summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/po/ja.po
diff options
context:
space:
mode:
authorTakayuki KUSANO <AE5T-KSN@asahi-net.or.jp>2009-09-20 00:56:16 +0900
committerTakayuki KUSANO <AE5T-KSN@asahi-net.or.jp>2009-09-20 00:56:16 +0900
commit6ac0afbce070d05e2f3fb4f1707d28f4b2546811 (patch)
tree71e3023db868b8ec8bbb5f6c0c99b554e56c2f42 /po/ja.po
parent9532527e52cff552066a5837cd43e8fcfbc34fc0 (diff)
downloadmetacity-6ac0afbce070d05e2f3fb4f1707d28f4b2546811.tar.gz
metacity-6ac0afbce070d05e2f3fb4f1707d28f4b2546811.tar.bz2
Updated Japanese translation
Diffstat (limited to 'po/ja.po')
-rw-r--r--po/ja.po4553
1 files changed, 2296 insertions, 2257 deletions
diff --git a/po/ja.po b/po/ja.po
index 122a6ca..19eb551 100644
--- a/po/ja.po
+++ b/po/ja.po
@@ -5,14 +5,16 @@
# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2003-2008.
# Yukihiro Nakai <nakai@gnome.gr.jp>, 2003.
# Satoru SATOH <ss@gnome.gr.jp>, 2006.
+# Takayuki KUSANO <AE5T-KSN@asahi-net.or.jp>, 2009.
#
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: metacity trunk\n"
-"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2008-08-02 10:29+0900\n"
-"PO-Revision-Date: 2008-08-02 10:29+0900\n"
-"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: http://bugzilla.gnome.org/enter_bug.cgi?"
+"product=metacity&component=general\n"
+"POT-Creation-Date: 2009-09-19 23:53+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2009-09-20 00:51+0900\n"
+"Last-Translator: Takayuki KUSANO <AE5T-KSN@asahi-net.or.jp>\n"
"Language-Team: Japanese <gnome-translation@gnome.gr.jp>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
@@ -26,53 +28,47 @@ msgstr "デスクトップ"
msgid "Window Management"
msgstr "ウィンドウの管理"
+#: ../src/core/bell.c:294
+msgid "Bell event"
+msgstr "ベル・イベント"
+
#: ../src/core/core.c:206
#, c-format
msgid "Unknown window information request: %d"
msgstr "ウィンドウ情報の要求が不明です: %d"
-#: ../src/core/delete.c:70 ../src/core/delete.c:97
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:50 ../src/ui/theme-parser.c:481
-#, c-format
-msgid "Could not parse \"%s\" as an integer"
-msgstr "\"%s\"を整数として構文解釈できませんでした"
-
-#: ../src/core/delete.c:77 ../src/core/delete.c:104
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:57 ../src/ui/theme-parser.c:490
-#: ../src/ui/theme-parser.c:545
-#, c-format
-msgid "Did not understand trailing characters \"%s\" in string \"%s\""
-msgstr "末尾の文字列 \"%s\" (文字列 \"%s\") を理解できませんでした"
-
-#: ../src/core/delete.c:135
-#, c-format
-msgid "Failed to parse message \"%s\" from dialog process\n"
-msgstr "ダイアログのプロセスからメッセージ \"%s\" の構文解釈に失敗しました\n"
-
-#: ../src/core/delete.c:253
-#, c-format
-msgid "Error reading from dialog display process: %s\n"
-msgstr "ダイアログ表示プロセスから読み込み際にエラーが発生しました: %s\n"
-
-#: ../src/core/delete.c:336
+#: ../src/core/delete.c:104
#, c-format
msgid ""
-"Error launching metacity-dialog to ask about killing an application: %s\n"
+"<big><b><tt>%s</tt> is not responding.</b></big>\n"
+"\n"
+"<i>You may choose to wait a short while for it to continue or force the "
+"application to quit entirely.</i>"
msgstr ""
-"アプリケーションの強制終了を尋ねる metacity-dialog を起動する際にエラーが発生"
-"しました: %s\n"
+"<big><b><tt>%s</tt> が応答しません。</b></big>\n"
+"\n"
+"<i>応答があるまで少し待つか、または強制的にアプリケーションを終了するか選択し"
+"て下さい。</i>"
+
+#: ../src/core/delete.c:115
+msgid "_Wait"
+msgstr "待機する(_W)"
-#: ../src/core/delete.c:445
+#: ../src/core/delete.c:115
+msgid "_Force Quit"
+msgstr "強制終了する(_F)"
+
+#: ../src/core/delete.c:216
#, c-format
msgid "Failed to get hostname: %s\n"
msgstr "ホスト名の取得に失敗しました: %s\n"
-#: ../src/core/display.c:256
+#: ../src/core/display.c:258
#, c-format
msgid "Missing %s extension required for compositing"
msgstr "ウィンドウの合成に必要な %s という拡張モジュールが存在しません"
-#: ../src/core/display.c:334
+#: ../src/core/display.c:336
#, c-format
msgid "Failed to open X Window System display '%s'\n"
msgstr "Xウィンドウ・システムのディスプレイ '%s' のオープンに失敗しました\n"
@@ -93,7 +89,7 @@ msgstr ""
msgid "Fatal IO error %d (%s) on display '%s'.\n"
msgstr "致命的なIOエラー %d (%s) - ディスプレイ '%s' が発生しました。\n"
-#: ../src/core/keybindings.c:1090
+#: ../src/core/keybindings.c:680
#, c-format
msgid ""
"Some other program is already using the key %s with modifiers %x as a "
@@ -102,73 +98,93 @@ msgstr ""
"既にバインディングとして別のプログラムでキー %s (修飾キー %x) を使っていま"
"す\n"
-#: ../src/core/keybindings.c:2729
+#. Displayed when a keybinding which is
+#. * supposed to launch a program fails.
+#.
+#: ../src/core/keybindings.c:2294
#, c-format
-msgid "Error launching metacity-dialog to print an error about a command: %s\n"
+msgid ""
+"There was an error running <tt>%s</tt>:\n"
+"\n"
+"%s"
msgstr ""
-"コマンドのエラーを表示する metacity-dialog を起動する際にエラーが発生しまし"
-"た: %s\n"
+"<tt>%s</tt> が動作中にエラーがありました:\n"
+"\n"
+"%s"
-#: ../src/core/keybindings.c:2834
+#: ../src/core/keybindings.c:2383
#, c-format
msgid "No command %d has been defined.\n"
msgstr "コマンド %d は定義されていません。\n"
-#: ../src/core/keybindings.c:3862
+#: ../src/core/keybindings.c:3337
#, c-format
msgid "No terminal command has been defined.\n"
msgstr "端末を起動するコマンドが定義されていません。\n"
-#: ../src/core/main.c:115
+#: ../src/core/main.c:130
#, c-format
msgid ""
"metacity %s\n"
-"Copyright (C) 2001-2008 Havoc Pennington, Red Hat, Inc., and others\n"
+"Copyright (C) 2001-%s Havoc Pennington, Red Hat, Inc., and others\n"
"This is free software; see the source for copying conditions.\n"
"There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A "
"PARTICULAR PURPOSE.\n"
msgstr ""
"metacity %s\n"
-"Copyright (C) 2001-2008 Havoc Pennington, Red Hat, Inc., とその他の貢献者\n"
+"Copyright (C) 2001-%s Havoc Pennington, Red Hat, Inc., とその他の貢献者\n"
"これはフリーソフトウェアです; 複製する際の条件はソース・ファイルを参照して下"
"さい。\n"
"このソフトウェアは無保証です; 商用や特定目的への適用についても保証しませ"
"ん。\n"
-#: ../src/core/main.c:242
+#: ../src/core/main.c:268
msgid "Disable connection to session manager"
msgstr "セッション・マネージャに接続しない"
-#: ../src/core/main.c:248
+#: ../src/core/main.c:274
msgid "Replace the running window manager with Metacity"
msgstr "実行中のウィンドウ・マネージャを Metacity で置き換える"
-#: ../src/core/main.c:254
+#: ../src/core/main.c:280
msgid "Specify session management ID"
msgstr "セッション管理 ID を指定する"
-#: ../src/core/main.c:259
+#: ../src/core/main.c:285
msgid "X Display to use"
msgstr "使用するXディスプレイを指定する"
-#: ../src/core/main.c:265
+#: ../src/core/main.c:291
msgid "Initialize session from savefile"
msgstr "保存ファイルからセッションを初期化する"
-#: ../src/core/main.c:271
+#: ../src/core/main.c:297
msgid "Print version"
msgstr "バージョンを表示する"
-#: ../src/core/main.c:277
+#: ../src/core/main.c:303
msgid "Make X calls synchronous"
msgstr "Xの呼び出しを同期する"
-#: ../src/core/main.c:428
+#: ../src/core/main.c:309
+msgid "Turn compositing on"
+msgstr "合成マネージャをオン"
+
+#: ../src/core/main.c:315
+msgid "Turn compositing off"
+msgstr "合成マネージャをオフ"
+
+#: ../src/core/main.c:321
+msgid ""
+"Don't make fullscreen windows that are maximized and have no decorations"
+msgstr "最大化されて、装飾のない全画面のウィンドウを作成しない"
+
+#: ../src/core/main.c:543
#, c-format
msgid "Failed to scan themes directory: %s\n"
msgstr "テーマ・フォルダのスキャンに失敗しました: %s\n"
-#: ../src/core/main.c:444
+#: ../src/core/main.c:559
#, c-format
msgid ""
"Could not find a theme! Be sure %s exists and contains the usual themes.\n"
@@ -176,7 +192,7 @@ msgstr ""
"テーマが見つかりませんでした! %s の存在と通常のテーマが含まれていることを確"
"認して下さい。\n"
-#: ../src/core/main.c:500
+#: ../src/core/main.c:618
#, c-format
msgid "Failed to restart: %s\n"
msgstr "再起動に失敗しました: %s\n"
@@ -188,26 +204,28 @@ msgstr "再起動に失敗しました: %s\n"
#. * we might consider reverting invalid keys to their original values.
#. * (We know the old value, so we can look up a suitable string in
#. * the symtab.)
+#. *
+#. * (Empty comment follows so the translators don't see this.)
#.
-#: ../src/core/prefs.c:502 ../src/core/prefs.c:654
+#.
+#: ../src/core/prefs.c:506 ../src/core/prefs.c:661
#, c-format
msgid "GConf key '%s' is set to an invalid value\n"
msgstr "GConf の '%s' キーには無効な値が格納されています\n"
-#: ../src/core/prefs.c:583 ../src/core/prefs.c:823
+#: ../src/core/prefs.c:587 ../src/core/prefs.c:830
#, c-format
msgid "%d stored in GConf key %s is out of range %d to %d\n"
msgstr "GConf の %2$s キーの値 %1$d は %3$d〜%4$d の範囲内にありません\n"
-#: ../src/core/prefs.c:627 ../src/core/prefs.c:701 ../src/core/prefs.c:749
-#: ../src/core/prefs.c:813 ../src/core/prefs.c:1108 ../src/core/prefs.c:1124
-#: ../src/core/prefs.c:1143 ../src/core/prefs.c:1159 ../src/core/prefs.c:1176
-#: ../src/core/prefs.c:1192
+#: ../src/core/prefs.c:631 ../src/core/prefs.c:708 ../src/core/prefs.c:756
+#: ../src/core/prefs.c:820 ../src/core/prefs.c:1113 ../src/core/prefs.c:1129
+#: ../src/core/prefs.c:1146 ../src/core/prefs.c:1162
#, c-format
msgid "GConf key \"%s\" is set to an invalid type\n"
msgstr "GConf の \"%s\" キーには無効な型が格納されています\n"
-#: ../src/core/prefs.c:1262
+#: ../src/core/prefs.c:1232
msgid ""
"Workarounds for broken applications disabled. Some applications may not "
"behave properly.\n"
@@ -215,12 +233,12 @@ msgstr ""
"仕様に準拠していないアプリケーションに対する次善策は無効になっています.一部"
"のアプリケーションは正常に動作しない可能性があります\n"
-#: ../src/core/prefs.c:1332
+#: ../src/core/prefs.c:1303
#, c-format
msgid "Could not parse font description \"%s\" from GConf key %s\n"
msgstr "GConf の %2$s キーからフォント名 \"%1$s\" を解析できませんでした\n"
-#: ../src/core/prefs.c:1392
+#: ../src/core/prefs.c:1365
#, c-format
msgid ""
"\"%s\" found in configuration database is not a valid value for mouse button "
@@ -228,17 +246,17 @@ msgid ""
msgstr ""
"GConf の \"%s\" はマウス・ボタンの修飾キーとして妥当な値ではありません\n"
-#: ../src/core/prefs.c:1809
+#: ../src/core/prefs.c:1786
#, c-format
msgid "Error setting number of workspaces to %d: %s\n"
msgstr "ワークスペース数を %d に設定中にエラーが発生しました: %s\n"
-#: ../src/core/prefs.c:2174 ../src/core/prefs.c:2686
+#: ../src/core/prefs.c:1975 ../src/core/prefs.c:2478
#, c-format
msgid "Workspace %d"
msgstr "ワークスペース %d"
-#: ../src/core/prefs.c:2204 ../src/core/prefs.c:2377
+#: ../src/core/prefs.c:2005 ../src/core/prefs.c:2183
#, c-format
msgid ""
"\"%s\" found in configuration database is not a valid value for keybinding "
@@ -247,18 +265,23 @@ msgstr ""
"設定データベースで発見した \"%s\" はキーバインド \"%s\" に有効な値ではありま"
"せん\n"
-#: ../src/core/prefs.c:2767
+#: ../src/core/prefs.c:2559
#, c-format
msgid "Error setting name for workspace %d to \"%s\": %s\n"
msgstr ""
"ワークスペース %d の名前を \"%s\" に設定するときにエラーが発生しました: %s\n"
-#: ../src/core/screen.c:350
+#: ../src/core/prefs.c:2763
+#, c-format
+msgid "Error setting compositor status: %s\n"
+msgstr "合成器の状態を設定するときにエラーが発生しました: %s\n"
+
+#: ../src/core/screen.c:357
#, c-format
msgid "Screen %d on display '%s' is invalid\n"
msgstr "ディスプレイ '%2$s' 上のスクリーン %1$d は無効です\n"
-#: ../src/core/screen.c:366
+#: ../src/core/screen.c:373
#, c-format
msgid ""
"Screen %d on display \"%s\" already has a window manager; try using the --"
@@ -268,7 +291,7 @@ msgstr ""
"ています; 現在のウィンドウマネージャを上書きするために--replace オプションの"
"使用を試してください。\n"
-#: ../src/core/screen.c:393
+#: ../src/core/screen.c:400
#, c-format
msgid ""
"Could not acquire window manager selection on screen %d display \"%s\"\n"
@@ -276,149 +299,167 @@ msgstr ""
"ディスプレイ \"%2$s\" 上のスクリーン %1$d でウィンドウマネージャの選択を取得"
"できませんでした\n"
-#: ../src/core/screen.c:451
+#: ../src/core/screen.c:458
#, c-format
msgid "Screen %d on display \"%s\" already has a window manager\n"
msgstr ""
"ディスプレイ \"%2$s\" 上のスクリーン %1$d はすでにウィンドウマネージャを持っ"
"ています\n"
-#: ../src/core/screen.c:661
+#: ../src/core/screen.c:668
#, c-format
msgid "Could not release screen %d on display \"%s\"\n"
msgstr "ディスプレイ \"%2$s\" 上のスクリーン %1$d を解放できませんでした\n"
-#: ../src/core/session.c:837 ../src/core/session.c:844
+#. Translators: Please don't translate "Control", "Shift", etc, since these
+#. * are hardcoded (in gtk/gtkaccelgroup.c; it's not metacity's fault).
+#. * "disabled" must also stay as it is.
+#.
+#: ../src/core/schema-bindings.c:169
+#, fuzzy
+msgid ""
+"The format looks like \"<Control>a\" or \"<Shift><Alt>F1\".\n"
+"\n"
+"The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+"abbreviations such as \"<Ctl>\" and \"<Ctrl>\". If you set the option to the "
+"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+"action."
+msgstr ""
+"ウィンドウを閉じるために使うキーバインドを指定します。ウィンドウメニューをア"
+"クティブにするために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサ"
+"は完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#: ../src/core/schema-bindings.c:177
+#, fuzzy
+msgid ""
+"The format looks like \"<Control>a\" or \"<Shift><Alt>F1\".\n"
+"\n"
+"The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+"abbreviations such as \"<Ctl>\" and \"<Ctrl>\". If you set the option to the "
+"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+"action.\n"
+"\n"
+"This keybinding may be reversed by holding down the \"shift\" key; "
+"therefore, \"shift\" cannot be one of the keys it uses."
+msgstr ""
+"ウィンドウを閉じるために使うキーバインドを指定します。ウィンドウメニューをア"
+"クティブにするために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
+"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサ"
+"は完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+"Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
+"設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#: ../src/core/session.c:845 ../src/core/session.c:852
#, c-format
msgid "Could not create directory '%s': %s\n"
msgstr "ディレクトリ '%s' を作成できませんでした : %s\n"
-#: ../src/core/session.c:854
+#: ../src/core/session.c:862
#, c-format
msgid "Could not open session file '%s' for writing: %s\n"
msgstr ""
"書き込みのためのセッションファイル '%s' をオープンできませんでした: %s\n"
-#: ../src/core/session.c:995
+#: ../src/core/session.c:1003
#, c-format
msgid "Error writing session file '%s': %s\n"
msgstr "セッションファイル '%s' を書き込み中にエラーが発生しました: %s\n"
-#: ../src/core/session.c:1000
+#: ../src/core/session.c:1008
#, c-format
msgid "Error closing session file '%s': %s\n"
msgstr "セッションファイル '%s' のクローズ中にエラーが発生しました: %s\n"
#. oh, just give up
-#: ../src/core/session.c:1093
+#: ../src/core/session.c:1101
#, c-format
msgid "Failed to read saved session file %s: %s\n"
msgstr "保存されたセッションファイル %s の読み込みに失敗しました: %s\n"
-#: ../src/core/session.c:1132
+#: ../src/core/session.c:1140
#, c-format
msgid "Failed to parse saved session file: %s\n"
msgstr "保存されたセッションファイルの解析に失敗しました: %s\n"
-#: ../src/core/session.c:1181
+#: ../src/core/session.c:1189
#, c-format
msgid "<metacity_session> attribute seen but we already have the session ID"
msgstr ""
"<metacity_session> 属性は見られますが,すでにセッションIDを持っています"
-#: ../src/core/session.c:1194
+#: ../src/core/session.c:1202 ../src/core/session.c:1277
+#: ../src/core/session.c:1309 ../src/core/session.c:1381
+#: ../src/core/session.c:1441
#, c-format
-msgid "Unknown attribute %s on <metacity_session> element"
-msgstr "<metacity_session> エレメントに不明な属性 %s があります"
+msgid "Unknown attribute %s on <%s> element"
+msgstr "<%2$s> エレメントに不明な属性 %1$s があります"
-#: ../src/core/session.c:1211
+#: ../src/core/session.c:1219
#, c-format
msgid "nested <window> tag"
msgstr "<window> タグがネストされています"
-#: ../src/core/session.c:1269 ../src/core/session.c:1301
-#, c-format
-msgid "Unknown attribute %s on <window> element"
-msgstr "<window> エレメントに不明な属性 %s があります"
-
-#: ../src/core/session.c:1373
-#, c-format
-msgid "Unknown attribute %s on <maximized> element"
-msgstr "<maximized> エレメントに不明な属性 %s があります"
-
-#: ../src/core/session.c:1433
-#, c-format
-msgid "Unknown attribute %s on <geometry> element"
-msgstr "<geometry> エレメントに不明な属性 %s があります"
-
-#: ../src/core/session.c:1453
+#: ../src/core/session.c:1461
#, c-format
msgid "Unknown element %s"
msgstr "不明なエレメント %s があります"
-#: ../src/core/session.c:1879
-#, c-format
+#: ../src/core/session.c:1812
msgid ""
-"Error launching metacity-dialog to warn about apps that don't support "
-"session management: %s\n"
+"These windows do not support &quot;save current setup&quot; and will have to "
+"be restarted manually next time you log in."
msgstr ""
-"セッション管理をサポートしないアプリケーションについて警告するために "
-"metacity-dialog の起動中にエラーが発生しました: %s\n"
+"これらのウィンドウは \"現在の設定を保存する\" 機能をサポートしません。次回ロ"
+"グインする時に手動で再起動して下さい。"
-#: ../src/core/util.c:101
+#: ../src/core/util.c:103
#, c-format
msgid "Failed to open debug log: %s\n"
msgstr "デバッグ・ログのオープンに失敗しました: %s\n"
-#: ../src/core/util.c:111
+#: ../src/core/util.c:113
#, c-format
msgid "Failed to fdopen() log file %s: %s\n"
msgstr "ログ・ファイル %s の fdopen() に失敗しました: %s\n"
-#: ../src/core/util.c:117
+#: ../src/core/util.c:119
#, c-format
msgid "Opened log file %s\n"
msgstr "ログ・ファイル %s をオープンしました\n"
-#: ../src/core/util.c:136 ../src/tools/metacity-message.c:176
+#: ../src/core/util.c:138 ../src/tools/metacity-message.c:176
#, c-format
msgid "Metacity was compiled without support for verbose mode\n"
msgstr "この metacity は詳細ログ・モードをサポートしていません\n"
-#: ../src/core/util.c:236
+#: ../src/core/util.c:238
msgid "Window manager: "
msgstr "ウィンドウ・マネージャ: "
-#: ../src/core/util.c:388
+#: ../src/core/util.c:390
msgid "Bug in window manager: "
msgstr "ウィンドウ・マネージャのバグ: "
-#: ../src/core/util.c:421
+#: ../src/core/util.c:423
msgid "Window manager warning: "
msgstr "ウィンドウ・マネージャの警告: "
-#: ../src/core/util.c:449
+#: ../src/core/util.c:451
msgid "Window manager error: "
msgstr "ウィンドウ・マネージャのエラー: "
-#: ../src/core/window-props.c:206
-#, c-format
-msgid "Application set a bogus _NET_WM_PID %lu\n"
-msgstr "アプリケーションが間違った _NET_WM_PID %lu を設定しました\n"
-
-#: ../src/core/window-props.c:338
-#, c-format
-msgid "%s (on %s)"
-msgstr "%s (%s)"
-
-#: ../src/core/window-props.c:1420
-#, c-format
-msgid "Invalid WM_TRANSIENT_FOR window 0x%lx specified for %s.\n"
-msgstr ""
-"%2$s で指定したウィンドウ 0x%1$lx の WM_TRANSIENT_FOR が間違っています\n"
+#. Translators: This is the title used on dialog boxes
+#. eof all-keybindings.h
+#: ../src/core/util.c:570 ../src/metacity.desktop.in.h:1
+#: ../src/metacity-wm.desktop.in.h:1
+msgid "Metacity"
+msgstr "Metacity"
#. first time through
-#: ../src/core/window.c:5648
+#: ../src/core/window.c:5627
#, c-format
msgid ""
"Window %s sets SM_CLIENT_ID on itself, instead of on the WM_CLIENT_LEADER "
@@ -434,7 +475,7 @@ msgstr ""
#. * MWM but not WM_NORMAL_HINTS are basically broken. We complain
#. * about these apps but make them work.
#.
-#: ../src/core/window.c:6213
+#: ../src/core/window.c:6192
#, c-format
msgid ""
"Window %s sets an MWM hint indicating it isn't resizable, but sets min size %"
@@ -444,6 +485,43 @@ msgstr ""
"イズ %d x %d と最大サイズ %d x %dも設定しています.これはあまり意味がありませ"
"ん\n"
+#: ../src/core/window-props.c:244
+#, c-format
+msgid "Application set a bogus _NET_WM_PID %lu\n"
+msgstr "アプリケーションが間違った _NET_WM_PID %lu を設定しました\n"
+
+#. Translators: the title of a window from another machine
+#: ../src/core/window-props.c:388
+#, c-format
+msgid "%s (on %s)"
+msgstr "%s (%s)"
+
+#. Simple case-- don't bother to look it up. It's root.
+#: ../src/core/window-props.c:420
+#, c-format
+msgid "%s (as superuser)"
+msgstr "%s (スーパーユーザで)"
+
+#. Translators: the title of a window owned by another user
+#. * on this machine
+#: ../src/core/window-props.c:438
+#, c-format
+msgid "%s (as %s)"
+msgstr "%s (%s で)"
+
+#. Translators: the title of a window owned by another user
+#. * on this machine, whose name we don't know
+#: ../src/core/window-props.c:444
+#, c-format
+msgid "%s (as another user)"
+msgstr "%s (他のユーザで)"
+
+#: ../src/core/window-props.c:1429
+#, c-format
+msgid "Invalid WM_TRANSIENT_FOR window 0x%lx specified for %s.\n"
+msgstr ""
+"%2$s で指定したウィンドウ 0x%1$lx の WM_TRANSIENT_FOR が間違っています\n"
+
#: ../src/core/xprops.c:155
#, c-format
msgid ""
@@ -472,15 +550,327 @@ msgstr ""
"ウィンドウ 0x%2$lx 上のプロパティ %1$s はリスト内のアイテム %3$d で無効な "
"UTF-8を含んでいました\n"
-#: ../src/metacity.desktop.in.h:1
-msgid "Metacity"
-msgstr "Metacity"
+#: ../src/include/all-keybindings.h:88
+msgid "Switch to workspace 1"
+msgstr "ワークスペース 1 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:90
+msgid "Switch to workspace 2"
+msgstr "ワークスペース 2 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:92
+msgid "Switch to workspace 3"
+msgstr "ワークスペース 3 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:94
+msgid "Switch to workspace 4"
+msgstr "ワークスペース 4 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:96
+msgid "Switch to workspace 5"
+msgstr "ワークスペース 5 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:98
+msgid "Switch to workspace 6"
+msgstr "ワークスペース 6 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:100
+msgid "Switch to workspace 7"
+msgstr "ワークスペース 7 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:102
+msgid "Switch to workspace 8"
+msgstr "ワークスペース 8 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:104
+msgid "Switch to workspace 9"
+msgstr "ワークスペース 9 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:106
+msgid "Switch to workspace 10"
+msgstr "ワークスペース 10 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:108
+msgid "Switch to workspace 11"
+msgstr "ワークスペース 11 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:110
+msgid "Switch to workspace 12"
+msgstr "ワークスペース 12 へ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:122
+msgid "Switch to workspace on the left of the current workspace"
+msgstr "左側のワークスペースへ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:126
+msgid "Switch to workspace on the right of the current workspace"
+msgstr "右側のワークスペースへ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:130
+msgid "Switch to workspace above the current workspace"
+msgstr "上側のワークスペースへ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:134
+msgid "Switch to workspace below the current workspace"
+msgstr "下側のワークスペースへ切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:150
+msgid "Move between windows of an application, using a popup window"
+msgstr ""
+"ポップアップ・ウインドウを利用してアプリケーションのウィンドウの間を移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:153
+msgid "Move backward between windows of an application, using a popup window"
+msgstr ""
+"ポップアップ・ウインドウを利用して後方のアプリケーションのウィンドウへ移動す"
+"る"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:157
+msgid "Move between windows, using a popup window"
+msgstr "ポップアップ・ウィンドウを利用して、ウィンドウ間を移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:160
+msgid "Move backward between windows, using a popup window"
+msgstr "ポップアップ・ウインドウを利用して後方のウィンドウへ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:163
+msgid "Move between panels and the desktop, using a popup window"
+msgstr "ポップアップ・ウィンドウを使ってパネルとデスクトップの間を移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:166
+msgid "Move backward between panels and the desktop, using a popup window"
+msgstr ""
+"ポップアップ・ウィンドウを使ってパネルとデスクトップの間を後方に移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:171
+msgid "Move between windows of an application immediately"
+msgstr "アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間をすばやく移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:174
+msgid "Move backward between windows of an application immediately"
+msgstr "アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間を後方にすばやく移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:177
+msgid "Move between windows immediately"
+msgstr "ウィンドウ間のフォーカスを切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:180
+msgid "Move backward between windows immediately"
+msgstr "ウィンドウ間を後方にすばやく移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:183
+msgid "Move between panels and the desktop immediately"
+msgstr "パネルとデスクトップとのフォーカスを切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:186
+msgid "Move backward between panels and the desktop immediately"
+msgstr "後方のパネルとデスクトップとの間を切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:191
+msgid "Hide all normal windows and set focus to the desktop"
+msgstr "全ての通常のウィンドウを隠してデスクトップにフォーカスを移す"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:194
+msgid "Show the panel's main menu"
+msgstr "パネルのメイン・メニューを表示する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:197
+msgid "Show the panel's \"Run Application\" dialog box"
+msgstr "パネルの「アプリケーションの実行」ダイアログ・ボックスを表示する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:238
+msgid "Take a screenshot"
+msgstr "スクリーンショットを撮る"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:240
+msgid "Take a screenshot of a window"
+msgstr "ウィンドウのスクリーンショットを撮る"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:242
+msgid "Run a terminal"
+msgstr "端末の起動"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:257
+msgid "Activate the window menu"
+msgstr "ウィンドウ・メニューをアクティブにする"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:260
+msgid "Toggle fullscreen mode"
+msgstr "フル・スクリーン表示を切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:262
+msgid "Toggle maximization state"
+msgstr "最大化/最小化の状態を切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:264
+#, fuzzy
+msgid "Toggle whether a window will always be visible over other windows"
+msgstr "ウィンドウを一番奥に移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:266
+msgid "Maximize window"
+msgstr "ウィンドウを最大化する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:268
+msgid "Restore window"
+msgstr "ウィンドウを戻す"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:270
+msgid "Toggle shaded state"
+msgstr "シェードの状態を切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:272
+msgid "Minimize window"
+msgstr "ウィンドウを最小化する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:274
+msgid "Close window"
+msgstr "ウィンドウを閉じる"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:276
+msgid "Move window"
+msgstr "ウィンドウを移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:278
+msgid "Resize window"
+msgstr "ウィンドウ・サイズを変更する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:281
+#, fuzzy
+msgid "Toggle whether window is on all workspaces or just one"
+msgstr "ウィンドウを全ワークスペースに配置するか切り替える"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:285
+msgid "Move window to workspace 1"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 1 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:288
+msgid "Move window to workspace 2"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 2 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:291
+msgid "Move window to workspace 3"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 3 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:294
+msgid "Move window to workspace 4"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 4 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:297
+msgid "Move window to workspace 5"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 5 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:300
+msgid "Move window to workspace 6"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 6 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:303
+msgid "Move window to workspace 7"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 7 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:306
+msgid "Move window to workspace 8"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 8 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:309
+msgid "Move window to workspace 9"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 9 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:312
+msgid "Move window to workspace 10"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 10 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:315
+msgid "Move window to workspace 11"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 11 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:318
+msgid "Move window to workspace 12"
+msgstr "ウィンドウをワークスペース 12 へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:330
+msgid "Move window one workspace to the left"
+msgstr "ウィンドウを左側のワークスペースへ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:333
+msgid "Move window one workspace to the right"
+msgstr "ウィンドウを右側のワークスペースへ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:336
+msgid "Move window one workspace up"
+msgstr "ウィンドウを上側のワークスペースへ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:339
+msgid "Move window one workspace down"
+msgstr "ウィンドウを下側のワークスペースへ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:342
+#, fuzzy
+msgid "Raise window if it's covered by another window, otherwise lower it"
+msgstr "隠れているウィンドウを前面に出す"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:344
+msgid "Raise window above other windows"
+msgstr "ウィンドウを前面に出す"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:346
+msgid "Lower window below other windows"
+msgstr "ウィンドウを一番奥に移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:350
+msgid "Maximize window vertically"
+msgstr "ウィンドウを垂直方向に最大化する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:354
+msgid "Maximize window horizontally"
+msgstr "ウィンドウを水平方向に最大化する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:358
+msgid "Move window to north-west (top left) corner"
+msgstr "ウィンドウを北西 (左側の上) へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:361
+msgid "Move window to north-east (top right) corner"
+msgstr "ウィンドウを北東 (右側の上) へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:364
+msgid "Move window to south-west (bottom left) corner"
+msgstr "ウィンドウを南西 (左側の下) へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:367
+msgid "Move window to south-east (bottom right) corner"
+msgstr "ウィンドウを南東 (右側の下) へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:371
+#, fuzzy
+msgid "Move window to north (top) side of screen"
+msgstr "ウィンドウを上側へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:374
+#, fuzzy
+msgid "Move window to south (bottom) side of screen"
+msgstr "ウィンドウを下側へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:377
+#, fuzzy
+msgid "Move window to east (right) side of screen"
+msgstr "ウィンドウを右側へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:380
+#, fuzzy
+msgid "Move window to west (left) side of screen"
+msgstr "ウィンドウを左側へ移動する"
+
+#: ../src/include/all-keybindings.h:383
+#, fuzzy
+msgid "Move window to center of screen"
+msgstr "ウィンドウを右側へ移動する"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:1
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:1
msgid "(Not implemented) Navigation works in terms of applications not windows"
msgstr "ウィンドウを利用しないアプリの動作をナビゲートする条件 (未実装) "
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:2
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:2
msgid ""
"A font description string describing a font for window titlebars. The size "
"from the description will only be used if the titlebar_font_size option is "
@@ -492,27 +882,23 @@ msgstr ""
"ションが 0 の場合だけです。また titlebar_uses_desktop_font オプションが TRUE "
"の場合でも、このオプションは無効になります。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:3
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:3
msgid "Action on title bar double-click"
msgstr "タイトル・バーをダブル・クリックした時のアクション"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:4
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:4
msgid "Action on title bar middle-click"
msgstr "タイトル・バーを中クリックした時のアクション"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:5
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:5
msgid "Action on title bar right-click"
msgstr "タイトル・バーを右クリックした時のアクション"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:6
-msgid "Activate window menu"
-msgstr "ウィンドウ・メニューをアクティブにする"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:7
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:6
msgid "Arrangement of buttons on the titlebar"
msgstr "タイトルバーのボタンの配置"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:8
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:7
msgid ""
"Arrangement of buttons on the titlebar. The value should be a string, such "
"as \"menu:minimize,maximize,spacer,close\"; the colon separates the left "
@@ -529,51 +915,49 @@ msgstr ""
"ンでも利用できます。spacer というタグはボタンとボタンの間に挿入する空白を意味"
"します。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:9
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:8
msgid "Automatically raises the focused window"
msgstr "フォーカスされたウィンドウを自動的に上げる"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:10
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:9
+#, fuzzy
msgid ""
"Clicking a window while holding down this modifier key will move the window "
"(left click), resize the window (middle click), or show the window menu "
-"(right click). Modifier is expressed as \"&lt;Alt&gt;\" or \"&lt;Super&gt;\" "
-"for example."
+"(right click). The left and right operations may be swapped using the "
+"\"mouse_button_resize\" key. Modifier is expressed as \"&lt;Alt&gt;\" or "
+"\"&lt;Super&gt;\" for example."
msgstr ""
"この修飾キーを押したままの状態でウィンドウをクリックすると、ウィンドウを移動"
"させたり (左クリック)、ウィンドウ・サイズを変更したり (中クリック)、ウィンド"
"ウ・メニューを表示させたり(右クリック)することができます。修飾キー、例えば、"
"\"&lt;Alt&gt;\" や \"&lt;Super&gt;\" のように表わされます。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:11
-msgid "Close window"
-msgstr "ウィンドウを閉じる"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:12
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:10
msgid "Commands to run in response to keybindings"
msgstr "キーバインドの応答で走らせるコマンド"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:13
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:11
msgid "Compositing Manager"
msgstr "合成マネージャ"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:14
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:12
msgid "Control how new windows get focus"
msgstr "新しいウィンドウに対するフォーカスの当て方"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:15
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:13
msgid "Current theme"
msgstr "現在使用しているテーマ"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:16
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:14
msgid "Delay in milliseconds for the auto raise option"
msgstr "自動的に前に出すオプションの遅延時間 (ミリ秒)"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:17
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:15
msgid "Determines whether Metacity is a compositing manager."
msgstr "Metacity が合成マネージャになれるかどうかです。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:18
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:16
msgid ""
"Determines whether applications or the system can generate audible 'beeps'; "
"may be used in conjunction with 'visual bell' to allow silent 'beeps'."
@@ -581,21 +965,17 @@ msgstr ""
"アプリケーションもしくはシステムが聴覚的な 'ビープ' 音を生成できるか決定しま"
"す; これは、無音の 'ビープ' を許可する '視覚的なベル' と共に用いられます。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:19
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:17
msgid "Disable misfeatures that are required by old or broken applications"
msgstr ""
"古いあるいは仕様に準拠していないアプリケーションが要求する不要な機能を無効に"
"する"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:20
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:18
msgid "Enable Visual Bell"
msgstr "視覚的なベルを有効にする"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:21
-msgid "Hide all windows and focus desktop"
-msgstr "全てのウィンドウを隠してデスクトップにフォーカスを移す"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:22
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:19
msgid ""
"If set to true, and the focus mode is either \"sloppy\" or \"mouse\" then "
"the focused window will be automatically raised after a delay specified by "
@@ -608,7 +988,7 @@ msgstr ""
"る場合とは関係はなく、ドラッグ&ドロップ中にポインタがウィンドウ内に入った場"
"合とも関係はありません。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:23
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:20
msgid ""
"If true, ignore the titlebar_font option, and use the standard application "
"font for window titles."
@@ -616,7 +996,7 @@ msgstr ""
"この値が True の場合、titlebar_font オプションを無視してウィンドウ・タイトル"
"に標準的なアプリケーション・フォントを使用します。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:24
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:21
msgid ""
"If true, metacity will give the user less feedback by using wireframes, "
"avoiding animations, or other means. This is a significant reduction in "
@@ -631,7 +1011,7 @@ msgstr ""
"ンやターミナル・サーバもうまく使えるようになります。しかしながら、アクセシビ"
"リティの機能が有効な場合はワイヤフレームの機能は無効になります。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:25
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:22
msgid ""
"If true, then Metacity works in terms of applications rather than windows. "
"The concept is a bit abstract, but in general an application-based setup is "
@@ -649,207 +1029,23 @@ msgstr ""
"カス・クリックが他のアプリケーションのウィンドウに渡されることはありません。"
"しかしながら、アプリケーション固定モードは現在のところ大部分が未実装です。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:26
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:23
msgid "If true, trade off usability for less resource usage"
msgstr "ユーザビリティとリソースの省力化がトレードオフ"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:27
-msgid "Lower window below other windows"
-msgstr "ウィンドウを一番奥に移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:28
-msgid ""
-"Many actions (e.g. clicking in the client area, moving or resizing the "
-"window) normally raise the window as a side-effect. Setting this option to "
-"false, which is strongly discouraged, will decouple raising from other user "
-"actions, and ignore raise requests generated by applications. See http://"
-"bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi?id=445447#c6."
-msgstr ""
-"通常、いろいろな操作 (例: クライアントの領域をクリックしたり、ウィンドウの移"
-"動や大きさの変更など) はその副作用としてウィンドウを前面に出します。このオプ"
-"ションを FALSE にすると、これの効果を強制的に無効にします。すなわち、ユーザ操"
-"作とウィンドウを前面に出す機能を切り離して、アプリケーションが要求する前面に"
-"出す機能を無視するようになります。詳細は http://bugzilla.gnome.org/show_bug."
-"cgi?id=445447#c6 を参照して下さい。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:29
-msgid "Maximize window"
-msgstr "ウィンドウを最大化する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:30
-msgid "Maximize window horizontally"
-msgstr "ウィンドウを水平方向に最大化する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:31
-msgid "Maximize window vertically"
-msgstr "ウィンドウを垂直方向に最大化する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:32
-msgid "Minimize window"
-msgstr "ウィンドウを最小化する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:33
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:24
msgid "Modifier to use for modified window click actions"
msgstr "変更したウィンドウ・クリック操作の修飾キー"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:34
-msgid "Move backward between panels and the desktop immediately"
-msgstr "後方のパネルとデスクトップとの間を切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:35
-msgid "Move backwards between panels and the desktop with popup"
-msgstr ""
-"後方のパネルとデスクトップの間のフォーカスをポップアップを使って切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:36
-msgid "Move backwards between windows immediately"
-msgstr "後方にあるウィンドウのフォーカスを切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:37
-msgid "Move backwards between windows of an application immediately"
-msgstr "アプリケーションが持つ複数のウィンドウを後方に移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:38
-msgid "Move backwards between windows of an application with popup"
-msgstr "ポップアップしながら複数のウィンドウを後方に移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:39
-msgid "Move between panels and the desktop immediately"
-msgstr "パネルとデスクトップとのフォーカスを切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:40
-msgid "Move between panels and the desktop with popup"
-msgstr "パネルとデスクトップの間のフォーカスをポップアップを使って切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:41
-msgid "Move between windows immediately"
-msgstr "ウィンドウ間のフォーカスを切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:42
-msgid "Move between windows of an application immediately"
-msgstr "アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間を移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:43
-msgid "Move between windows of an application with popup"
-msgstr "ポップアップしながら複数のウィンドウの間を移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:44
-msgid "Move between windows with popup"
-msgstr "ウィンドウ間のフォーカスをポップアップを使って切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:45
-msgid "Move focus backwards between windows using popup display"
-msgstr "後方にあるウィンドウ間のフォーカスをポップアップを使って切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:46
-msgid "Move window"
-msgstr "ウィンドウを移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:47
-msgid "Move window one workspace down"
-msgstr "ウィンドウを下側のワークスペースへ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:48
-msgid "Move window one workspace to the left"
-msgstr "ウィンドウを左側のワークスペースへ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:49
-msgid "Move window one workspace to the right"
-msgstr "ウィンドウを右側のワークスペースへ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:50
-msgid "Move window one workspace up"
-msgstr "ウィンドウを上側のワークスペースへ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:51
-msgid "Move window to east side of screen"
-msgstr "ウィンドウを右側へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:52
-msgid "Move window to north side of screen"
-msgstr "ウィンドウを上側へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:53
-msgid "Move window to north-east corner"
-msgstr "ウィンドウを右側の斜め上へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:54
-msgid "Move window to north-west corner"
-msgstr "ウィンドウを左側の斜め上へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:55
-msgid "Move window to south side of screen"
-msgstr "ウィンドウを下側へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:56
-msgid "Move window to south-east corner"
-msgstr "ウィンドウを右側の斜め下へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:57
-msgid "Move window to south-west corner"
-msgstr "ウィンドウを左側の斜め下へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:58
-msgid "Move window to west side of screen"
-msgstr "ウィンドウを左側へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:59
-msgid "Move window to workspace 1"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 1 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:60
-msgid "Move window to workspace 10"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 10 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:61
-msgid "Move window to workspace 11"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 11 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:62
-msgid "Move window to workspace 12"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 12 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:63
-msgid "Move window to workspace 2"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 2 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:64
-msgid "Move window to workspace 3"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 3 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:65
-msgid "Move window to workspace 4"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 4 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:66
-msgid "Move window to workspace 5"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 5 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:67
-msgid "Move window to workspace 6"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 6 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:68
-msgid "Move window to workspace 7"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 7 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:69
-msgid "Move window to workspace 8"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 8 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:70
-msgid "Move window to workspace 9"
-msgstr "ウィンドウをワークスペース 9 へ移動する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:71
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:25
msgid "Name of workspace"
msgstr "ワークスペースの名前"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:72
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:26
msgid "Number of workspaces"
msgstr "ワークスペースの数"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:73
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:27
msgid ""
"Number of workspaces. Must be more than zero, and has a fixed maximum to "
"prevent making the desktop unusable by accidentally asking for too many "
@@ -859,35 +1055,61 @@ msgstr ""
"んのワークスペース要求してデスクトップを誤って破損するのを防ぐために、最大値"
"は固定になっています。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:74
-msgid "Raise obscured window, otherwise lower"
-msgstr "隠れているウィンドウを前面に出す"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:75
-msgid "Raise window above other windows"
-msgstr "ウィンドウを前面に出す"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:76
-msgid "Resize window"
-msgstr "ウィンドウ・サイズを変更する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:77
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:28
msgid "Run a defined command"
msgstr "実行するコマンド"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:78
-msgid "Run a terminal"
-msgstr "端末の起動"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:79
-msgid "Show the panel menu"
-msgstr "パネルメニューを表示する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:80
-msgid "Show the panel run application dialog"
-msgstr "パネル実行アプリケーション・ダイアログを表示する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:81
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:29
+msgid ""
+"Set this to true to resize with the right button and show a menu with the "
+"middle button while holding down the key given in \"mouse_button_modifier\"; "
+"set it to false to make it work the opposite way around."
+msgstr ""
+"これを TRUE に設定すると、\"mouse_button_modifier\" で設定したキーを押しなが"
+"ら右のボタンでサイズ変更し、真ん中のボタンでメニューを表示します。"
+
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:30
+msgid ""
+"Setting this option to false can lead to buggy behavior, so users are "
+"strongly discouraged from changing it from the default of true. Many actions "
+"(e.g. clicking in the client area, moving or resizing the window) normally "
+"raise the window as a side-effect. Setting this option to false, which is "
+"strongly discouraged, will decouple raising from other user actions, and "
+"ignore raise requests generated by applications. See http://bugzilla.gnome."
+"org/show_bug.cgi?id=445447#c6. Even when this option is false, windows can "
+"still be raised by an alt-left-click anywhere on the window, a normal click "
+"on the window decorations, or by special messages from pagers, such as "
+"activation requests from tasklist applets. This option is currently disabled "
+"in click-to-focus mode. Note that the list of ways to raise windows when "
+"raise_on_click is false does not include programmatic requests from "
+"applications to raise windows; such requests will be ignored regardless of "
+"the reason for the request. If you are an application developer and have a "
+"user complaining that your application does not work with this setting "
+"disabled, tell them it is _their_ fault for breaking their window manager "
+"and that they need to change this option back to true or live with the \"bug"
+"\" they requested."
+msgstr ""
+" このオプションを FALSE にするとバグだらけの動作になることがあります。デフォ"
+"ルトの TRUE から変更しないことを強く推奨します。多くの動作 (クライアントの領"
+"域でクリックしたり、ウインドウを移動したり大きさを変更したり、など) におい"
+"て、通常は副作用としてウィンドウが前面に出てきます。このオプションを FALSE に"
+"設定しないことを強く推奨しますが、FALSE にすることによって、他の操作とウィン"
+"ドウを前面に出す動作が分離されます。そして、アプリケーションによってウィンド"
+"ウを前面に出すリクエストが来ても無視されます。http://bugzilla.gnome.org/"
+"show_bug.cgi?id=445447#c6 をご覧ください。このオプションが FALSE であっても、"
+"ウィンドウ中の任意の場所でのALT + 左クリック、ウィンドウの装飾での通常のク"
+"リック、タスクリスト・アプレットからのアクティベーション・リクエストといった"
+"ページャからの特別なメッセージによって前面に出すことができます。このオプショ"
+"ンは click-to-focus モードでは現在、無効になっています。raise_on_click が "
+"FALSE の時にウィンドウを前面に出すこれらの方法には、アプリケーションからウィ"
+"ンドウの前面への移動をプログラム中で要求することは含まれていません。そのよう"
+"な要求は要求の理由を問わず無視されます。もしアプリケーションの開発者であれ"
+"ば、この設定を無効にすることでうまく動作しないとユーザが不満を延べたのであれ"
+"ば、それはウィンドウ・マネージャを壊すように設定した「ユーザの」責任であると"
+"伝え、このオプションを TRUE にすべきと言ってあげてください。あるいは、ユーザ"
+"の要求による「バグ」とつきあって生きていくよう言ってあげてください。"
+
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:31
msgid ""
"Some applications disregard specifications in ways that result in window "
"manager misfeatures. This option puts Metacity in a rigorously correct mode, "
@@ -899,83 +1121,11 @@ msgstr ""
"らに一貫したユーザ・インタフェースを提供することで、何かおかしな動きをするア"
"プリケーションを実行することがないようにします。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:82
-msgid "Switch to workspace 1"
-msgstr "ワークスペース 1 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:83
-msgid "Switch to workspace 10"
-msgstr "ワークスペース 10 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:84
-msgid "Switch to workspace 11"
-msgstr "ワークスペース 11 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:85
-msgid "Switch to workspace 12"
-msgstr "ワークスペース 12 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:86
-msgid "Switch to workspace 2"
-msgstr "ワークスペース 2 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:87
-msgid "Switch to workspace 3"
-msgstr "ワークスペース 3 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:88
-msgid "Switch to workspace 4"
-msgstr "ワークスペース 4 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:89
-msgid "Switch to workspace 5"
-msgstr "ワークスペース 5 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:90
-msgid "Switch to workspace 6"
-msgstr "ワークスペース 6 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:91
-msgid "Switch to workspace 7"
-msgstr "ワークスペース 7 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:92
-msgid "Switch to workspace 8"
-msgstr "ワークスペース 8 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:93
-msgid "Switch to workspace 9"
-msgstr "ワークスペース 9 へ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:94
-msgid "Switch to workspace above this one"
-msgstr "上側のワークスペースへ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:95
-msgid "Switch to workspace below this one"
-msgstr "下側のワークスペースへ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:96
-msgid "Switch to workspace on the left"
-msgstr "左側のワークスペースへ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:97
-msgid "Switch to workspace on the right"
-msgstr "右側のワークスペースへ切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:98
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:32
msgid "System Bell is Audible"
msgstr "システム・ベルの聴覚性"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:99
-msgid "Take a screenshot"
-msgstr "スクリーンショットを撮る"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:100
-msgid "Take a screenshot of a window"
-msgstr "ウィンドウのスクリーンショットを撮る"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:101
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:33
msgid ""
"Tells Metacity how to implement the visual indication that the system bell "
"or another application 'bell' indicator has been rung. Currently there are "
@@ -993,7 +1143,7 @@ msgstr ""
"ではよくあるケースです) は、その時点でフォーカスされているウィンドウのタイト"
"ルバーを点滅させます。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:102
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:34
msgid ""
"The /apps/metacity/global_keybindings/run_command_N keys define keybindings "
"that correspond to these commands. Pressing the keybinding for run_command_N "
@@ -1003,7 +1153,7 @@ msgstr ""
"応するキーバインドを定義します。run_command_N のキーバインドを押すとcommand_N"
"が実行されます。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:103
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:35
msgid ""
"The /apps/metacity/global_keybindings/run_command_screenshot key defines a "
"keybinding which causes the command specified by this setting to be invoked."
@@ -1011,7 +1161,7 @@ msgstr ""
"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_screenshot キーは。この設定で"
"実行するよう指定されたコマンドに対応するキーバインドを定義します。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:104
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:36
msgid ""
"The /apps/metacity/global_keybindings/run_command_window_screenshot key "
"defines a keybinding which causes the command specified by this setting to "
@@ -1020,7 +1170,7 @@ msgstr ""
"/apps/metacity/global_keybindings/runs_command_window_screenshot キーは、この"
"設定で実行するよう指定されたコマンドに対応するキーバインドを定義します。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:105
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:37
msgid ""
"The keybinding that runs the correspondingly-numbered command in /apps/"
"metacity/keybinding_commands The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or "
@@ -1036,977 +1186,21 @@ msgstr ""
"文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなく"
"なります。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:106
-msgid ""
-"The keybinding that switches to the workspace above the current workspace. "
-"The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"現在のワークスペースの上のワークスペースへ切り替えるキーバインドを指定しま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" の"
-"ようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:107
-msgid ""
-"The keybinding that switches to the workspace below the current workspace. "
-"The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"現在のワークスペースの下のワークスペースへ切り替えるキーバインドを指定しま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" の"
-"ようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:108
-msgid ""
-"The keybinding that switches to the workspace on the left of the current "
-"workspace. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
-"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
-"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"現在のワークスペースの左側にあるワークスペースへ切り替えるキーバインドを指定"
-"します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:109
-msgid ""
-"The keybinding that switches to the workspace on the right of the current "
-"workspace. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
-"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
-"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"現在のワークスペースの右側にあるワークスペースへ切り替えるキーバインドを指定"
-"します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:110
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 1. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 1 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:111
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 10. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 10 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:112
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 11. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 11 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:113
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 12. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 12 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:114
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 2. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 2 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:115
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 3. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 3 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:116
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 4. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 4 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:117
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 5. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 5 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:118
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 6. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 6 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:119
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 7. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 7 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:120
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 8. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 8 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:121
-msgid ""
-"The keybinding that switches to workspace 9. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 9 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全"
-"に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
-"場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:122
-msgid ""
-"The keybinding used to activate the window menu. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウメニューをアクティブにするために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:123
-msgid ""
-"The keybinding used to close a window. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを閉じるために使うキーバインドを指定します。ウィンドウメニューをア"
-"クティブにするために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサ"
-"は完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
-"Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
-"設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:124
-msgid ""
-"The keybinding used to enter \"move mode\" and begin moving a window using "
-"the keyboard. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
-"case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". "
-"If you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
-"no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"\"移動モード\" に入りキーボードを使ってウィンドウの移動を開始するために使う"
-"キーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を"
-"許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできま"
-"す。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキー"
-"バインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:125
-msgid ""
-"The keybinding used to enter \"resize mode\" and begin resizing a window "
-"using the keyboard. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or "
-"upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
-"will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"\"サイズ変更モード\" に入りキーボードを使ってウィンドウのリサイズを開始するた"
-"めに使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるい"
-"は \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字"
-"や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略"
-"もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動"
-"作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:126
-msgid ""
-"The keybinding used to hide all normal windows and set the focus to the "
-"desktop background. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or "
-"upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
-"will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"通常のウィンドウをすべて隠しデスクトップの背景へフォーカスを設定するために使"
-"うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは "
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小"
-"文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もで"
-"きます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作の"
-"キーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:127
-msgid ""
-"The keybinding used to maximize a window. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを最大化するために使うキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:128
-msgid ""
-"The keybinding used to minimize a window. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを最小化するために使うキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:129
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window one workspace down. The format looks "
-"like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is "
-"fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such "
-"as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
-"special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
-"action."
-msgstr ""
-"一つ下のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定し"
-"ます。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
-"F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:130
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window one workspace to the left. The format "
-"looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The "
-"parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"左側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:131
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window one workspace to the right. The format "
-"looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The "
-"parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"右側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:132
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window one workspace up. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"一つ上のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定し"
-"ます。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
-"F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:133
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 1. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 1 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:134
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 10. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 10 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:135
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 11. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 11 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:136
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 12. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 12 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:137
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 2. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 2 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:138
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 3. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 3 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:139
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 4. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 4 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:140
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 5. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 5 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:141
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 6. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 6 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:142
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 7. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 7 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:143
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 8. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 8 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:144
-msgid ""
-"The keybinding used to move a window to workspace 9. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ワークスペース 9 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:145
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus backwards between panels and the desktop, "
-"using a popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or "
-"upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
-"will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを後方へ移動"
-"するために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" "
-"あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で"
-"大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のよう"
-"な省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、"
-"この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:146
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus backwards between panels and the desktop, "
-"without a popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or "
-"upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
-"will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを後方へ移動す"
-"るために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あ"
-"るいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大"
-"文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような"
-"省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、こ"
-"の動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:147
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus backwards between windows of an "
-"application without a popup window. Holding \"shift\" together with this "
-"binding makes the direction go forward again. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップすることなく、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間のフォー"
-"カスを後方へ移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと一緒に "
-"&lt;shift&g; キーを押すと逆に前方へ移動するようになります。指定する書式は "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは寛大な仕様になっており、大文字や小文字も許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:148
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus backwards between windows of an "
-"application, using a popup window. Holding \"shift\" together with this "
-"binding makes the direction go forward again. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップしながら、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間のフォーカス"
-"を後方に移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと一緒に &lt;"
-"shift&gt; キーを押すと逆に前方へ移動するようになります。指定する書式は \"&lt;"
-"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサ"
-"は完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
-"Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
-"設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:149
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus backwards between windows without a popup "
-"window. Holding \"shift\" together with this binding makes the direction go "
-"forward again. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
-"case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". "
-"If you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
-"no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを後方へ移動するために使う"
-"キーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を"
-"許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできま"
-"す。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキー"
-"バインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:150
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus backwards between windows, using a popup "
-"window. Holding \"shift\" together with this binding makes the direction go "
-"forward again. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
-"case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". "
-"If you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
-"no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューを使ってウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキー"
-"バインドを指定します。\"shift\" を一緒に押すと、前方へ移動するようになりま"
-"す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:151
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus between panels and the desktop, using a "
-"popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
-"case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". "
-"If you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
-"no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するた"
-"めに使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるい"
-"は \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字"
-"や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略"
-"もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動"
-"作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:152
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus between panels and the desktop, without a "
-"popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
-"&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
-"case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". "
-"If you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
-"no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するため"
-"に使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは "
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小"
-"文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もで"
-"きます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作の"
-"キーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:153
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus between windows of an application without "
-"a popup window. Holding the \"shift\" key while using this binding reverses "
-"the direction of movement. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or "
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows "
-"lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
-"then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップすることなしに、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間で"
-"フォーカスを移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと一緒に "
-"&lt;shift&gt; キーを押すと逆方向に移動します。ここで指定する書式は \"&lt;"
-"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサ"
-"は完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
-"Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
-"設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:154
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus between windows of an application, using a "
-"popup window. (Traditionally &lt;Alt&gt;F6) Holding the \"shift\" key while "
-"using this binding reverses the direction of movement. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップしながら、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間のフォーカス"
-"を移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと一緒に &lt;"
-"shift&gt; (伝統的には &lt;Alt&gt;F6) キーを押すと逆方向に移動します。ここで指"
-"定する書式は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" の"
-"ようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:155
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus between windows without a popup window. "
-"(Traditionally &lt;Alt&gt;Escape) Holding the \"shift\" key while using this "
-"binding reverses the direction of movement. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキーバ"
-"インドを指定します (伝統的には &lt;Alt&gt;Escape)。一緒に \"shift\" キーを押"
-"すと、移動の順序が逆になります。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは "
-"\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小"
-"文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もで"
-"きます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作の"
-"キーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:156
-msgid ""
-"The keybinding used to move focus between windows, using a popup window. "
-"(Traditionally &lt;Alt&gt;Tab) Holding the \"shift\" key while using this "
-"binding reverses the direction of movement. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ポップアップメニューを使ってウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキー"
-"バインドを指定します (伝統的には &lt;Alt&gt;Tab)。一緒に \"shift\" を押すと、"
-"移動の順序が逆になります。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を"
-"許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできま"
-"す。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキー"
-"バインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:157
-msgid ""
-"The keybinding used to toggle always on top. A window that is always on top "
-"will always be visible over other overlapping windows. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを常に前にだす状態を切り替える際に使用するキーバインドを指定しま"
-"す。常に前にだされたウィンドウは重ねられて表示される他のウィンドウの上に表示"
-"されます。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。"
-"そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な"
-"文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなく"
-"なります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:158
-msgid ""
-"The keybinding used to toggle fullscreen mode. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"フルスクリーンモードの切り替えに使うキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:159
-msgid ""
-"The keybinding used to toggle maximization. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"最大化の切り替えに使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
-"Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサ"
-"は完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
-"Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに"
-"設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:160
-msgid ""
-"The keybinding used to toggle shaded/unshaded state. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"シェード/非シェードの状態を切り替えるために使うキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:161
-msgid ""
-"The keybinding used to toggle whether the window is on all workspaces or "
-"just one. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
-"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
-"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウをすべてのワークスペースに含めるかどうかを切り替えるために使うキー"
-"バインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を"
-"許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできま"
-"す。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキー"
-"バインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:162
-msgid ""
-"The keybinding used to unmaximize a window. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウの最大化を元に戻すために使うキーバインドを指定します。フォーマット"
-"は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
-"す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" "
-"や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
-"プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:163
-msgid ""
-"The keybinding which display's the panel's \"Run Application\" dialog box. "
-"The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"パネルの \"コマンドを実行\" ダイアログを表示するキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:164
-msgid ""
-"The keybinding which invokes a terminal. The format looks like \"&lt;"
-"Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"端末を起動するキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" "
-"あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で"
-"大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のよう"
-"な省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、"
-"この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:165
-msgid ""
-"The keybinding which invokes the panel's screenshot utility to take a "
-"screenshot of a window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or "
-"upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
-"\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
-"will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"パネルのスクリーンショットユーティリティを使ってウィンドウのスクリーンショッ"
-"トを撮るキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるい"
-"は \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字"
-"や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略"
-"もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動"
-"作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:166
-msgid ""
-"The keybinding which invokes the panel's screenshot utility. The format "
-"looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The "
-"parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"パネルのスクリーンショットユーティリティを実行するキーバインドを指定します。"
-"フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
-"のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:167
-msgid ""
-"The keybinding which shows the panel's main menu. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"パネルのメインメニューを表示するキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:168
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:38
msgid "The name of a workspace."
msgstr "ワークスペースの名前"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:169
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:39
msgid "The screenshot command"
msgstr "スクリーンショットを撮影するコマンド"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:170
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:40
msgid ""
"The theme determines the appearance of window borders, titlebar, and so "
"forth."
msgstr "テーマはウィンドウの境界やタイトルバーなどの外観を決定します。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:171
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:41
msgid ""
"The time delay before raising a window if auto_raise is set to true. The "
"delay is given in thousandths of a second."
@@ -2014,7 +1208,7 @@ msgstr ""
"auto_raiseがtrueに設定されている場合に,ウィンドウを手前に表示するまでの遅延"
"時間を指定します.この遅延は1000分の1秒単位で指定します"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:172
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:42
msgid ""
"The window focus mode indicates how windows are activated. It has three "
"possible values; \"click\" means windows must be clicked in order to focus "
@@ -2029,210 +1223,11 @@ msgstr ""
"ドウがフォーカスされ,マウスがウィンドウから出る時にフォーカスが解除されるこ"
"とを意味します"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:173
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:43
msgid "The window screenshot command"
msgstr "ウィンドウのスクリーンショットを撮影するコマンド"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:174
-msgid ""
-"This keybinding changes whether a window is above or below other windows. If "
-"the window is covered by another one, it raises the window above all others, "
-"and if the window is already fully visible, it lowers it below all others. "
-"The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"このキーバインドはウィンドウを他のウィンドウの上あるいは下に置くかを変更しま"
-"す。もしウィンドウが別のウィンドウの下にある場合、ウィンドウを他のウィンドウ"
-"の上に表示します。もしウィンドウが完全に表示されている場合には、他のウィンド"
-"ウの下に配置します。ここで指定する書式は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;"
-"Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは寛大な仕様になっており、大文"
-"字や小文字も許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省"
-"略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この"
-"動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:175
-msgid ""
-"This keybinding lowers a window below other windows. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを一番奥に移動するために使うキーバインドを指定します。フォーマット"
-"は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
-"す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" "
-"や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
-"プションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:176
-msgid ""
-"This keybinding moves a window against the north (top) side of the screen. "
-"The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の上側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:177
-msgid ""
-"This keybinding moves a window into the east (right) side of the screen. The "
-"format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
-"The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の右側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドは無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:178
-msgid ""
-"This keybinding moves a window into the north-east (top right) corner of the "
-"screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
-"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
-"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の右上へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:179
-msgid ""
-"This keybinding moves a window into the north-west (top left) corner of the "
-"screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
-"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
-"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の左上へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:180
-msgid ""
-"This keybinding moves a window into the south (bottom) side of the screen. "
-"The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
-"\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の下側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:181
-msgid ""
-"This keybinding moves a window into the south-east (bottom right) corner of "
-"the screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
-"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
-"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の右下へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:182
-msgid ""
-"This keybinding moves a window into the south-west (bottom left) corner of "
-"the screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
-"Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
-"and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you "
-"set the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
-"keybinding for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の左下へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:183
-msgid ""
-"This keybinding moves a window into the west (left) side of the screen. The "
-"format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
-"The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを画面の左側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマットは "
-"\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
-"パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
-"\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプ"
-"ションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:184
-msgid ""
-"This keybinding raises the window above other windows. The format looks like "
-"\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
-"liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;"
-"Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
-"\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
-msgstr ""
-"他のウィンドウよりも手前にウィンドウを表示するために使うキーバインドを指定し"
-"ます。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
-"F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
-"\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
-"\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなりま"
-"す。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:185
-msgid ""
-"This keybinding resizes a window to fill available horizontal space. The "
-"format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
-"The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを水平に可能な限り最大化するキーバインドを指定します。フォーマット"
-"は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
-"す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" "
-"や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
-"プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:186
-msgid ""
-"This keybinding resizes a window to fill available vertical space. The "
-"format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
-"The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
-"abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the "
-"option to the special string \"disabled\", then there will be no keybinding "
-"for this action."
-msgstr ""
-"ウィンドウを垂直に可能な限り最大化するキーバインドを指定します。フォーマット"
-"は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
-"す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" "
-"や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
-"プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:187
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:44
msgid ""
"This option determines the effects of double-clicking on the title bar. "
"Current valid options are 'toggle_shade', which will shade/unshade the "
@@ -2252,7 +1247,7 @@ msgstr ""
"ドウを巻き上げる)、'menu' (ウィンドウ・メニューを表示する)、'lower' (ウィンド"
"ウを一番後ろに回す)、'none' (何もしない)"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:188
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:45
msgid ""
"This option determines the effects of middle-clicking on the title bar. "
"Current valid options are 'toggle_shade', which will shade/unshade the "
@@ -2272,7 +1267,7 @@ msgstr ""
"ドウを巻き上げる)、'menu' (ウィンドウ・メニューを表示する)、'lower' (ウィンド"
"ウを一番後ろに回す)、'none' (何もしない)"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:189
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:46
msgid ""
"This option determines the effects of right-clicking on the title bar. "
"Current valid options are 'toggle_shade', which will shade/unshade the "
@@ -2292,7 +1287,7 @@ msgstr ""
"ドウを巻き上げる)、'menu' (ウィンドウ・メニューを表示する)、'lower' (ウィンド"
"ウを一番後ろに回す)、'none' (何もしない)"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:190
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:47
msgid ""
"This option provides additional control over how newly created windows get "
"focus. It has two possible values; \"smart\" applies the user's normal focus "
@@ -2304,27 +1299,7 @@ msgstr ""
"フォーカス・モードを適用します)、\"strict\" (端末から起動したアプリのウィンド"
"ウにはフォーカスを与えないようにします)"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:191
-msgid "Toggle always on top state"
-msgstr "常に前に出すの状態を切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:192
-msgid "Toggle fullscreen mode"
-msgstr "フル・スクリーン表示を切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:193
-msgid "Toggle maximization state"
-msgstr "最大化/最小化の状態を切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:194
-msgid "Toggle shaded state"
-msgstr "シェードの状態を切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:195
-msgid "Toggle window on all workspaces"
-msgstr "ウィンドウを全ワークスペースに配置するか切り替える"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:196
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:48
msgid ""
"Turns on a visual indication when an application or the system issues a "
"'bell' or 'beep'; useful for the hard-of-hearing and for use in noisy "
@@ -2334,71 +1309,76 @@ msgstr ""
"的に通知するようにします。難聴のユーザや騒々しい環境で作業するユーザには便利"
"です。"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:197
-msgid "Unmaximize window"
-msgstr "ウィンドウの最大化を解除する"
-
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:198
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:49
msgid "Use standard system font in window titles"
msgstr "ウィンドウのタイトルに標準のシステム・フォントを使う"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:199
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:50
msgid "Visual Bell Type"
msgstr "視覚的なベルの種類"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:200
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:51
msgid "Whether raising should be a side-effect of other user interactions"
msgstr "他のユーザ操作による副作用としてウィンドウを前面に出すかどうか"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:201
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:52
+msgid "Whether to resize with the right button"
+msgstr "右ボタンで大きさを変更するかどうか"
+
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:53
msgid "Window focus mode"
msgstr "ウィンドウ・フォーカスのモード"
-#: ../src/metacity.schemas.in.h:202
+#: ../src/metacity.schemas.in.in.h:54
msgid "Window title font"
msgstr "ウィンドウ・タイトルのフォント"
-#: ../src/ui/frames.c:1077
+#: ../src/tools/metacity-message.c:150
+#, c-format
+msgid "Usage: %s\n"
+msgstr "用法: %s\n"
+
+#: ../src/ui/frames.c:1118
msgid "Close Window"
msgstr "ウィンドウを閉じます"
-#: ../src/ui/frames.c:1080
+#: ../src/ui/frames.c:1121
msgid "Window Menu"
msgstr "ウィンドウ・メニューを表示します"
-#: ../src/ui/frames.c:1083
+#: ../src/ui/frames.c:1124
msgid "Minimize Window"
msgstr "ウィンドウを最小化します"
-#: ../src/ui/frames.c:1086
+#: ../src/ui/frames.c:1127
msgid "Maximize Window"
msgstr "ウィンドウを最大化します"
-#: ../src/ui/frames.c:1089
-msgid "Unmaximize Window"
-msgstr "ウィンドウを元のサイズに戻します"
+#: ../src/ui/frames.c:1130
+msgid "Restore Window"
+msgstr "ウィンドウを復帰する"
-#: ../src/ui/frames.c:1092
+#: ../src/ui/frames.c:1133
msgid "Roll Up Window"
msgstr "ウィンドウを巻き上げます"
-#: ../src/ui/frames.c:1095
+#: ../src/ui/frames.c:1136
msgid "Unroll Window"
msgstr "ウィンドウの巻き上げを解除します"
-#: ../src/ui/frames.c:1098
+#: ../src/ui/frames.c:1139
msgid "Keep Window On Top"
msgstr "ウィンドウを最前面に維持します"
-#: ../src/ui/frames.c:1101
+#: ../src/ui/frames.c:1142
msgid "Remove Window From Top"
msgstr "ウィンドウを最前面の維持から解除します"
-#: ../src/ui/frames.c:1104
+#: ../src/ui/frames.c:1145
msgid "Always On Visible Workspace"
msgstr "全てのワークスペースに配置します"
-#: ../src/ui/frames.c:1107
+#: ../src/ui/frames.c:1148
msgid "Put Window On Only One Workspace"
msgstr "現在のワークスペースにのみ配置します"
@@ -2508,7 +1488,7 @@ msgstr "別のワークスペースへ移動する(_W)"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:105
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:104
msgid "Shift"
msgstr "Shift"
@@ -2517,7 +1497,7 @@ msgstr "Shift"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:111
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:110
msgid "Ctrl"
msgstr "Ctrl"
@@ -2526,7 +1506,7 @@ msgstr "Ctrl"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:117
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:116
msgid "Alt"
msgstr "Alt"
@@ -2535,7 +1515,7 @@ msgstr "Alt"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:123
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:122
msgid "Meta"
msgstr "Meta"
@@ -2544,7 +1524,7 @@ msgstr "Meta"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:129
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:128
msgid "Super"
msgstr "Super"
@@ -2553,7 +1533,7 @@ msgstr "Super"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:135
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:134
msgid "Hyper"
msgstr "Hyper"
@@ -2562,7 +1542,7 @@ msgstr "Hyper"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:141
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:140
msgid "Mod2"
msgstr "Mod2"
@@ -2571,7 +1551,7 @@ msgstr "Mod2"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:147
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:146
msgid "Mod3"
msgstr "Mod3"
@@ -2580,7 +1560,7 @@ msgstr "Mod3"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:153
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:152
msgid "Mod4"
msgstr "Mod4"
@@ -2589,110 +1569,340 @@ msgstr "Mod4"
#. * translated on keyboards used for your language, don't translate
#. * this.
#.
-#: ../src/ui/metaaccellabel.c:159
+#: ../src/ui/metaaccellabel.c:158
msgid "Mod5"
msgstr "Mod5"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:90
+#. Translators: This represents the size of a window. The first number is
+#. * the width of the window and the second is the height.
+#.
+#: ../src/ui/resizepopup.c:113
#, c-format
-msgid "\"%s\" is not responding."
-msgstr "\"%s\" から応答がありません。"
+msgid "%d x %d"
+msgstr "%d x %d"
+
+#: ../src/ui/theme.c:254
+msgid "top"
+msgstr "上"
+
+#: ../src/ui/theme.c:256
+msgid "bottom"
+msgstr "下"
+
+#: ../src/ui/theme.c:258
+msgid "left"
+msgstr "左"
+
+#: ../src/ui/theme.c:260
+msgid "right"
+msgstr "右"
+
+#: ../src/ui/theme.c:287
+#, c-format
+msgid "frame geometry does not specify \"%s\" dimension"
+msgstr "フレームジオメトリは \"%s\" のサイズを指定しません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:306
+#, c-format
+msgid "frame geometry does not specify dimension \"%s\" for border \"%s\""
+msgstr "境界 \"%2$s\" 用のフレームジオメトリは大きさ \"%1$s\" を指定しません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:343
+#, c-format
+msgid "Button aspect ratio %g is not reasonable"
+msgstr "ボタンのアスペクト比 %g は妥当ではありません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:355
+#, c-format
+msgid "Frame geometry does not specify size of buttons"
+msgstr "フレームジオメトリはボタンのサイズを指定しません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1020
+#, c-format
+msgid "Gradients should have at least two colors"
+msgstr "階調度は少なくとも2つの色をもつべきです"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1146
+#, c-format
+msgid ""
+"GTK color specification must have the state in brackets, e.g. gtk:fg[NORMAL] "
+"where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
+msgstr ""
+"\"%s\" を解析できませんでした; GTK の色指定では gtk:fg[NORMAL] のように状態を"
+"大括弧で囲み指定する必要があります (NORMAL は状態を示す)"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:97
+#: ../src/ui/theme.c:1160
+#, c-format
msgid ""
-"You may choose to wait a short while for it to continue or force the "
-"application to quit entirely."
+"GTK color specification must have a close bracket after the state, e.g. gtk:"
+"fg[NORMAL] where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
msgstr ""
-"応答があるまで待機するか、または強制的にアプリケーションを終了するか選択して"
-"下さい。"
+"\"%s\" を解析できませんでした; GTK の色指定では gtk:fg[NORMAL] のように状態の"
+"後に右大括弧をつける必要があります (NORMAL は状態を示す)"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:107
-msgid "_Wait"
-msgstr "待機する(_W)"
+#: ../src/ui/theme.c:1171
+#, c-format
+msgid "Did not understand state \"%s\" in color specification"
+msgstr "色指定で状態 \"%s\" は理解しませんでした"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:109
-msgid "_Force Quit"
-msgstr "強制終了する(_F)"
+#: ../src/ui/theme.c:1184
+#, c-format
+msgid "Did not understand color component \"%s\" in color specification"
+msgstr "色指定でカラーコンポーネント \"%s\" は理解しませんでした"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:206
-msgid "Title"
-msgstr "タイトル"
+#: ../src/ui/theme.c:1214
+#, c-format
+msgid ""
+"Blend format is \"blend/bg_color/fg_color/alpha\", \"%s\" does not fit the "
+"format"
+msgstr ""
+"混合色のフォーマットは \"blend/bg_color/fg_color/alpha\" で,\"%s\" はこの"
+"フォーマットに適合していません"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:218
-msgid "Class"
-msgstr "クラス"
+#: ../src/ui/theme.c:1225
+#, c-format
+msgid "Could not parse alpha value \"%s\" in blended color"
+msgstr "混合色のアルファ値 \"%s\" を解析できませんでした"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:244
+#: ../src/ui/theme.c:1235
+#, c-format
+msgid "Alpha value \"%s\" in blended color is not between 0.0 and 1.0"
+msgstr "混合色のアルファ値 \"%s\" は 0.0 から 1.0 の間ではありません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1282
+#, c-format
msgid ""
-"These windows do not support \"save current setup\" and will have to be "
-"restarted manually next time you log in."
+"Shade format is \"shade/base_color/factor\", \"%s\" does not fit the format"
msgstr ""
-"これらのウィンドウは \"現在の設定を保存する\" 機能をサポートしません。次回ロ"
-"グインする時に手動で再起動して下さい。"
+"シェードのフォーマットは \"shade/base_color/factor\" で,\"%s\" はこのフォー"
+"マットに適合していません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1293
+#, c-format
+msgid "Could not parse shade factor \"%s\" in shaded color"
+msgstr "シェードカラーのシェード係数 \"%s\" をパスできませんでした"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1303
+#, c-format
+msgid "Shade factor \"%s\" in shaded color is negative"
+msgstr "シェードカラーのシェード係数 \"%s\" が負の値です"
-#: ../src/ui/metacity-dialog.c:310
+#: ../src/ui/theme.c:1332
+#, c-format
+msgid "Could not parse color \"%s\""
+msgstr "色 \"%s\" を解析できませんでした"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1582
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression contains character '%s' which is not allowed"
+msgstr "許可されていない文字 '%s' が座標式に含まれています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1609
#, c-format
msgid ""
-"There was an error running \"%s\":\n"
-"%s."
+"Coordinate expression contains floating point number '%s' which could not be "
+"parsed"
+msgstr "解析できない浮動小数点数 '%s' が座標式に含まれています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1623
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression contains integer '%s' which could not be parsed"
+msgstr "解析できない整数 '%s' が座標式に含まれています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1745
+#, c-format
+msgid ""
+"Coordinate expression contained unknown operator at the start of this text: "
+"\"%s\""
+msgstr "座標式は次のテキストの先頭に無効な演算子を含んでいました: \"%s\""
+
+#: ../src/ui/theme.c:1802
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression was empty or not understood"
+msgstr "座標式が空か解析不能です"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1913 ../src/ui/theme.c:1923 ../src/ui/theme.c:1957
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression results in division by zero"
+msgstr "座標式はゼロで除算しました"
+
+#: ../src/ui/theme.c:1965
+#, c-format
+msgid ""
+"Coordinate expression tries to use mod operator on a floating-point number"
+msgstr "座標式は浮動小数点で mod 演算子を使用しようとしています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2021
+#, c-format
+msgid ""
+"Coordinate expression has an operator \"%s\" where an operand was expected"
+msgstr "座標式はオペランドが必要な場所に演算子 \"%s\" を使用しています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2030
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression had an operand where an operator was expected"
+msgstr "座標式は演算子が必要な場所でオペランドを使用しています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2038
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression ended with an operator instead of an operand"
+msgstr "座標式はオペランドの代わりに演算子で終わっています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2048
+#, c-format
+msgid ""
+"Coordinate expression has operator \"%c\" following operator \"%c\" with no "
+"operand in between"
msgstr ""
-"\"%s\"が動作中にエラーがありました:\n"
-"%s"
+"座標式は演算子 \"%2$c\" の後に演算子 \"%1$c\" が続いており,これらの間にオペ"
+"ランドがありません"
-#: ../src/ui/resizepopup.c:113
+#: ../src/ui/theme.c:2195 ../src/ui/theme.c:2236
#, c-format
-msgid "%d x %d"
-msgstr "%d x %d"
+msgid "Coordinate expression had unknown variable or constant \"%s\""
+msgstr "座標式は無効な値または定数 \"%s\" が使用されていました"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2290
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression parser overflowed its buffer."
+msgstr "座標式を解析する際にオーバーフローが発生しました"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:227 ../src/ui/theme-parser.c:245
+#: ../src/ui/theme.c:2319
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression had a close parenthesis with no open parenthesis"
+msgstr "座標式は左括弧がなしに右括弧が指定されています"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2383
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression had an open parenthesis with no close parenthesis"
+msgstr "座標式は左括弧が指定されていますが,右括弧がありません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2394
+#, c-format
+msgid "Coordinate expression doesn't seem to have any operators or operands"
+msgstr "座標式は演算子もオペランドも使用していないようです"
+
+#: ../src/ui/theme.c:2596 ../src/ui/theme.c:2616 ../src/ui/theme.c:2636
+#, c-format
+msgid "Theme contained an expression that resulted in an error: %s\n"
+msgstr "テーマにエラーを引き起こす式が含まれていました: %s\n"
+
+#: ../src/ui/theme.c:4203
+#, c-format
+msgid ""
+"<button function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> must be "
+"specified for this frame style"
+msgstr ""
+"このフレームスタイルは <button function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops="
+"\"whatever\"/> を指定する必要があります"
+
+#: ../src/ui/theme.c:4711 ../src/ui/theme.c:4736
+#, c-format
+msgid ""
+"Missing <frame state=\"%s\" resize=\"%s\" focus=\"%s\" style=\"whatever\"/>"
+msgstr ""
+"<frame state=\"%s\" resize=\"%s\" focus=\"%s\" style=\"whatever\"/>がありませ"
+"ん"
+
+#: ../src/ui/theme.c:4780
+#, c-format
+msgid "Failed to load theme \"%s\": %s\n"
+msgstr "テーマ \"%s\" の読み込みに失敗しました: %s\n"
+
+#: ../src/ui/theme.c:4910 ../src/ui/theme.c:4917 ../src/ui/theme.c:4924
+#: ../src/ui/theme.c:4931 ../src/ui/theme.c:4938
+#, c-format
+msgid "No <%s> set for theme \"%s\""
+msgstr "テーマ \"%1$s\" の <%2$s> が設定されていません"
+
+#: ../src/ui/theme.c:4946
+#, c-format
+msgid ""
+"No frame style set for window type \"%s\" in theme \"%s\", add a <window "
+"type=\"%s\" style_set=\"whatever\"/> element"
+msgstr ""
+"テーマ \"%2$s\" にウィンドウタイプ \"%1$s\" のフレームスタイルが設定されてい"
+"ません.<window type=\"%3$s\" style_set=\"whatever\"/> エレメントを追加してく"
+"ださい"
+
+#: ../src/ui/theme.c:5389 ../src/ui/theme.c:5451 ../src/ui/theme.c:5514
+#, c-format
+msgid ""
+"User-defined constants must begin with a capital letter; \"%s\" does not"
+msgstr "ユーザ定義の定数は大文字で始まらなければなりません; \"%s\" は違います"
+
+#: ../src/ui/theme.c:5397 ../src/ui/theme.c:5459 ../src/ui/theme.c:5522
+#, c-format
+msgid "Constant \"%s\" has already been defined"
+msgstr "定数 \"%s\" は既に定義されています"
+
+#. Translators: This means that an attribute which should have been found
+#. * on an XML element was not in fact found.
+#.
+#: ../src/ui/theme-parser.c:202
+#, c-format
+msgid "No \"%s\" attribute on element <%s>"
+msgstr "エレメント <%2$s> に \"%1$s\" 属性がありません"
+
+#: ../src/ui/theme-parser.c:231 ../src/ui/theme-parser.c:249
#, c-format
msgid "Line %d character %d: %s"
msgstr "%d 行目 %d 文字目: %s"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:396
+#: ../src/ui/theme-parser.c:413
#, c-format
msgid "Attribute \"%s\" repeated twice on the same <%s> element"
msgstr "同じ <%2$s> エレメント上で属性 \"%1$s\" が 2 度繰り返されました"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:414 ../src/ui/theme-parser.c:439
+#: ../src/ui/theme-parser.c:437 ../src/ui/theme-parser.c:480
#, c-format
msgid "Attribute \"%s\" is invalid on <%s> element in this context"
msgstr "このコンテキスト内では <%2$s> エレメント上の属性 \"%1$s\" は無効です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:500
+#: ../src/ui/theme-parser.c:522
+#, c-format
+msgid "Could not parse \"%s\" as an integer"
+msgstr "\"%s\"を整数として構文解釈できませんでした"
+
+#: ../src/ui/theme-parser.c:531 ../src/ui/theme-parser.c:586
+#, c-format
+msgid "Did not understand trailing characters \"%s\" in string \"%s\""
+msgstr "末尾の文字列 \"%s\" (文字列 \"%s\") を理解できませんでした"
+
+#: ../src/ui/theme-parser.c:541
#, c-format
msgid "Integer %ld must be positive"
msgstr "整数 %ld は正数でなければなりません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:508
+#: ../src/ui/theme-parser.c:549
#, c-format
msgid "Integer %ld is too large, current max is %d"
msgstr "整数 %ld は大きすぎます,現在の最大は %d です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:536 ../src/ui/theme-parser.c:652
+#: ../src/ui/theme-parser.c:577 ../src/ui/theme-parser.c:693
#, c-format
msgid "Could not parse \"%s\" as a floating point number"
msgstr "浮動小数点として \"%s\" を解析できませんでした"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:567 ../src/ui/theme-parser.c:595
+#: ../src/ui/theme-parser.c:608 ../src/ui/theme-parser.c:636
#, c-format
msgid "Boolean values must be \"true\" or \"false\" not \"%s\""
msgstr ""
"ブール値は \"true\" か \"false\" でなければならず \"%s\" ではありません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:622
+#: ../src/ui/theme-parser.c:663
#, c-format
msgid "Angle must be between 0.0 and 360.0, was %g\n"
msgstr "角度は 0.0 から 360.0 の間でなければなりませんが,%g でした\n"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:685
+#: ../src/ui/theme-parser.c:726
#, c-format
msgid "Alpha must be between 0.0 (invisible) and 1.0 (fully opaque), was %g\n"
msgstr ""
"アルファ値は 0.0 (不可視)と 1.0 (完全に不透明) の間でなければなりませんが,%"
"g でした\n"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:750
+#: ../src/ui/theme-parser.c:791
#, c-format
msgid ""
"Invalid title scale \"%s\" (must be one of xx-small,x-small,small,medium,"
@@ -2701,373 +1911,187 @@ msgstr ""
"無効なタイトルスケール \"%s\" です (xx-small,x-small,small,medium,large,x-"
"large,xx-large のひとつでなければなりません)\n"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:795 ../src/ui/theme-parser.c:803
-#: ../src/ui/theme-parser.c:885 ../src/ui/theme-parser.c:982
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1024 ../src/ui/theme-parser.c:1135
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1185 ../src/ui/theme-parser.c:1193
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3093 ../src/ui/theme-parser.c:3184
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3191 ../src/ui/theme-parser.c:3198
-#, c-format
-msgid "No \"%s\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%2$s> エレメント上に \"%1$s\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:919 ../src/ui/theme-parser.c:990
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1032 ../src/ui/theme-parser.c:1143
+#: ../src/ui/theme-parser.c:936 ../src/ui/theme-parser.c:999
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1033 ../src/ui/theme-parser.c:1136
#, c-format
msgid "<%s> name \"%s\" used a second time"
msgstr "<%s> の名前 \"%s\"が2回使われています"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:931 ../src/ui/theme-parser.c:1044
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1155
+#: ../src/ui/theme-parser.c:948 ../src/ui/theme-parser.c:1045
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1148
#, c-format
msgid "<%s> parent \"%s\" has not been defined"
msgstr "<%s> の親 \"%s\" は定義されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1057
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1058
#, c-format
msgid "<%s> geometry \"%s\" has not been defined"
msgstr "<%s> のジオメトリ \"%s\" は定義されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1070
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1071
#, c-format
msgid "<%s> must specify either a geometry or a parent that has a geometry"
msgstr ""
"<%s> はジオメトリ,またはジオメトリを持つ親のどちらかを指定しなければなりませ"
"ん"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1112
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1113
msgid "You must specify a background for an alpha value to be meaningful"
msgstr "背景色の妥当なアルファ値を指定して下さい"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1203
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1180
#, c-format
msgid "Unknown type \"%s\" on <%s> element"
msgstr "<%2$s> エレメント上に不明なタイプ \"%1$s\" があります"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1214
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1191
#, c-format
msgid "Unknown style_set \"%s\" on <%s> element"
msgstr "<%2$s> エレメント上に不明な style_set \"%1$s\" があります"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1222
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1199
#, c-format
msgid "Window type \"%s\" has already been assigned a style set"
msgstr "ウィンドウタイプ \"%s\" はすでにスタイル設定に割り当てられています"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1258
-msgid "Theme already has a fallback icon"
-msgstr "既にテーマをアイコンに戻しました"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1270
-msgid "Theme already has a fallback mini_icon"
-msgstr "既にテーマを小さなアイコンに戻しました"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1283 ../src/ui/theme-parser.c:1347
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1636 ../src/ui/theme-parser.c:3285
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3339 ../src/ui/theme-parser.c:3511
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3727 ../src/ui/theme-parser.c:3765
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3803 ../src/ui/theme-parser.c:3841
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1229 ../src/ui/theme-parser.c:1293
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1519 ../src/ui/theme-parser.c:2740
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2786 ../src/ui/theme-parser.c:2934
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3126 ../src/ui/theme-parser.c:3164
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3202 ../src/ui/theme-parser.c:3240
#, c-format
msgid "Element <%s> is not allowed below <%s>"
msgstr "エレメント <%s> は <%s> の下では許可されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1373 ../src/ui/theme-parser.c:1460
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1530
-#, c-format
-msgid "No \"name\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"name\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1380 ../src/ui/theme-parser.c:1467
-#, c-format
-msgid "No \"value\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"value\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1411 ../src/ui/theme-parser.c:1425
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1484
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1343 ../src/ui/theme-parser.c:1357
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1402
msgid ""
-"Cannot specify both button_width/button_height and aspect ratio for buttons"
-msgstr "ボタンには高さ/幅とアスペクト比の両方のプロパティを指定できません"
+"Cannot specify both \"button_width\"/\"button_height\" and \"aspect_ratio\" "
+"for buttons"
+msgstr ""
+"\"button_width\"/\"button_height\" と \"aspect_ratio\" の両方のプロパティを指"
+"定することはできません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1434
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1366
#, c-format
msgid "Distance \"%s\" is unknown"
msgstr "間隔 \"%s\" は不明です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1493
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1411
#, c-format
msgid "Aspect ratio \"%s\" is unknown"
msgstr "アスペクト比\"%s\"は不明です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1537
-#, c-format
-msgid "No \"top\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"top\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1544
-#, c-format
-msgid "No \"bottom\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"bottom\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1551
-#, c-format
-msgid "No \"left\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"left\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1558
-#, c-format
-msgid "No \"right\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"right\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1590
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1473
#, c-format
msgid "Border \"%s\" is unknown"
msgstr "境界 \"%s\" は不明です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1736 ../src/ui/theme-parser.c:1850
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1961 ../src/ui/theme-parser.c:2192
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3023
-#, c-format
-msgid "No \"color\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"color\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1743
-#, c-format
-msgid "No \"x1\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"x1\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1750 ../src/ui/theme-parser.c:2864
-#, c-format
-msgid "No \"y1\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"y1\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1757
-#, c-format
-msgid "No \"x2\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"x2\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1764 ../src/ui/theme-parser.c:2871
-#, c-format
-msgid "No \"y2\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"y2\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1857 ../src/ui/theme-parser.c:1968
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2117 ../src/ui/theme-parser.c:2199
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2306 ../src/ui/theme-parser.c:2408
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2630 ../src/ui/theme-parser.c:2758
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2857 ../src/ui/theme-parser.c:2934
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3030
-#, c-format
-msgid "No \"x\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"x\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1864 ../src/ui/theme-parser.c:1975
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2124 ../src/ui/theme-parser.c:2206
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2313 ../src/ui/theme-parser.c:2415
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2637 ../src/ui/theme-parser.c:2765
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2941 ../src/ui/theme-parser.c:3037
-#, c-format
-msgid "No \"y\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"y\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1871 ../src/ui/theme-parser.c:1982
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2131 ../src/ui/theme-parser.c:2213
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2320 ../src/ui/theme-parser.c:2422
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2644 ../src/ui/theme-parser.c:2772
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2948
-#, c-format
-msgid "No \"width\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"width\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1878 ../src/ui/theme-parser.c:1989
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2138 ../src/ui/theme-parser.c:2220
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2327 ../src/ui/theme-parser.c:2429
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2651 ../src/ui/theme-parser.c:2779
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2955
-#, c-format
-msgid "No \"height\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"height\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:1998
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1784
#, c-format
msgid "No \"start_angle\" or \"from\" attribute on element <%s>"
msgstr "エレメント <%s> に \"start_angle\" または \"from\" 属性はありません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2005
+#: ../src/ui/theme-parser.c:1791
#, c-format
msgid "No \"extent_angle\" or \"to\" attribute on element <%s>"
msgstr ""
"エレメント <%s> に \"extent_angle\" または \"to\" 属性はありません\n"
" "
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2014
-#, c-format
-msgid "No \"start_angle\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"start_angle\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2021
-#, c-format
-msgid "No \"extent_angle\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"extent_angle\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2227
-#, c-format
-msgid "No \"alpha\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"alpha\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2299
-#, c-format
-msgid "No \"type\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"type\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2349
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2031
#, c-format
msgid "Did not understand value \"%s\" for type of gradient"
msgstr "階調度のタイプの値 \"%s\" は解釈されませんでした"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2436
-#, c-format
-msgid "No \"filename\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"filename\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2461 ../src/ui/theme-parser.c:2980
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2109 ../src/ui/theme-parser.c:2484
#, c-format
msgid "Did not understand fill type \"%s\" for <%s> element"
msgstr "<%2$s>エレメント用のフィルタイプ \"%1$s\"は解釈されませんでした"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2609 ../src/ui/theme-parser.c:2744
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2850
-#, c-format
-msgid "No \"state\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"state\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2616 ../src/ui/theme-parser.c:2751
-#, c-format
-msgid "No \"shadow\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"shadow\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2623
-#, c-format
-msgid "No \"arrow\" attribute on element <%s>"
-msgstr "エレメント <%s> に \"arrow\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2676 ../src/ui/theme-parser.c:2800
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2891
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2276 ../src/ui/theme-parser.c:2359
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2422
#, c-format
msgid "Did not understand state \"%s\" for <%s> element"
msgstr "<%2$s> エレメント用の状態 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2686 ../src/ui/theme-parser.c:2810
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2286 ../src/ui/theme-parser.c:2369
#, c-format
msgid "Did not understand shadow \"%s\" for <%s> element"
msgstr "<%2$s> エレメント用の影 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:2696
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2296
#, c-format
msgid "Did not understand arrow \"%s\" for <%s> element"
msgstr "<%2$s> エレメント用の矢印 \"%1$s\" は解釈されませんでした"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3120 ../src/ui/theme-parser.c:3237
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2596 ../src/ui/theme-parser.c:2692
#, c-format
msgid "No <draw_ops> called \"%s\" has been defined"
msgstr "\"%s\"を呼ぶ <draw_ops> は定義されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3132 ../src/ui/theme-parser.c:3249
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2608 ../src/ui/theme-parser.c:2704
#, c-format
msgid "Including draw_ops \"%s\" here would create a circular reference"
msgstr "ここに draw_ops \"%s\" を含めると循環参照が生成されます"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3314
-#, c-format
-msgid "No \"value\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s> エレメントに \"value\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3371
-#, c-format
-msgid "No \"position\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s> エレメントに \"position\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3380
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2819
#, c-format
msgid "Unknown position \"%s\" for frame piece"
msgstr "フレーム要素の場所 \"%s\" は不明です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3388
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2827
#, c-format
msgid "Frame style already has a piece at position %s"
msgstr "フレームスタイルはすでに場所 %s に要素を持っています"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3405 ../src/ui/theme-parser.c:3496
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2844 ../src/ui/theme-parser.c:2919
#, c-format
msgid "No <draw_ops> with the name \"%s\" has been defined"
msgstr "名前 \"%s\" で <draw_ops>が定義されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3433
-#, c-format
-msgid "No \"function\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s> エレメントに \"function\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3441 ../src/ui/theme-parser.c:3557
-#, c-format
-msgid "No \"state\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s> エレメントに \"state\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3450
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2873
#, c-format
msgid "Unknown function \"%s\" for button"
msgstr "ボタンのための機能 \"%s\" は不明です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3459
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2882
#, c-format
msgid "Button function \"%s\" does not exist in this version (%d, need %d)"
msgstr ""
"このバージョンでは \"%s\" というボタンの機能は提供していません (現 %d, 要 %d)"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3471
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2894
#, c-format
msgid "Unknown state \"%s\" for button"
msgstr "ボタンのための状態 \"%s\" は不明です"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3479
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2902
#, c-format
msgid "Frame style already has a button for function %s state %s"
msgstr "フレームスタイルはすでに機能 %s 状態 %s のボタンを持っています"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3549
-#, c-format
-msgid "No \"focus\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s> エレメントに \"focus\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3565
-#, c-format
-msgid "No \"style\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s> エレメントに \"style\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3574
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2973
#, c-format
msgid "\"%s\" is not a valid value for focus attribute"
msgstr "\"%s\" はフォーカス属性のためには有効な値ではありません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3583
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2982
#, c-format
msgid "\"%s\" is not a valid value for state attribute"
msgstr "\"%s\" は状態の属性のためには有効な値ではありません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3593
+#: ../src/ui/theme-parser.c:2992
#, c-format
msgid "A style called \"%s\" has not been defined"
msgstr "\"%s\" に呼ばれるスタイルは定義されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3604
-#, c-format
-msgid "No \"resize\" attribute on <%s> element"
-msgstr "<%s> エレメントに \"resize\" 属性がありません"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3614 ../src/ui/theme-parser.c:3637
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3013 ../src/ui/theme-parser.c:3036
#, c-format
msgid "\"%s\" is not a valid value for resize attribute"
msgstr "\"%s\" はリサイズ属性のためには有効な値ではありません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3648
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3047
#, c-format
msgid ""
"Should not have \"resize\" attribute on <%s> element for maximized/shaded "
@@ -3075,24 +2099,24 @@ msgid ""
msgstr ""
"最大化/シェード化のための <%s> エレメントには \"resize\" 属性を指定できません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3662
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3061
#, c-format
msgid ""
"Should not have \"resize\" attribute on <%s> element for maximized states"
msgstr "最大化のための <%s> エレメントには \"resize\" 属性を指定できません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3676 ../src/ui/theme-parser.c:3698
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3075 ../src/ui/theme-parser.c:3097
#, c-format
msgid "Style has already been specified for state %s resize %s focus %s"
msgstr ""
"状態 %s リサイズ %s フォーカス %s のためのスタイルはすでに指定されています"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3687 ../src/ui/theme-parser.c:3709
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3086 ../src/ui/theme-parser.c:3108
#, c-format
msgid "Style has already been specified for state %s focus %s"
msgstr "状態 %s フォーカス %s のためのスタイルはすでに指定されています"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3748
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3147
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <piece> element (theme specified a draw_ops "
"attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
@@ -3101,7 +2125,7 @@ msgstr ""
"属性と <draw_ops> エレメントが指定されたか,あるいは 2 つのエレメントが指定さ"
"れました)"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3786
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3185
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <button> element (theme specified a draw_ops "
"attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
@@ -3110,7 +2134,7 @@ msgstr ""
"draw_ops 属性と <draw_ops> エレメントが指定されたか,あるいは 2 つのエレメン"
"トが指定されました)"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3824
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3223
msgid ""
"Can't have a two draw_ops for a <menu_icon> element (theme specified a "
"draw_ops attribute and also a <draw_ops> element, or specified two elements)"
@@ -3119,14 +2143,14 @@ msgstr ""
"draw_ops 属性と <draw_ops> エレメントが指定されたか,あるいは 2 つのエレメン"
"トが指定されました)"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3872
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3271
#, c-format
msgid "Outermost element in theme must be <metacity_theme> not <%s>"
msgstr ""
"テーマの最も外側のエレメントは <metacity_theme> でなければならず,<%s>ではあ"
"りません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3892
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3291
#, c-format
msgid ""
"Element <%s> is not allowed inside a name/author/date/description element"
@@ -3134,12 +2158,12 @@ msgstr ""
"エレメント <%s> は name/author/date/description エレメントの内側に許可されて"
"いません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3897
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3296
#, c-format
msgid "Element <%s> is not allowed inside a <constant> element"
msgstr "エレメント <%s> は <constant> エレメントの内側に許可されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3909
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3308
#, c-format
msgid ""
"Element <%s> is not allowed inside a distance/border/aspect_ratio element"
@@ -3147,56 +2171,43 @@ msgstr ""
"エレメント <%s> はdistance/border/aspect_ratioエレメントの内側に許可されてい"
"ません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3931
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3330
#, c-format
msgid "Element <%s> is not allowed inside a draw operation element"
msgstr "エレメント <%s> は描画処理エレメントの内側に許可されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3941 ../src/ui/theme-parser.c:3971
-#: ../src/ui/theme-parser.c:3976 ../src/ui/theme-parser.c:3981
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3340 ../src/ui/theme-parser.c:3370
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3375 ../src/ui/theme-parser.c:3380
#, c-format
msgid "Element <%s> is not allowed inside a <%s> element"
msgstr "エレメント <%s> は <%s> エレメントの内側に許可されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4203
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3602
msgid "No draw_ops provided for frame piece"
msgstr "フレームのための draw_ops は提供されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4218
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3617
msgid "No draw_ops provided for button"
msgstr "ボタンのための draw_ops は提供されていません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4270
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3669
#, c-format
msgid "No text is allowed inside element <%s>"
msgstr "エレメント <%s> の内側にテキストは許可されません"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4325
-msgid "<name> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで <name> は二回指定しました"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4336
-msgid "<author> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで <author> は二回指定しました"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4347
-msgid "<copyright> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで <copyright> は二回指定しました"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4358
-msgid "<date> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで <date> は二回指定しました"
-
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4369
-msgid "<description> specified twice for this theme"
-msgstr "このテーマで<description>は二回指定しました"
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3724 ../src/ui/theme-parser.c:3736
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3748 ../src/ui/theme-parser.c:3760
+#: ../src/ui/theme-parser.c:3772
+#, c-format
+msgid "<%s> specified twice for this theme"
+msgstr "このテーマで <%s> が二回指定しました"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4636
+#: ../src/ui/theme-parser.c:4040
#, c-format
msgid "Failed to find a valid file for theme %s\n"
msgstr "%s というテーマの妥当なファイルが見つかりませんでした\n"
-#: ../src/ui/theme-parser.c:4692
+#: ../src/ui/theme-parser.c:4096
#, c-format
msgid "Theme file %s did not contain a root <metacity_theme> element"
msgstr ""
@@ -3251,109 +2262,109 @@ msgstr "/ウィンドウ(_W)/すべてのドック(_A)"
msgid "/Windows/Des_ktop"
msgstr "/ウィンドウ(_W)/デスクトップ(_K)"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:135
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:136
msgid "Open another one of these windows"
msgstr "これらのウィンドウをもう一つ別に表示"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:142
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:143
msgid "This is a demo button with an 'open' icon"
msgstr "これは'開く'アイコンが付いたデモボタンです"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:149
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:150
msgid "This is a demo button with a 'quit' icon"
msgstr "これは'終了'アイコンが付いたデモボタンです"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:242
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:243
msgid "This is a sample message in a sample dialog"
msgstr "これはサンプルダイアログの中のサンプルメッセージです"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:325
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:326
#, c-format
msgid "Fake menu item %d\n"
msgstr "見せかけのメニュー・アイテム %d\n"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:359
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:360
msgid "Border-only window"
msgstr "ボーダーのみのウィンドウ"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:361
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:362
msgid "Bar"
msgstr "バー"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:378
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:379
msgid "Normal Application Window"
msgstr "通常のアプリケーションウィンドウ"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:382
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:383
msgid "Dialog Box"
msgstr "ダイアログボックス"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:386
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:387
msgid "Modal Dialog Box"
msgstr "モーダルダイアログボックス"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:390
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:391
msgid "Utility Palette"
msgstr "ユーティリティパレット"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:394
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:395
msgid "Torn-off Menu"
msgstr "トーンオフ メニュー"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:398
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:399
msgid "Border"
msgstr "ボーダー"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:726
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:727
#, c-format
msgid "Button layout test %d"
msgstr "ボタン・レイアウトのテスト %d"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:755
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:756
#, c-format
msgid "%g milliseconds to draw one window frame"
msgstr "一つのウィンドウ・フレームの描画時間: %g ミリ秒"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:798
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:799
#, c-format
msgid "Usage: metacity-theme-viewer [THEMENAME]\n"
msgstr "用法: metacity-theme-viewer [テーマ名]\n"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:805
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:806
#, c-format
msgid "Error loading theme: %s\n"
msgstr "テーマのロードでエラーが発生しました: %s\n"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:811
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:812
#, c-format
msgid "Loaded theme \"%s\" in %g seconds\n"
msgstr "\"%s\" というテーマを %g秒で読み込みました\n"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:852
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:853
msgid "Normal Title Font"
msgstr "通常のタイトルフォント"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:858
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:859
msgid "Small Title Font"
msgstr "小さいタイトルフォント"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:864
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:865
msgid "Large Title Font"
msgstr "大きいタイトルフォント"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:869
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:870
msgid "Button Layouts"
msgstr "ボタンレイアウト"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:874
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:875
msgid "Benchmark"
msgstr "ベンチマーク"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:921
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:922
msgid "Window Title Goes Here"
msgstr "ここにウィンドウのタイトルが表示されます"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1025
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1026
#, c-format
msgid ""
"Drew %d frames in %g client-side seconds (%g milliseconds per frame) and %g "
@@ -3363,299 +2374,1327 @@ msgstr ""
"%d フレームをクライアント側で %g秒 (1フレームにつき %gミリ秒)、実時間ではX"
"サーバのリソースを含めて %g秒 (1フレームにつき %gミリ秒)で描画しました\n"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1244
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1245
msgid "position expression test returned TRUE but set error"
msgstr "位置式テストはTRUEを返しましたがエラーがセットされています"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1246
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1247
msgid "position expression test returned FALSE but didn't set error"
msgstr "位置式テストはFALSEを返しましたがエラーをセットしていません"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1250
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1251
msgid "Error was expected but none given"
msgstr "エラーが起きるはずですが何も起こりませんでした"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1252
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1253
#, c-format
msgid "Error %d was expected but %d given"
msgstr "エラー %d が起きるはずですが %d が起こりました"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1258
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1259
#, c-format
msgid "Error not expected but one was returned: %s"
msgstr "エラーは起きないはずですが一つ発生しました: %s"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1262
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1263
#, c-format
msgid "x value was %d, %d was expected"
msgstr "xの値が %d でした (期待値: %d)"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1265
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1266
#, c-format
msgid "y value was %d, %d was expected"
msgstr "yの値は %d でした (期待値: %d)"
-#: ../src/ui/theme-viewer.c:1330
+#: ../src/ui/theme-viewer.c:1331
#, c-format
msgid "%d coordinate expressions parsed in %g seconds (%g seconds average)\n"
msgstr "%d個の座標式を %g秒 (平均 %g秒) で解析しました\n"
-#: ../src/ui/theme.c:256
-msgid "top"
-msgstr "上"
-
-#: ../src/ui/theme.c:258
-msgid "bottom"
-msgstr "下"
-
-#: ../src/ui/theme.c:260
-msgid "left"
-msgstr "左"
-
-#: ../src/ui/theme.c:262
-msgid "right"
-msgstr "右"
-
-#: ../src/ui/theme.c:289
-#, c-format
-msgid "frame geometry does not specify \"%s\" dimension"
-msgstr "フレームジオメトリは \"%s\" のサイズを指定しません"
-
-#: ../src/ui/theme.c:308
-#, c-format
-msgid "frame geometry does not specify dimension \"%s\" for border \"%s\""
-msgstr "境界 \"%2$s\" 用のフレームジオメトリは大きさ \"%1$s\" を指定しません"
-
-#: ../src/ui/theme.c:345
-#, c-format
-msgid "Button aspect ratio %g is not reasonable"
-msgstr "ボタンのアスペクト比 %g は妥当ではありません"
-
-#: ../src/ui/theme.c:357
-#, c-format
-msgid "Frame geometry does not specify size of buttons"
-msgstr "フレームジオメトリはボタンのサイズを指定しません"
-
-#: ../src/ui/theme.c:1022
-#, c-format
-msgid "Gradients should have at least two colors"
-msgstr "階調度は少なくとも2つの色をもつべきです"
-
-#: ../src/ui/theme.c:1148
-#, c-format
-msgid ""
-"GTK color specification must have the state in brackets, e.g. gtk:fg[NORMAL] "
-"where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
-msgstr ""
-"\"%s\" を解析できませんでした; GTK の色指定では gtk:fg[NORMAL] のように状態を"
-"大括弧で囲み指定する必要があります (NORMAL は状態を示す)"
-
-#: ../src/ui/theme.c:1162
-#, c-format
-msgid ""
-"GTK color specification must have a close bracket after the state, e.g. gtk:"
-"fg[NORMAL] where NORMAL is the state; could not parse \"%s\""
-msgstr ""
-"\"%s\" を解析できませんでした; GTK の色指定では gtk:fg[NORMAL] のように状態の"
-"後に右大括弧をつける必要があります (NORMAL は状態を示す)"
-
-#: ../src/ui/theme.c:1173
-#, c-format
-msgid "Did not understand state \"%s\" in color specification"
-msgstr "色指定で状態 \"%s\" は理解しませんでした"
-
-#: ../src/ui/theme.c:1186
-#, c-format
-msgid "Did not understand color component \"%s\" in color specification"
-msgstr "色指定でカラーコンポーネント \"%s\" は理解しませんでした"
-
-#: ../src/ui/theme.c:1216
-#, c-format
-msgid ""
-"Blend format is \"blend/bg_color/fg_color/alpha\", \"%s\" does not fit the "
-"format"
-msgstr ""
-"混合色のフォーマットは \"blend/bg_color/fg_color/alpha\" で,\"%s\" はこの"
-"フォーマットに適合していません"
-
-#: ../src/ui/theme.c:1227
-#, c-format
-msgid "Could not parse alpha value \"%s\" in blended color"
-msgstr "混合色のアルファ値 \"%s\" を解析できませんでした"
+#~ msgid "Failed to parse message \"%s\" from dialog process\n"
+#~ msgstr ""
+#~ "ダイアログのプロセスからメッセージ \"%s\" の構文解釈に失敗しました\n"
+
+#~ msgid "Error reading from dialog display process: %s\n"
+#~ msgstr "ダイアログ表示プロセスから読み込み際にエラーが発生しました: %s\n"
+
+#~ msgid ""
+#~ "Error launching metacity-dialog to ask about killing an application: %s\n"
+#~ msgstr ""
+#~ "アプリケーションの強制終了を尋ねる metacity-dialog を起動する際にエラーが"
+#~ "発生しました: %s\n"
+
+#~ msgid ""
+#~ "Error launching metacity-dialog to print an error about a command: %s\n"
+#~ msgstr ""
+#~ "コマンドのエラーを表示する metacity-dialog を起動する際にエラーが発生しま"
+#~ "した: %s\n"
+
+#~ msgid "Unknown attribute %s on <metacity_session> element"
+#~ msgstr "<metacity_session> エレメントに不明な属性 %s があります"
+
+#~ msgid "Unknown attribute %s on <maximized> element"
+#~ msgstr "<maximized> エレメントに不明な属性 %s があります"
+
+#~ msgid "Unknown attribute %s on <geometry> element"
+#~ msgstr "<geometry> エレメントに不明な属性 %s があります"
+
+#~ msgid ""
+#~ "Error launching metacity-dialog to warn about apps that don't support "
+#~ "session management: %s\n"
+#~ msgstr ""
+#~ "セッション管理をサポートしないアプリケーションについて警告するために "
+#~ "metacity-dialog の起動中にエラーが発生しました: %s\n"
+
+#~ msgid ""
+#~ "Many actions (e.g. clicking in the client area, moving or resizing the "
+#~ "window) normally raise the window as a side-effect. Setting this option "
+#~ "to false, which is strongly discouraged, will decouple raising from other "
+#~ "user actions, and ignore raise requests generated by applications. See "
+#~ "http://bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi?id=445447#c6."
+#~ msgstr ""
+#~ "通常、いろいろな操作 (例: クライアントの領域をクリックしたり、ウィンドウの"
+#~ "移動や大きさの変更など) はその副作用としてウィンドウを前面に出します。この"
+#~ "オプションを FALSE にすると、これの効果を強制的に無効にします。すなわち、"
+#~ "ユーザ操作とウィンドウを前面に出す機能を切り離して、アプリケーションが要求"
+#~ "する前面に出す機能を無視するようになります。詳細は http://bugzilla.gnome."
+#~ "org/show_bug.cgi?id=445447#c6 を参照して下さい。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to the workspace above the current "
+#~ "workspace. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "現在のワークスペースの上のワークスペースへ切り替えるキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
+#~ "のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文"
+#~ "字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなく"
+#~ "なります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to the workspace below the current "
+#~ "workspace. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "現在のワークスペースの下のワークスペースへ切り替えるキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" "
+#~ "のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文"
+#~ "字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなく"
+#~ "なります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to the workspace on the left of the current "
+#~ "workspace. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "現在のワークスペースの左側にあるワークスペースへ切り替えるキーバインドを指"
+#~ "定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to the workspace on the right of the current "
+#~ "workspace. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "現在のワークスペースの右側にあるワークスペースへ切り替えるキーバインドを指"
+#~ "定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は,この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 1. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 1 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 10. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 10 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 11. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 11 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 12. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 12 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 2. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 2 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 3. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 3 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 4. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 4 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 5. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 5 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 6. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 6 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 7. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 7 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 8. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 8 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding that switches to workspace 9. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 9 へ切り替えるキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" や \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to activate the window menu. The format looks like "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is "
+#~ "fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウメニューをアクティブにするために使うキーバインドを指定します。"
+#~ "フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
+#~ "\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文"
+#~ "字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなく"
+#~ "なります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to enter \"move mode\" and begin moving a window "
+#~ "using the keyboard. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
+#~ "Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower "
+#~ "or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
+#~ "then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "\"移動モード\" に入りキーボードを使ってウィンドウの移動を開始するために使"
+#~ "うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは "
+#~ "\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字"
+#~ "や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような"
+#~ "省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、"
+#~ "この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to enter \"resize mode\" and begin resizing a window "
+#~ "using the keyboard. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
+#~ "Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower "
+#~ "or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
+#~ "then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "\"サイズ変更モード\" に入りキーボードを使ってウィンドウのリサイズを開始す"
+#~ "るために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" "
+#~ "あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由"
+#~ "で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" "
+#~ "のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した"
+#~ "場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to hide all normal windows and set the focus to the "
+#~ "desktop background. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
+#~ "Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower "
+#~ "or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
+#~ "then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "通常のウィンドウをすべて隠しデスクトップの背景へフォーカスを設定するために"
+#~ "使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるい"
+#~ "は \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文"
+#~ "字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のよう"
+#~ "な省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合"
+#~ "は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to maximize a window. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを最大化するために使うキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
+#~ "す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to minimize a window. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを最小化するために使うキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
+#~ "す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window one workspace down. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "一つ下のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定"
+#~ "します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window one workspace to the left. The "
+#~ "format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
+#~ "The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "左側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定し"
+#~ "ます。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window one workspace to the right. The "
+#~ "format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
+#~ "The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "右側のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定し"
+#~ "ます。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window one workspace up. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "一つ上のワークスペースへウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定"
+#~ "します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 1. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 1 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 10. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 10 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 11. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 11 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 12. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 12 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 2. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 2 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 3. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 3 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 4. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 4 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 5. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 5 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 6. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 6 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 7. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 7 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 8. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 8 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move a window to workspace 9. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ワークスペース 9 へウィンドウを移動させるために使うキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus backwards between panels and the "
+#~ "desktop, using a popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" "
+#~ "or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and "
+#~ "allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
+#~ "\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを後方へ移"
+#~ "動するために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;"
+#~ "a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に"
+#~ "自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定"
+#~ "した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus backwards between panels and the "
+#~ "desktop, without a popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a"
+#~ "\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and "
+#~ "allows lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string "
+#~ "\"disabled\", then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを後方へ移動"
+#~ "するために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a"
+#~ "\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に"
+#~ "自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定"
+#~ "した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus backwards between windows of an "
+#~ "application without a popup window. Holding \"shift\" together with this "
+#~ "binding makes the direction go forward again. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップすることなく、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間の"
+#~ "フォーカスを後方へ移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと"
+#~ "一緒に &lt;shift&g; キーを押すと逆に前方へ移動するようになります。指定する"
+#~ "書式は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のよう"
+#~ "にします。パーサは寛大な仕様になっており、大文字や小文字も許可します。そし"
+#~ "て \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な"
+#~ "文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはな"
+#~ "くなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus backwards between windows of an "
+#~ "application, using a popup window. Holding \"shift\" together with this "
+#~ "binding makes the direction go forward again. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップしながら、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間のフォーカ"
+#~ "スを後方に移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと一緒に "
+#~ "&lt;shift&gt; キーを押すと逆に前方へ移動するようになります。指定する書式"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus backwards between windows without a "
+#~ "popup window. Holding \"shift\" together with this binding makes the "
+#~ "direction go forward again. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or "
+#~ "\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows "
+#~ "lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled"
+#~ "\", then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを後方へ移動するために使"
+#~ "うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは "
+#~ "\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字"
+#~ "や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような"
+#~ "省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、"
+#~ "この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus backwards between windows, using a "
+#~ "popup window. Holding \"shift\" together with this binding makes the "
+#~ "direction go forward again. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or "
+#~ "\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows "
+#~ "lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled"
+#~ "\", then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューを使ってウィンドウ間でフォーカスを移動するために使う"
+#~ "キーバインドを指定します。\"shift\" を一緒に押すと、前方へ移動するようにな"
+#~ "ります。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus between panels and the desktop, using a "
+#~ "popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
+#~ "Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower "
+#~ "or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
+#~ "then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューを使ってパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動する"
+#~ "ために使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あ"
+#~ "るいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で"
+#~ "大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" の"
+#~ "ような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場"
+#~ "合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus between panels and the desktop, without "
+#~ "a popup window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
+#~ "Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower "
+#~ "or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
+#~ "then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューなしでパネルとデスクトップの間でフォーカスを移動するた"
+#~ "めに使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" ある"
+#~ "いは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大"
+#~ "文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のよ"
+#~ "うな省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合"
+#~ "は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus between windows of an application "
+#~ "without a popup window. Holding the \"shift\" key while using this "
+#~ "binding reverses the direction of movement. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップすることなしに、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間で"
+#~ "フォーカスを移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと一緒"
+#~ "に &lt;shift&gt; キーを押すと逆方向に移動します。ここで指定する書式は "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
+#~ "す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus between windows of an application, "
+#~ "using a popup window. (Traditionally &lt;Alt&gt;F6) Holding the \"shift\" "
+#~ "key while using this binding reverses the direction of movement. The "
+#~ "format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
+#~ "The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップしながら、アプリケーションが持つ複数のウィンドウの間のフォーカ"
+#~ "スを移動する際に使用するキーバインドです。このキーバインドと一緒に &lt;"
+#~ "shift&gt; (伝統的には &lt;Alt&gt;F6) キーを押すと逆方向に移動します。ここ"
+#~ "で指定する書式は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;"
+#~ "F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そし"
+#~ "て \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な"
+#~ "文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはな"
+#~ "くなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus between windows without a popup window. "
+#~ "(Traditionally &lt;Alt&gt;Escape) Holding the \"shift\" key while using "
+#~ "this binding reverses the direction of movement. The format looks like "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is "
+#~ "fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューなしでウィンドウ間でフォーカスを移動するために使うキー"
+#~ "バインドを指定します (伝統的には &lt;Alt&gt;Escape)。一緒に \"shift\" キー"
+#~ "を押すと、移動の順序が逆になります。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あ"
+#~ "るいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で"
+#~ "大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" の"
+#~ "ような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場"
+#~ "合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to move focus between windows, using a popup window. "
+#~ "(Traditionally &lt;Alt&gt;Tab) Holding the \"shift\" key while using this "
+#~ "binding reverses the direction of movement. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ポップアップメニューを使ってウィンドウ間でフォーカスを移動するために使う"
+#~ "キーバインドを指定します (伝統的には &lt;Alt&gt;Tab)。一緒に \"shift\" を"
+#~ "押すと、移動の順序が逆になります。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" ある"
+#~ "いは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大"
+#~ "文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のよ"
+#~ "うな省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合"
+#~ "は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to toggle always on top. A window that is always on "
+#~ "top will always be visible over other overlapping windows. The format "
+#~ "looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The "
+#~ "parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを常に前にだす状態を切り替える際に使用するキーバインドを指定しま"
+#~ "す。常に前にだされたウィンドウは重ねられて表示される他のウィンドウの上に表"
+#~ "示されます。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可し"
+#~ "ます。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。"
+#~ "もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバ"
+#~ "インドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to toggle fullscreen mode. The format looks like "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is "
+#~ "fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "フルスクリーンモードの切り替えに使うキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to toggle maximization. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "最大化の切り替えに使うキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。"
+#~ "パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオ"
+#~ "プションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to toggle shaded/unshaded state. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "シェード/非シェードの状態を切り替えるために使うキーバインドを指定します。"
+#~ "フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
+#~ "\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文"
+#~ "字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなく"
+#~ "なります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to toggle whether the window is on all workspaces or "
+#~ "just one. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウをすべてのワークスペースに含めるかどうかを切り替えるために使う"
+#~ "キーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは "
+#~ "\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字"
+#~ "や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような"
+#~ "省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、"
+#~ "この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding used to unmaximize a window. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウの最大化を元に戻すために使うキーバインドを指定します。フォーマッ"
+#~ "トは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のように"
+#~ "します。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
+#~ "Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
+#~ "\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくな"
+#~ "ります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding which display's the panel's \"Run Application\" dialog "
+#~ "box. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
+#~ "and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If "
+#~ "you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
+#~ "no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "パネルの \"コマンドを実行\" ダイアログを表示するキーバインドを指定します。"
+#~ "フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
+#~ "\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文"
+#~ "字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなく"
+#~ "なります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding which invokes a terminal. The format looks like \"&lt;"
+#~ "Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly "
+#~ "liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations such as "
+#~ "\"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the "
+#~ "special string \"disabled\", then there will be no keybinding for this "
+#~ "action."
+#~ msgstr ""
+#~ "端末を起動するキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a"
+#~ "\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に"
+#~ "自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定"
+#~ "した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding which invokes the panel's screenshot utility to take a "
+#~ "screenshot of a window. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or "
+#~ "\"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows "
+#~ "lower or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and "
+#~ "\"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled"
+#~ "\", then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "パネルのスクリーンショットユーティリティを使ってウィンドウのスクリーン"
+#~ "ショットを撮るキーバインドを指定します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a"
+#~ "\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に"
+#~ "自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定"
+#~ "した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding which invokes the panel's screenshot utility. The format "
+#~ "looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The "
+#~ "parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "パネルのスクリーンショットユーティリティを実行するキーバインドを指定しま"
+#~ "す。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The keybinding which shows the panel's main menu. The format looks like "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is "
+#~ "fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "パネルのメインメニューを表示するキーバインドを指定します。フォーマットは "
+#~ "\"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにしま"
+#~ "す。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding changes whether a window is above or below other windows. "
+#~ "If the window is covered by another one, it raises the window above all "
+#~ "others, and if the window is already fully visible, it lowers it below "
+#~ "all others. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "このキーバインドはウィンドウを他のウィンドウの上あるいは下に置くかを変更し"
+#~ "ます。もしウィンドウが別のウィンドウの下にある場合、ウィンドウを他のウィン"
+#~ "ドウの上に表示します。もしウィンドウが完全に表示されている場合には、他の"
+#~ "ウィンドウの下に配置します。ここで指定する書式は \"&lt;Control&gt;a\" ある"
+#~ "いは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは寛大な仕様に"
+#~ "なっており、大文字や小文字も許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled\" をオプショ"
+#~ "ンに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding lowers a window below other windows. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを一番奥に移動するために使うキーバインドを指定します。フォーマッ"
+#~ "トは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のように"
+#~ "します。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
+#~ "Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
+#~ "\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効に"
+#~ "なります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window against the north (top) side of the "
+#~ "screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
+#~ "and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If "
+#~ "you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
+#~ "no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の上側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window into the east (right) side of the screen. "
+#~ "The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
+#~ "\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の右側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドは無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window into the north-east (top right) corner of "
+#~ "the screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の右上へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window into the north-west (top left) corner of "
+#~ "the screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;"
+#~ "&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper "
+#~ "case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;"
+#~ "\". If you set the option to the special string \"disabled\", then there "
+#~ "will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の左上へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window into the south (bottom) side of the "
+#~ "screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, "
+#~ "and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If "
+#~ "you set the option to the special string \"disabled\", then there will be "
+#~ "no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の下側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window into the south-east (bottom right) corner "
+#~ "of the screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
+#~ "Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower "
+#~ "or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
+#~ "then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の右下へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window into the south-west (bottom left) corner "
+#~ "of the screen. The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;"
+#~ "Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser is fairly liberal and allows lower "
+#~ "or upper case, and also abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;"
+#~ "Ctrl&gt;\". If you set the option to the special string \"disabled\", "
+#~ "then there will be no keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の左下へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding moves a window into the west (left) side of the screen. "
+#~ "The format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1"
+#~ "\". The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを画面の左側へ移動する際のキーバインドを指定します。フォーマット"
+#~ "は \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のようにし"
+#~ "ます。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;Ctl&gt;"
+#~ "\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 \"disabled"
+#~ "\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドが無効になります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding raises the window above other windows. The format looks "
+#~ "like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". The parser "
+#~ "is fairly liberal and allows lower or upper case, and also abbreviations "
+#~ "such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set the option to "
+#~ "the special string \"disabled\", then there will be no keybinding for "
+#~ "this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "他のウィンドウよりも手前にウィンドウを表示するために使うキーバインドを指定"
+#~ "します。フォーマットは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;"
+#~ "Alt&gt;F1\" のようにします。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可しま"
+#~ "す。そして \"&lt;Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。も"
+#~ "し特別な文字 \"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバイ"
+#~ "ンドはなくなります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding resizes a window to fill available horizontal space. The "
+#~ "format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
+#~ "The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを水平に可能な限り最大化するキーバインドを指定します。フォーマッ"
+#~ "トは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のように"
+#~ "します。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
+#~ "Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
+#~ "\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくな"
+#~ "ります。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This keybinding resizes a window to fill available vertical space. The "
+#~ "format looks like \"&lt;Control&gt;a\" or \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\". "
+#~ "The parser is fairly liberal and allows lower or upper case, and also "
+#~ "abbreviations such as \"&lt;Ctl&gt;\" and \"&lt;Ctrl&gt;\". If you set "
+#~ "the option to the special string \"disabled\", then there will be no "
+#~ "keybinding for this action."
+#~ msgstr ""
+#~ "ウィンドウを垂直に可能な限り最大化するキーバインドを指定します。フォーマッ"
+#~ "トは \"&lt;Control&gt;a\" あるいは \"&lt;Shift&gt;&lt;Alt&gt;F1\" のように"
+#~ "します。パーサは完全に自由で大文字や小文字を許可します。そして \"&lt;"
+#~ "Ctl&gt;\" や \"&lt;Ctrl&gt;\" のような省略もできます。もし特別な文字 "
+#~ "\"disabled\" をオプションに設定した場合は、この動作のキーバインドはなくな"
+#~ "ります。"
+
+#~ msgid "Toggle always on top state"
+#~ msgstr "常に前に出すの状態を切り替える"
+
+#~ msgid "Unmaximize window"
+#~ msgstr "ウィンドウの最大化を解除する"
+
+#~ msgid "Unmaximize Window"
+#~ msgstr "ウィンドウを元のサイズに戻します"
+
+#~ msgid "\"%s\" is not responding."
+#~ msgstr "\"%s\" から応答がありません。"
+
+#~ msgid "Title"
+#~ msgstr "タイトル"
+
+#~ msgid "Class"
+#~ msgstr "クラス"
+
+#~ msgid "No \"%s\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%2$s> エレメント上に \"%1$s\" 属性がありません"
+
+#~ msgid "Theme already has a fallback icon"
+#~ msgstr "既にテーマをアイコンに戻しました"
+
+#~ msgid "Theme already has a fallback mini_icon"
+#~ msgstr "既にテーマを小さなアイコンに戻しました"
+
+#~ msgid "No \"name\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"name\" 属性がありません"
+
+#~ msgid "No \"value\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"value\" 属性がありません"
+
+#~ msgid "No \"top\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"top\" 属性がありません"
+
+#~ msgid "No \"bottom\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"bottom\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1237
-#, c-format
-msgid "Alpha value \"%s\" in blended color is not between 0.0 and 1.0"
-msgstr "混合色のアルファ値 \"%s\" は 0.0 から 1.0 の間ではありません"
+#~ msgid "No \"left\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"left\" 属性がありません"
+
+#~ msgid "No \"right\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"right\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1284
-#, c-format
-msgid ""
-"Shade format is \"shade/base_color/factor\", \"%s\" does not fit the format"
-msgstr ""
-"シェードのフォーマットは \"shade/base_color/factor\" で,\"%s\" はこのフォー"
-"マットに適合していません"
+#~ msgid "No \"color\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"color\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1295
-#, c-format
-msgid "Could not parse shade factor \"%s\" in shaded color"
-msgstr "シェードカラーのシェード係数 \"%s\" をパスできませんでした"
+#~ msgid "No \"x1\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"x1\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1305
-#, c-format
-msgid "Shade factor \"%s\" in shaded color is negative"
-msgstr "シェードカラーのシェード係数 \"%s\" が負の値です"
+#~ msgid "No \"y1\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"y1\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1334
-#, c-format
-msgid "Could not parse color \"%s\""
-msgstr "色 \"%s\" を解析できませんでした"
+#~ msgid "No \"x2\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"x2\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1584
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression contains character '%s' which is not allowed"
-msgstr "許可されていない文字 '%s' が座標式に含まれています"
+#~ msgid "No \"y2\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"y2\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1611
-#, c-format
-msgid ""
-"Coordinate expression contains floating point number '%s' which could not be "
-"parsed"
-msgstr "解析できない浮動小数点数 '%s' が座標式に含まれています"
+#~ msgid "No \"y\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"y\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1625
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression contains integer '%s' which could not be parsed"
-msgstr "解析できない整数 '%s' が座標式に含まれています"
+#~ msgid "No \"width\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"width\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1747
-#, c-format
-msgid ""
-"Coordinate expression contained unknown operator at the start of this text: "
-"\"%s\""
-msgstr "座標式は次のテキストの先頭に無効な演算子を含んでいました: \"%s\""
+#~ msgid "No \"height\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"height\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1804
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression was empty or not understood"
-msgstr "座標式が空か解析不能です"
+#~ msgid "No \"start_angle\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"start_angle\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1915 ../src/ui/theme.c:1925 ../src/ui/theme.c:1959
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression results in division by zero"
-msgstr "座標式はゼロで除算しました"
+#~ msgid "No \"extent_angle\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"extent_angle\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:1967
-#, c-format
-msgid ""
-"Coordinate expression tries to use mod operator on a floating-point number"
-msgstr "座標式は浮動小数点で mod 演算子を使用しようとしています"
+#~ msgid "No \"alpha\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"alpha\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2023
-#, c-format
-msgid ""
-"Coordinate expression has an operator \"%s\" where an operand was expected"
-msgstr "座標式はオペランドが必要な場所に演算子 \"%s\" を使用しています"
+#~ msgid "No \"type\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"type\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2032
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression had an operand where an operator was expected"
-msgstr "座標式は演算子が必要な場所でオペランドを使用しています"
+#~ msgid "No \"filename\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"filename\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2040
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression ended with an operator instead of an operand"
-msgstr "座標式はオペランドの代わりに演算子で終わっています"
+#~ msgid "No \"state\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"state\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2050
-#, c-format
-msgid ""
-"Coordinate expression has operator \"%c\" following operator \"%c\" with no "
-"operand in between"
-msgstr ""
-"座標式は演算子 \"%2$c\" の後に演算子 \"%1$c\" が続いており,これらの間にオペ"
-"ランドがありません"
+#~ msgid "No \"shadow\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"shadow\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2197 ../src/ui/theme.c:2238
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression had unknown variable or constant \"%s\""
-msgstr "座標式は無効な値または定数 \"%s\" が使用されていました"
+#~ msgid "No \"arrow\" attribute on element <%s>"
+#~ msgstr "エレメント <%s> に \"arrow\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2292
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression parser overflowed its buffer."
-msgstr "座標式を解析する際にオーバーフローが発生しました"
+#~ msgid "No \"value\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%s> エレメントに \"value\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2321
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression had a close parenthesis with no open parenthesis"
-msgstr "座標式は左括弧がなしに右括弧が指定されています"
+#~ msgid "No \"position\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%s> エレメントに \"position\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2385
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression had an open parenthesis with no close parenthesis"
-msgstr "座標式は左括弧が指定されていますが,右括弧がありません"
+#~ msgid "No \"function\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%s> エレメントに \"function\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:2396
-#, c-format
-msgid "Coordinate expression doesn't seem to have any operators or operands"
-msgstr "座標式は演算子もオペランドも使用していないようです"
-
-#: ../src/ui/theme.c:2598 ../src/ui/theme.c:2618 ../src/ui/theme.c:2638
-#, c-format
-msgid "Theme contained an expression that resulted in an error: %s\n"
-msgstr "テーマにエラーを引き起こす式が含まれていました: %s\n"
-
-#: ../src/ui/theme.c:4157
-#, c-format
-msgid ""
-"<button function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops=\"whatever\"/> must be "
-"specified for this frame style"
-msgstr ""
-"このフレームスタイルは <button function=\"%s\" state=\"%s\" draw_ops="
-"\"whatever\"/> を指定する必要があります"
+#~ msgid "No \"state\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%s> エレメントに \"state\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:4633 ../src/ui/theme.c:4658
-#, c-format
-msgid ""
-"Missing <frame state=\"%s\" resize=\"%s\" focus=\"%s\" style=\"whatever\"/>"
-msgstr ""
-"<frame state=\"%s\" resize=\"%s\" focus=\"%s\" style=\"whatever\"/>がありませ"
-"ん"
+#~ msgid "No \"focus\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%s> エレメントに \"focus\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:4702
-#, c-format
-msgid "Failed to load theme \"%s\": %s\n"
-msgstr "テーマ \"%s\" の読み込みに失敗しました: %s\n"
+#~ msgid "No \"style\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%s> エレメントに \"style\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:4828 ../src/ui/theme.c:4835 ../src/ui/theme.c:4842
-#: ../src/ui/theme.c:4849 ../src/ui/theme.c:4856
-#, c-format
-msgid "No <%s> set for theme \"%s\""
-msgstr "テーマ \"%1$s\" の <%2$s> が設定されていません"
+#~ msgid "No \"resize\" attribute on <%s> element"
+#~ msgstr "<%s> エレメントに \"resize\" 属性がありません"
-#: ../src/ui/theme.c:4864
-#, c-format
-msgid ""
-"No frame style set for window type \"%s\" in theme \"%s\", add a <window "
-"type=\"%s\" style_set=\"whatever\"/> element"
-msgstr ""
-"テーマ \"%2$s\" にウィンドウタイプ \"%1$s\" のフレームスタイルが設定されてい"
-"ません.<window type=\"%3$s\" style_set=\"whatever\"/> エレメントを追加してく"
-"ださい"
+#~ msgid "<author> specified twice for this theme"
+#~ msgstr "このテーマで <author> は二回指定しました"
-#: ../src/ui/theme.c:5231 ../src/ui/theme.c:5293 ../src/ui/theme.c:5356
-#, c-format
-msgid ""
-"User-defined constants must begin with a capital letter; \"%s\" does not"
-msgstr "ユーザ定義の定数は大文字で始まらなければなりません; \"%s\" は違います"
+#~ msgid "<copyright> specified twice for this theme"
+#~ msgstr "このテーマで <copyright> は二回指定しました"
-#: ../src/ui/theme.c:5239 ../src/ui/theme.c:5301 ../src/ui/theme.c:5364
-#, c-format
-msgid "Constant \"%s\" has already been defined"
-msgstr "定数 \"%s\" は既に定義されています"
+#~ msgid "<date> specified twice for this theme"
+#~ msgstr "このテーマで <date> は二回指定しました"
-#: ../src/tools/metacity-message.c:150
-#, c-format
-msgid "Usage: %s\n"
-msgstr "用法: %s\n"
+#~ msgid "<description> specified twice for this theme"
+#~ msgstr "このテーマで<description>は二回指定しました"