summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/beryl-plugins/po
diff options
context:
space:
mode:
authorcyberorg <cyberorg@d7aaf104-2d23-0410-ae22-9d23157bf5a3>2006-12-13 12:26:10 +0000
committercyberorg <cyberorg@d7aaf104-2d23-0410-ae22-9d23157bf5a3>2006-12-13 12:26:10 +0000
commit6714db3b2ce0218b14bca22a40103985fcb9227a (patch)
treecc96ef01f701f7efc31fded3e50a1a64f8ceae41 /beryl-plugins/po
parent969f52b15c41c38e649b16c445697c56ccb8b96b (diff)
downloadmarex-dev-6714db3b2ce0218b14bca22a40103985fcb9227a.tar.gz
marex-dev-6714db3b2ce0218b14bca22a40103985fcb9227a.tar.bz2
update japanese translations closes #278
git-svn-id: file:///beryl/trunk@1718 d7aaf104-2d23-0410-ae22-9d23157bf5a3
Diffstat (limited to 'beryl-plugins/po')
-rw-r--r--beryl-plugins/po/ja_JP.po503
1 files changed, 418 insertions, 85 deletions
diff --git a/beryl-plugins/po/ja_JP.po b/beryl-plugins/po/ja_JP.po
index 7bb6b53..5230e9c 100644
--- a/beryl-plugins/po/ja_JP.po
+++ b/beryl-plugins/po/ja_JP.po
@@ -2,18 +2,63 @@
# Copyright (C) 2006 beryl-plugins' COPYRIGHT HOLDER
# This file is distributed under GPL2.
# Satoru SATOH <ss@gnome.gr.jp>, 2006.
+#
+# 誤訳や訳の改良などについては本家 (http://bugs.beryl-project.org)
+# または 2ch の関連スレッドへ;
+# "3Dデスクトップ統一スレ【AIGLX Xgl Compiz Beryl】"
+# http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/linux/1162697402/l50
+#
msgid ""
msgstr ""
-"Project-Id-Version: beryl-settings 0.1.2\n"
+"Project-Id-Version: beryl-settings current\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: http://bugs.beryl-project.org\n"
-"POT-Creation-Date: 2006-11-18 11:23-0500\n"
-"PO-Revision-Date: 2006-11-24 00:36+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2006-12-11 23:10+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2006-12-12 00:39+0900\n"
"Last-Translator: Satoru SATOH <ss@gnome.gr.jp>\n"
"Language-Team: Japanese <gnome-translation@gnome.gr.jp>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+msgid "Space between windows"
+msgstr "ウィンドウ間の間隔"
+
+msgid "Change the space between the windows."
+msgstr "ウィンドウ間の間隔を変更します。"
+
+msgid "3D animation speed"
+msgstr "3D アニメーションの速さ"
+
+msgid "Change the speed of the 3D animation."
+msgstr "3D アニメーションの速さを変更します。"
+
+# @see http://en.wikipedia.org/wiki/Mipmap
+msgid "create mipmaps"
+msgstr "MIPmaps を生成"
+
+msgid "Create mipmaps."
+msgstr "(高速化のために) MIPmaps を生成します。"
+
+msgid "Disable Backface Culling"
+msgstr "Backface Culling を無効にします。"
+
+msgid "Disable Backface Culling."
+msgstr "Backface Culling (背面に隠れている部分の描画処理をスキップする処理) を無効にします。"
+
+# FIXME: このオプションを有効にしてもキューブ上下のふたは表示されているようだが?
+# オプションの動作がよくわからない。
+msgid "Disable caps in inside cube"
+msgstr "キューブ内側のふたを無効にする"
+
+msgid "Disable cube caps when inside cube mode is used."
+msgstr "キューブの内側を表示するモードの場合にキューブのふたを無効にします。"
+
+msgid "A 3D world"
+msgstr "3D の世界"
+
+msgid "Windows live in a 3D world."
+msgstr "3D の世界のウィンドウ。"
+
msgid "Down"
msgstr "下"
@@ -38,6 +83,18 @@ msgstr "ウィンドウのアニメーション"
msgid "All windows"
msgstr "すべてのウィンドウ"
+msgid "Off"
+msgstr "オフ"
+
+msgid "Minimize/Unminimize Only"
+msgstr "最小化/最小化から戻すときのみ"
+
+msgid "Create/Close Only"
+msgstr "生成/閉じるときのみ"
+
+msgid "On"
+msgstr "オン"
+
msgid "None"
msgstr "なし"
@@ -497,35 +554,73 @@ msgstr "ウィンドウのエフェクトとして様々なアニメーション
msgid "Initiate"
msgstr "ショット取得"
+# 画面上に落書きできるプラグイン。
msgid "Initiate annotate drawing"
-msgstr "注釈を描画"
+msgstr "注釈付けを開始"
+
+# こちらの機能は未確認。
+msgid "Draw"
+msgstr "描画"
+
+msgid "Draw using tool"
+msgstr "ツールを使って描画します。"
+
+msgid "Transform the canvas"
+msgstr "キャンバスを変換"
+
+msgid "Transform the canvas, also used to save and restore"
+msgstr "キャンバスを変換します。また保存/復活にも使われます。"
+
+msgid "Preload a svg"
+msgstr "svg をあらかじめロード"
+
+msgid "Switch to another canvas"
+msgstr "他のキャンバスに切り替え"
+
+msgid "Switch to another canvas for drawing"
+msgstr "描画するキャンバスを他のキャンバスに切り替えます。"
msgid "Initiate erase"
-msgstr "消去を開始"
+msgstr "消去開始"
msgid "Initiate annotate erasing"
-msgstr "注釈の消去を開始"
+msgstr "注釈の消去を開始します。"
msgid "Clear"
msgstr "クリア"
-msgid "Annotate Color"
-msgstr "注釈の色"
+msgid "Annotate Fill Color"
+msgstr "注釈を塗りつぶす色"
-msgid "Line color for annotations"
-msgstr "注釈の線の色"
+msgid "Fill color for annotations"
+msgstr "注釈を塗りつぶす色です。"
-msgid "Line Width"
+msgid "Annotate Stroke Color"
+msgstr "注釈のストロークの色"
+
+msgid "Stroke color for annotations"
+msgstr "注釈のストロークの色です。"
+
+msgid "Line width"
msgstr "線の幅"
msgid "Line width for annotations"
msgstr "注釈の線の幅です。"
+msgid "Stroke width"
+msgstr "ストロークの幅"
+
+msgid "Stroke width for annotations"
+msgstr "注釈のストロークの幅です。"
+
+msgid "SVG (custom brush) filename"
+msgstr "SVG (カスタムブラシ) ファイル名"
+
msgid "Annotate"
msgstr "注釈"
msgid "Annotate plugin"
-msgstr "注釈プラグイン"
+msgstr "注釈付けプラグイン"
msgid "Start benchmark"
msgstr "ベンチマークを開始"
@@ -572,12 +667,18 @@ msgstr "ベンチマーク"
msgid "A simple benchmark plugin"
msgstr "簡単なベンチマークのプラグイン"
+msgid "Motion Blur"
+msgstr "モーションブラー"
+
msgid "Toggle motion blur"
msgstr "モーションブラーを切り替え"
msgid "Toggle motion blur effect"
msgstr "モーションブラーのエフェクトを切り替えます。"
+msgid "Blur"
+msgstr "ブラー"
+
msgid "Blur decoration"
msgstr "ブラー・デコレーション"
@@ -587,6 +688,9 @@ msgstr "ブラーのデコレーション (装飾効果) です。"
msgid "Blur windows"
msgstr "ウィンドウ・ブラー"
+msgid "Reflection"
+msgstr "反射"
+
msgid "Reflection decoration"
msgstr "デコレーションの反射"
@@ -631,6 +735,12 @@ msgstr "ブラーキャッシュを利用"
msgid "Enables blur cache texture system"
msgstr "ブラーキャッシュのテクスチャシステムを有効にします。"
+msgid "Disable blur cache on transformed screen"
+msgstr "変換された画面のブラーキャッシュを無効にする"
+
+msgid "Disables blur cache on transformed screen"
+msgstr "変換された画面のブラーキャッシュを無効にします。"
+
# FIXME: 何を言っているのかまったくわかりません。こちら関係の方の協力を求む。
msgid "Disable decoration alpha dependency"
msgstr "デコレーションのアルファ依存性を無効にする"
@@ -909,21 +1019,47 @@ msgstr "蓋を表示"
msgid "Draw the cube 'caps'"
msgstr "キューブの '蓋' を表示します。"
-msgid "Handle Transparency of Desktop Window"
-msgstr "デスクトップのウィンドウの透明るさを処理"
-
-msgid ""
-"Deal mostly correctly with cases where the desktop/root window is not fully "
-"opaque"
-msgstr "デスクトップとルートウィンドウが完全には透明でない場合に、"
-"ほとんど正確に処理します。"
-
msgid "MultiMonitor Mode"
msgstr "マルチモニタのモード"
msgid "Multi monitor mode behavior"
msgstr "複数のモニタがある場合の振舞のモードです。"
+msgid "Transparent Cube"
+msgstr "透明キューブ"
+
+msgid "Change Desktop Window Opacity and draw complete cube"
+msgstr "デスクトップウィンドウの透明度を変更し、完全なキューブを描画します。"
+
+# FIXME
+msgid "Active transparancy on top/bottom snap"
+msgstr "上下にスナップするときに透明にする"
+
+# FIXME
+msgid ""
+"Treat the cube opacity as if the cube was active when the cube is snapped to "
+"the top/bottom caps. "
+msgstr "キューブが上下のふたにスナップされる際にキューブがアクティブなら"
+"キューブを不透明なものとして扱います。"
+
+msgid "Fade time"
+msgstr "フェード時間"
+
+msgid "Desktop window opacity fade time"
+msgstr "デスクトップウィンドウの不透明にフェードするまでの時間です。"
+
+msgid "Opacity during move"
+msgstr "移動時の不透明度"
+
+msgid "Opacity of desktop window during move"
+msgstr "移動の際のデスクトップウィンドウの不透明さの度合です。"
+
+msgid "Opacity when not moving"
+msgstr "移動時以外の不透明度"
+
+msgid "Opacity of desktop window when not moving"
+msgstr "移動時以外のデスクトップウィンドウの不透明さの度合です。"
+
msgid "Unfold"
msgstr "展開"
@@ -964,7 +1100,9 @@ msgid "Window manager command line"
msgstr "ウィンドウマネージャのコマンド"
msgid "Window manager command line. DO NOT ENTER BERYL HERE!!!"
-msgstr "ウィンドウマネージャのコマンドです。ここで \"beryl\" を入力してはいけません!!!"
+msgstr ""
+"ウィンドウマネージャのコマンドです。ここで \"beryl\" を入力してはいけませ"
+"ん!!!"
msgid "Crash handler"
msgstr "クラッシュハンドラ"
@@ -972,12 +1110,23 @@ msgstr "クラッシュハンドラ"
msgid "Beryl crash handler plugin"
msgstr "Beryl クラッシュハンドラ・プラグイン"
+# FIXME: このプラグインも未確認
+msgid "Initiate clone selection"
+msgstr "クローンの選択を開始します。"
+
+msgid "Clone Output"
+msgstr "クローン出力"
+
+msgid "Output clone handler"
+msgstr "出力クローンハンドラ"
+
msgid "Apply transparency/brightness/saturation"
-msgstr "透明るさ/明るさ/彩度を適用"
+msgstr "透明度/明るさ/彩度を適用"
msgid ""
"Apply the transparency/brightness/saturation of the window to the decoration"
-msgstr "ウィンドウの透明るさ/明るさ/彩度をデコレーション (枠など) に適用します。"
+msgstr ""
+"ウィンドウの透明度/明るさ/彩度をデコレーション (枠など) に適用します。"
msgid "Command"
msgstr "コマンド"
@@ -992,45 +1141,12 @@ msgstr "パネル・タイプのウィンドウに影を描画"
msgid "Draw basic shadow decoration on panel windows"
msgstr "パネル・ウィンドウに簡単な影を描画します。"
-msgid "Shadow Opacity (percent of window opacity)"
-msgstr "影の不透明度 (ウィンドウの不透明度に対する割合 %%)"
-
-msgid "Percentage of original window's opacity to use for shadows"
-msgstr "元のウィンドウの不透明度に対する影の不透明度の割合 (%%) です。"
-
-msgid "Shadow X Offset"
-msgstr "影のオフセット (X 軸)"
-
-msgid "X Offset of shadow relative to window"
-msgstr "ウィンドウ相対の X 軸方向の影のオフセット"
-
-msgid "Shadow Y Offset"
-msgstr "影のオフセット (Y 軸)"
-
-msgid "Y Offset of shadow relative to window"
-msgstr "ウィンドウ相対の Y 軸方向の影のオフセット"
-
msgid "Window Decoration"
msgstr "ウィンドウ・デコレーション"
msgid "Window decorations"
msgstr "ウィンドウのデコレーション"
-msgid "Dock"
-msgstr "ドック"
-
-msgid "Toolbar"
-msgstr "ツールバー"
-
-msgid "Splash"
-msgstr "スプラッシュ・ウィンドウ"
-
-msgid "Notification"
-msgstr "通知ウィンドウ"
-
-msgid "Combo"
-msgstr "コンボ・ウィンドウ"
-
msgid "Fade Speed"
msgstr "フェードの速さ"
@@ -1045,6 +1161,156 @@ msgstr ""
"ウィンドウが配置されるときにフェードインし、隠されるときにフェードアウトしま"
"す。"
+msgid "Window Types"
+msgstr "ウィンドウのタイプ"
+
+msgid "The types of windows which will be grouped"
+msgstr "グループ化されるウィンドウのタイプです。"
+
+msgid "Opacity"
+msgstr "不透明度"
+
+msgid "Opacity of selected windows"
+msgstr "選択したウィンドウの不透明さの度合です。"
+
+msgid "Saturation"
+msgstr "彩度"
+
+msgid "Saturation of selected windows"
+msgstr "選択したウィンドウの彩度です。"
+
+msgid "Brightness"
+msgstr "明るさ"
+
+msgid "Brightness of selected windows"
+msgstr "選択したウィンドウの明るさです。"
+
+msgid "Tolerance"
+msgstr "許容範囲"
+
+msgid "Tolerance of the seletion."
+msgstr "選択の許容される範囲です。"
+
+msgid "Move every window in the group"
+msgstr "グループのすべてのウィンドウを移動"
+
+msgid ""
+"If one window in the group gets moved, every other window in the group gets "
+"moved as well."
+msgstr "グループのあるウィンドウを移動したら、グループ内の他のすべての"
+"ウィンドウも同様に移動します。"
+
+msgid "Resize every window in the group"
+msgstr "グループのすべてのウィンドウをリサイズ"
+
+msgid ""
+"If one window in the group gets resized, every other window in the group "
+"gets resized as well."
+msgstr "グループのあるウィンドウをリサイズしたら、グループ内の他のすべての"
+"ウィンドウも同様にリサイズします。"
+
+msgid "Raise every window in the group"
+msgstr "グループのすべてのウィンドウを前面に出す"
+
+msgid ""
+"If one window in the group gets selected, every window in the group gets "
+"raised."
+msgstr "グループのあるウィンドウを選択したら、グループ内の他のすべての"
+"ウィンドウを前面に出します。"
+
+msgid "Group the windows after selection"
+msgstr "ウィンドウを選択後にグループ化"
+
+msgid ""
+"If you have selected your windows,this automatically groups them. (Doesn't "
+"work with selection mode 'normal')"
+msgstr "選択してるウィンドウを自動的にグループ化します。('通常' 選択モードでは"
+"機能しません。)"
+
+msgid "Ungroup the windows if only one window is left"
+msgstr "残りのウィンドウが一つだけの場合にグループ化を解除"
+
+msgid "If there is only 1 window in the group left, it will be ungrouped."
+msgstr "グループに残っているウィンドウが一つだけの場合、グループ化を解除します。"
+
+msgid "Compute distance relative"
+msgstr "相対的な距離を計算"
+
+msgid ""
+"The distance between the windows is computed relative to the window size. "
+"This allows you to have windows staying next to eachother."
+msgstr "ウィンドウの間の距離を、サイズに相対的なものとして計算します。"
+"これによってウィンドウを互いに隣接させられます。"
+
+msgid "Selection Color"
+msgstr "選択の色"
+
+msgid "Fill color of the selection."
+msgstr "選択時の色です。"
+
+msgid "Line Color"
+msgstr "線の色"
+
+msgid "Line color of the selection."
+msgstr "選択の線の色です。"
+
+msgid "Select"
+msgstr "選択"
+
+msgid "The key for starting selecting windows."
+msgstr "ウィンドウの選択を開始するキーです。"
+
+msgid "Select single window"
+msgstr "ウィンドウを一つ選択"
+
+msgid "The key for selecting the current window."
+msgstr "現在のウィンドウを選択するキーです。"
+
+msgid "Group"
+msgstr "グループ"
+
+msgid "The key for grouing windows."
+msgstr "ウィンドウをグループ化するキーです。"
+
+msgid "Ungroup"
+msgstr "グループ化の解除"
+
+msgid "The key for ungrouing windows."
+msgstr "ウィンドウのグループ化を解除するキーです。"
+
+msgid "Remove Window"
+msgstr "ウィンドウを選択から外す"
+
+msgid "The key for removing the selected window."
+msgstr "ウィンドウを選択から外すキーです。"
+
+msgid "Close Windows"
+msgstr "ウィンドウを閉じる"
+
+msgid "The key for closing all windows in the group."
+msgstr "グループのすべてのウィンドウを閉じるキーです。"
+
+msgid "Minimize Windows"
+msgstr "ウィンドウを最小化"
+
+msgid "The key for minimizeing all windows in the group."
+msgstr "グループのすべてのウィンドウを最小化するキーです。"
+
+msgid "Ignore Group"
+msgstr "グループを無視"
+
+msgid ""
+"The key for ignoring the group.If this key is pressed you can resize/move a "
+"singlewindow in the group."
+msgstr "グループを無視するためのキーです。このキーを押すとグループ内の"
+"ある一つのウィンドウをリサイズ/移動できます。"
+
+msgid "Window Grouper"
+msgstr "ウィンドウのグループ化"
+
+msgid "With this plugin you can group windows."
+msgstr "ウィンドウをグループ単位でコントロール"
+
msgid "Zoom Speed"
msgstr "ズームの速さ"
@@ -1107,9 +1373,6 @@ msgstr "不透明にする最小の閾値"
msgid "Opacify only windows whose opacity is higher than this value"
msgstr "この値よりも不透明度が大きなウィンドウについてだけ不透明にします。"
-msgid "Opacity"
-msgstr "不透明度"
-
msgid "Opacity level of moving windows"
msgstr "移動するウィンドウの不透明さの度合です。"
@@ -1130,7 +1393,8 @@ msgid "Snapoff maximized windows"
msgstr "最大化ウィンドウをスナップオフ"
msgid "Snapoff and auto unmaximized maximized windows when dragging"
-msgstr "ドラッグ時に最大化したウィンドウをスナップオフし、元の大きさに戻します。"
+msgstr ""
+"ドラッグ時に最大化したウィンドウをスナップオフし、元の大きさに戻します。"
msgid "Snapoff distance"
msgstr "スナップオフする距離"
@@ -1150,6 +1414,9 @@ msgstr "ウィンドウ移動"
msgid "Move window"
msgstr "ウィンドウの移動"
+msgid "Desktop"
+msgstr "デスクトップ"
+
# プラグインを有効にして切り替えると、対象のウィンドウがネガのような表示になる。
msgid "Toggle Window Negative"
msgstr "ウィンドウのネガ表示を切り替え"
@@ -1163,6 +1430,18 @@ msgstr "画面のネガ表示を切り替え"
msgid "Toggle screen negative"
msgstr "画面のネガ表示 (写真のネガのような表示) を切り替えます。"
+msgid "Exclude Window Types"
+msgstr "除外するウィンドウ・タイプ"
+
+msgid "Window types that should not be negated"
+msgstr "対象から除外するウィンドウのタイプです。"
+
+msgid "WM_CLASS to exclude"
+msgstr "実行する WM_CLASS"
+
+msgid "Window classes which should not be nagated"
+msgstr "対象から除外するウィンドウのクラスです。"
+
msgid "Negative"
msgstr "ネガ表示"
@@ -1510,16 +1789,18 @@ msgstr "リサイズの各ステップでウィンドウを再描画"
msgid ""
"If this is set to true the window will repaint itself during resize, which "
"may cause some lag."
-msgstr "true に設定するとウィンドウはリサイズの際に再描画されます。"
-"しかし、これによって少し遅くなる場合があります。"
+msgstr ""
+"true に設定するとウィンドウはリサイズの際に再描画されます。しかし、これによっ"
+"て少し遅くなる場合があります。"
msgid "Resize Display Mode"
msgstr "リサイズ時の表示モード"
msgid ""
"Select between normal, stretched texture, outline and filled outline mode."
-msgstr "通常表示 (normal), 伸張されたテクスチャ (stretched texture), "
-"輪郭 (outline) そして輪郭塗り込み (filled outline) モードのどれかを選択できます。"
+msgstr ""
+"通常表示 (normal), 伸張されたテクスチャ (stretched texture), 輪郭 (outline) "
+"そして輪郭塗り込み (filled outline) モードのどれかを選択できます。"
msgid "Outline Color"
msgstr "輪郭の色"
@@ -1730,6 +2011,12 @@ msgstr "切り替え時間"
msgid "Timeout before flipping viewport"
msgstr "ビューポートをぱっと切り替えるまでの時間です。"
+msgid "Initiate on desktop"
+msgstr "開始 (デスクトップ表示モード)"
+
+msgid "Start Rotation, but only when issued over desktop"
+msgstr "デスクトップについての場合にのみ、回転を開始します。"
+
msgid "Rotate Cube"
msgstr "キューブの回転"
@@ -1772,14 +2059,21 @@ msgstr "枠"
msgid "Window border, set to 1 to disable"
msgstr "ウィンドウの枠です。1 とすると無効になります。"
+msgid "Disable ARGB visual"
+msgstr "ARGB ビジュアルを無効にする"
+
+msgid "Set to 1 to disable ARGB visual"
+msgstr "1 に設定すると ARGB ビジュアルは無効になります。"
+
msgid "Set Window Attribs by various criteria"
msgstr "様々な条件によってウィンドウの属性を設定します"
msgid ""
"w = window type, c = window class, t = window title, p = owning program, n = "
"class name, r = class role"
-msgstr "w = ウィンドウ・タイプ, c = ウィンドウのクラス, t = ウィンドウのタイトル, "
-"p = 所有するプログラム, n = クラス名, r = クラスのロール"
+msgstr ""
+"w = ウィンドウ・タイプ, c = ウィンドウのクラス, t = ウィンドウのタイトル, p "
+"= 所有するプログラム, n = クラス名, r = クラスのロール"
msgid "Settings Manager"
msgstr "設定マネージャ"
@@ -1811,6 +2105,9 @@ msgstr "左右"
msgid "Corners"
msgstr "角"
+msgid "Toolbar"
+msgstr "ツールバー"
+
msgid "Fullscreen"
msgstr "全画面"
@@ -1829,9 +2126,6 @@ msgstr "ウィンドウの方向"
msgid "0 - Up, 1 - Down, 2 - Left, 3 - Right, 4 - Up/Down, 5 - Left/Right"
msgstr "0 - 上, 1 - 下, 2 - 左, 3 - 右, 4 - 上/下, 5 - 左/右"
-msgid "Window Types"
-msgstr "ウィンドウのタイプ"
-
msgid "Window types that should go away in showdesktop mode"
msgstr "デスクトップ表示モードで隠すウィンドウのタイプです。"
@@ -1839,7 +2133,8 @@ msgid "Use scale settings"
msgstr "スケール設定を使用"
msgid "Use scale speed/timestep settings instead of the ones specified here"
-msgstr "ここで指定する値の代わりにスケールの速さと時間ステップの設定を使用します。"
+msgstr ""
+"ここで指定する値の代わりにスケールの速さと時間ステップの設定を使用します。"
msgid "Window opacity when showdesktop'd"
msgstr "デスクトップ表示の際のウィンドウの不透明度"
@@ -1872,9 +2167,6 @@ msgstr "大"
msgid "Spacing"
msgstr "スペース"
-msgid "Space between windows"
-msgstr "ウィンドウ間の間隔です。"
-
msgid "Sloppy Focus"
msgstr "スロッピーフォーカス"
@@ -1910,12 +2202,14 @@ msgstr "現対象を探すのに WM_CLASS を使用"
msgid ""
"Use WM_CLASS to find out wether a window should be scaled in only-current"
-msgstr "現在だけスケールするべきウィンドウを見つけ出すのに WM_CLASS を使用します。"
+msgstr ""
+"現在だけスケールするべきウィンドウを見つけ出すのに WM_CLASS を使用します。"
# FIXME: ?
msgid "Head"
msgstr "ヘッド"
+# FIXME
#, fuzzy
msgid "Head on which windows are scaled"
msgstr "ウィンドウをスケールする際にヘッドオンします。"
@@ -1941,6 +2235,12 @@ msgstr "スケールの際のキーボードからの入力を許可します。
msgid "Show minimized windows"
msgstr "最小化されたウィンドウを表示します。"
+msgid "Hover Time"
+msgstr "空中静止時間"
+
+msgid "Time (in ms) before scale mode is terminated whenhovering over a window"
+msgstr "ウィンドウの上をさまよい、スケールモードを終了するまでの時間 (ms 単位) です。"
+
# デフォルトでは [Pause] かカーソルを右上に持っていくとウィンドウを
# すべて縮小表示して並べ、選択するモードに移る。
# @see beryl-plugins/src/scale.c
@@ -1998,15 +2298,9 @@ msgstr "フェードイン/アウトの時間です。"
msgid "Display Time"
msgstr "表示時間"
-msgid "Saturation"
-msgstr "彩度"
-
msgid "Background saturation"
msgstr "背景の彩度"
-msgid "Brightness"
-msgstr "明るさ"
-
msgid "Background brightness"
msgstr "背景の明るさ"
@@ -2016,6 +2310,9 @@ msgstr "更新を無効にする"
msgid "Disable updates of background"
msgstr "背景の更新を無効にします。"
+msgid "Splash"
+msgstr "スプラッシュ・ウィンドウ"
+
msgid "A simple splash plugin"
msgstr "単純なスプラッシュのプラグイン"
@@ -2054,7 +2351,9 @@ msgid ""
msgstr "アイコンの位置です。(0 = 右下, 1 = 左下, 2 = 右上, 3 = 左上, 4 = 中央)"
msgid "Distance desktop should be zoom out while switching windows"
-msgstr "ウィンドウを切り替える際にデスクトップをどれだけの距離、ズームアウトするか指定します。"
+msgstr ""
+"ウィンドウを切り替える際にデスクトップをどれだけの距離、ズームアウトするか指"
+"定します。"
msgid "Icon"
msgstr "アイコン"
@@ -2164,9 +2463,6 @@ msgstr "スクリーン・グラブの際に無効にする"
msgid "Disable Trailfocus on screengrab of"
msgstr "スクリーン・グラブの際に跡を残さないようにします。"
-msgid "WM_CLASS to exclude"
-msgstr "実行する WM_CLASS"
-
msgid "Windows classes to exclude from trailfocusing"
msgstr "跡を残すようにするウィンドウのクラスです。"
@@ -2279,6 +2575,9 @@ msgstr "デスクトップアクションへの水のエフェクトの追加"
msgid "Shiver"
msgstr "身震い"
+msgid "Notification"
+msgstr "通知ウィンドウ"
+
msgid "Shift"
msgstr "Shift"
@@ -2517,3 +2816,37 @@ msgstr "デスクトップのズーム"
msgid "Zoom and pan desktop cube"
msgstr "デスクトップ・キューブをズームイン・アウト"
+
+#~ msgid "Handle Transparency of Desktop Window"
+#~ msgstr "デスクトップのウィンドウの透明度を処理"
+
+#~ msgid ""
+#~ "Deal mostly correctly with cases where the desktop/root window is not "
+#~ "fully opaque"
+#~ msgstr ""
+#~ "デスクトップとルートウィンドウが完全には透明でない場合に、ほとんど正確に処"
+#~ "理します。"
+
+#~ msgid "Shadow Opacity (percent of window opacity)"
+#~ msgstr "影の不透明度 (ウィンドウの不透明度に対する割合 %%)"
+
+#~ msgid "Percentage of original window's opacity to use for shadows"
+#~ msgstr "元のウィンドウの不透明度に対する影の不透明度の割合 (%%) です。"
+
+#~ msgid "Shadow X Offset"
+#~ msgstr "影のオフセット (X 軸)"
+
+#~ msgid "X Offset of shadow relative to window"
+#~ msgstr "ウィンドウ相対の X 軸方向の影のオフセット"
+
+#~ msgid "Shadow Y Offset"
+#~ msgstr "影のオフセット (Y 軸)"
+
+#~ msgid "Y Offset of shadow relative to window"
+#~ msgstr "ウィンドウ相対の Y 軸方向の影のオフセット"
+
+#~ msgid "Dock"
+#~ msgstr "ドック"
+
+#~ msgid "Combo"
+#~ msgstr "コンボ・ウィンドウ"