" class=\"%s\" name=\"%s\"\n"
msgstr ""
-"ウィンドウ 0x%1$lx には type %5$s format %6$d n_items %7$d のプロパティ %2$s "
-"が指定されていますが,本来これは type %3$s format %4$d でなければなりません\n"
+"ウィンドウ 0x%1$lx には type %5$s format %6$d n_items %7$d のプロパティ\n"
+"%2$s が指定されていますが,実際には type %3$s format %4$d であることを\n"
+"期待されています.これは,ほとんどの場合,アプリケーションのバグであり,\n"
+"ウィンドウマネージャのバグではありません.\n"
+"ウィンドウの属性は title=\"%8$s\" class=\"%9$s\" name=\"%10$s\"です.\n"
#: src/xprops.c:399
#, c-format
@@ -2924,9 +2753,7 @@ msgstr "ウィンドウ 0x%2$lx 上のプロパティ %1$s は無効なUTF-8を
#, c-format
msgid ""
"Property %s on window 0x%lx contained invalid UTF-8 for item %d in the list\n"
-msgstr ""
-"ウィンドウ 0x%2$lx 上のプロパティ %1$s はリスト内のアイテム %3$d で無効なUTF-"
-"8を含んでいました\n"
+msgstr "ウィンドウ 0x%2$lx 上のプロパティ %1$s はリスト内のアイテム %3$d で無効な UTF-8を含んでいました\n"
#~ msgid "Workspace %u"
#~ msgstr "ワークスペース %u"